彼女の話

彼女のカメラ

投稿日:2017年1月27日 更新日:

彼女はときどき写真を撮るが、そのカメラがハッキリ言ってくそだ。

学生時代彼女はコニカミノルタのものすごく古い一眼レフカメラを使って撮っていた。
その頃はもうデジカメもあったが、彼女はわざわざ白黒フィルムを買ってそのカメラにはめ込んでいた。
今そのカメラでそのフィルムで撮ったモノクロ写真を見ると、加工されたモノクロ写真との違いをハッキリ見てとれる。
もう30~40年もしくはそれ以上前に発売されたカメラではなかったか。

彼女がなぜそのカメラを使わなくなったかといえば、理由は単純、壊れたからである。
もらった当時でさえ、やっと撮影できる、という程のカビが生えていたり、
不調はしょっちゅうであったが、ついにある日シャッターが切れなくなった。
当時は修理する資金もなく、しばらく置いていたが引っ越しを繰り返すうちに気付いた時には撮られた大量の写真と共に行方が知れなくなってしまった。
彼女は今なら修理できるかもしれないのにな、とときどき思い出す。


しかしそれと同時に彼女は実は何で撮るかはあまりこだわっていない、ということにも気づく。
コニカミノルタのカメラは確かに好きだったが、その性能とかそれが生み出す情緒的な写真というよりも、
単に彼女は古いものが好きなのである。

こだわらない彼女は今何で撮っているかというと、
しょっちゅう電源が落ちるようになってしまった約10年前に買ったデジカメか、安いスマホのカメラだ。
彼女は通信手段としてしかスマホをみていないので、それに付随するカメラの性能などより本体価格重視で買っている。
それくらいカメラはどうでもいいようなのである。

僕はせめてiPhoneにすればいいのにと思うのだが、
撮りたいものが今もっているもので撮れなければ、それはそれでその刹那で終わるもの、それだけだという。



彼女のカメラ

-彼女の話

執筆者:

関連記事

noimage

彼女の城

彼女は家をとてもとても愛する。 仕事に行っても友達と会っても、出来るだけ早くこの場所に戻りたいといつも願っている。 ロフト付き1Kが彼女の縄張り、彼女の城。   彼女は最近DIYにハマってい …

noimage

彼女とHSSと著作権と僕2

彼女はクソがつくほど真面目で正義感が強くルールや秩序を重んじる。 正しくあろうと誰よりも目指しながら、でも人は正しいばかりではいられないと苦しむ。 今回の件について彼女は少しも悪くない。 僕は”HSP …

noimage

共鳴する彼女

彼女は知らない人と話すが苦手だ。 それにも関わらず見知らぬ人に話しかけられやすい。 たとえば職場に新しい人が入ってきたとき、 彼女はできるだけ自分の存在を薄く薄く振る舞い、必要に応じて あの「どうか話 …

消えた『群集の中の孤独』

消えた『群集の中の孤独』

彼女は最近彼女にしては頻繁に人ごみの中へ出かけている。 用があって出ているのだが、久しぶりに雑踏の中へ出かけて新鮮味があるようだ。 彼女は萩原朔太郎の『群集の中に居て』という詩がとても好きだ。 都会へ …

彼女と車

彼女と車

彼女は車の運転ができない。 免許を持っていないのだ。 今まで、ないならないでどうにかなるものでさして困ったことはなかったのだが 最近彼女はそろそろ免許をとろうか、と考えている。   運転しな …

noimage

2020/03/17

意味

noimage

2020/01/31

メロディの輪郭

noimage

2020/01/29

真くろの向こう

記事内の彼女の絵や写真。
2020年9月
« 3月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
This error message is only visible to WordPress admins

Error: No connected account.

Please go to the Instagram Feed settings page to connect an account.

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ