彼女の話

彼女と車

投稿日:2016年12月15日 更新日:

彼女は車の運転ができない。

免許を持っていないのだ。

今まで、ないならないでどうにかなるものでさして困ったことはなかったのだが

最近彼女はそろそろ免許をとろうか、と考えている。

 

運転しないせいかはわからないが、

彼女は物心ついたときから車に不思議な感覚を持ってしまうことがあった。

それはよく大きな通りを歩道橋や橋や高速道路から見下ろす、といった状況で起こるのだが、

規則正しく動くたくさんの車の中から突然ドライバーも同乗者もみんな消えてしまい、

車だけが勝手に動きだしてしまう、という感覚だ。

それはたとえば近未来の映画に出てくるような自動運転とか、

車体の底に強力なマグネットが取り付けられていて

それらをどこかで誰かが制御している、といったような類の感覚ではなく

車たちそれぞれが意思をもって走りまじめに止まりルールに従って右折している、といったものだ。

 

子供の頃はじめてその現象に出会ったときは、

それが現実ではなく自分の中だけで起こっているものだと認識できずひどく狼狽した。

こわいような気もしたし、アニメをみているみたいだ、とも思った。

 

彼女は今でもそんな風景にであえばしばらくぼんやりと眺めている。

彼らは彼らの自由意思でどこへ行くだろう。

そして自分が運転した時、

突如として消えてしまうドライバーとしての自分はどこへ行けるだろう。

それも少しこわいような気もするし、楽しみであるような気もしている。

 

 

彼女と車

-彼女の話

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

noimage

彼女の中から消されるということ

彼女はあの日以来未だに少しふさぎ込んでいるのだが、 今日はだいぶ浮上してきたようだ。 というのも朝からある知り合いとずっとオンライン上で話をしていたようで それで気が紛れてきたようだ。 相手が慎重で明 …

カーテン、そして窓劇場

カーテン、そして窓劇場

彼女は時おりカーテンを開けるようになった。レースカーテンまでみんな開ける。暖かければ窓も開けて外の音をきいている。 彼女がいつもの定位置に腰を下ろすと、その真ん前に空が広がる。 ”現代社会は空が狭くな …

noimage

どきどきする

彼女はときどき動悸がする。 甲状腺に軽い疾患があるためそのせいかもしれない。 一度始まると立ち上がるだけで息が上がるようになってしまうため できればおさまるまで深くゆっくり深呼吸しながら横になっている …

彼女の洞窟リテラシー

彼女の洞窟リテラシー

彼女は本当はずっと小さな頃からずっとずっと感じていたのだ。 自分は何か違うということを。 どんなに自己主張が強くてもちっとも伝わらないことはどこかで分かっていた。 むしろあの頃の方が自分の中の宇宙に気 …

彼女が大切に大切にこれ以上崩れてしまわないよう手の中に柔らかく包んだ美しいもの

彼女が大切に大切にこれ以上崩れてしまわないよう手の中に柔らかく包んだ美しいもの

誰か、助けてほしい。 彼女は分かっている。 自分は誰かに甘えようとしている。 彼女は分かっている。 本当は誰も助けてなどくれない。 だから余計に願ってしまう。 誰か、助けてほしい。   (追 …

noimage

2020/03/17

意味

noimage

2020/01/31

メロディの輪郭

noimage

2020/01/29

真くろの向こう

記事内の彼女の絵や写真。
2020年11月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
This error message is only visible to WordPress admins

Error: No connected account.

Please go to the Instagram Feed settings page to connect an account.

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ