彼女の話

彼女と車

投稿日:2016年12月15日 更新日:

彼女は車の運転ができない。

免許を持っていないのだ。

今まで、ないならないでどうにかなるものでさして困ったことはなかったのだが

最近彼女はそろそろ免許をとろうか、と考えている。

 

運転しないせいかはわからないが、

彼女は物心ついたときから車に不思議な感覚を持ってしまうことがあった。

それはよく大きな通りを歩道橋や橋や高速道路から見下ろす、といった状況で起こるのだが、

規則正しく動くたくさんの車の中から突然ドライバーも同乗者もみんな消えてしまい、

車だけが勝手に動きだしてしまう、という感覚だ。

それはたとえば近未来の映画に出てくるような自動運転とか、

車体の底に強力なマグネットが取り付けられていて

それらをどこかで誰かが制御している、といったような類の感覚ではなく

車たちそれぞれが意思をもって走りまじめに止まりルールに従って右折している、といったものだ。

 

子供の頃はじめてその現象に出会ったときは、

それが現実ではなく自分の中だけで起こっているものだと認識できずひどく狼狽した。

こわいような気もしたし、アニメをみているみたいだ、とも思った。

 

彼女は今でもそんな風景にであえばしばらくぼんやりと眺めている。

彼らは彼らの自由意思でどこへ行くだろう。

そして自分が運転した時、

突如として消えてしまうドライバーとしての自分はどこへ行けるだろう。

それも少しこわいような気もするし、楽しみであるような気もしている。

 

 

彼女と車

-彼女の話

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

noimage

暖房便座と彼女の熱量

彼女はフローリングの床の上に文字通り転がっていた。 「真冬の立体駐車場のコンクリートの上に転がっているみたいだ」と呟いた。 「今日はすごく寒いね」 真夏ほどではないにしても外気温はまだ30度近くある。 …

noimage

彼女の頭の中のいちばん外側

彼女はいつも自分は結局一体なんなのだろう、と考える。 自分の行動を振り返る。 その時にそれは一般的な行動であったのか、 それとも自分の本来の性格によるものだったのか、 そして、それとも自分のその気質の …

noimage

抑圧と創造

彼女にはしばらく絵を描かない時期があった。 描けなかったのか、描こうとしなかったのか、なんとなく理由をつけて描かなかったのか、わからない。 また描き始めたとき、 彼女は以前ももしかしたら描いているよう …

noimage

強烈ノスタルジー

今年彼女は強烈なノスタルジーを感じる存在に出会った。 その存在をみたりきいたりしているとこころがぎゅいんとしたりほわんとしたりする。 その存在についてもっと知ろうと思えば知ることはできるのだが、 彼女 …

noimage

自分は間違ってない

”俺は悪くない””私は何も間違ってない””だってこれが正しいでしょう、正しかったでしょう?”身勝手で主観的で利己的に一見見えるこんな言葉は自身への誇りと自信にあふれている。間違えていたとしても、そして …

記事内の彼女の絵や写真。
2020年1月
« 12月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
This error message is only visible to WordPress admins

Error: No connected account.

Please go to the Instagram Feed settings page to connect an account.

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ