彼女の話

彼女のカメラ

投稿日:2017年1月27日 更新日:

彼女はときどき写真を撮るが、そのカメラがハッキリ言ってくそだ。

学生時代彼女はコニカミノルタのものすごく古い一眼レフカメラを使って撮っていた。
その頃はもうデジカメもあったが、彼女はわざわざ白黒フィルムを買ってそのカメラにはめ込んでいた。
今そのカメラでそのフィルムで撮ったモノクロ写真を見ると、加工されたモノクロ写真との違いをハッキリ見てとれる。
もう30~40年もしくはそれ以上前に発売されたカメラではなかったか。

彼女がなぜそのカメラを使わなくなったかといえば、理由は単純、壊れたからである。
もらった当時でさえ、やっと撮影できる、という程のカビが生えていたり、
不調はしょっちゅうであったが、ついにある日シャッターが切れなくなった。
当時は修理する資金もなく、しばらく置いていたが引っ越しを繰り返すうちに気付いた時には撮られた大量の写真と共に行方が知れなくなってしまった。
彼女は今なら修理できるかもしれないのにな、とときどき思い出す。


しかしそれと同時に彼女は実は何で撮るかはあまりこだわっていない、ということにも気づく。
コニカミノルタのカメラは確かに好きだったが、その性能とかそれが生み出す情緒的な写真というよりも、
単に彼女は古いものが好きなのである。

こだわらない彼女は今何で撮っているかというと、
しょっちゅう電源が落ちるようになってしまった約10年前に買ったデジカメか、安いスマホのカメラだ。
彼女は通信手段としてしかスマホをみていないので、それに付随するカメラの性能などより本体価格重視で買っている。
それくらいカメラはどうでもいいようなのである。

僕はせめてiPhoneにすればいいのにと思うのだが、
撮りたいものが今もっているもので撮れなければ、それはそれでその刹那で終わるもの、それだけだという。



彼女のカメラ

-彼女の話

執筆者:

関連記事

noimage

紙と食器と重力と

自分は疲れてばかりだな、とある時彼女は思った。 真夜中にふと目を覚ました時、うっすらと瞳を開けてゆらゆらと瞳を浮遊させながら思った。 「やることは山ほどあるのに、ただの一つも済んでいかない」 部屋の中 …

ヘドロの中で

ヘドロの中で

「ヘドロの中で生殺しにされている気分だ」 僕はこの日、点滴にするか牛乳プリンにするかで悩んでいた。 点滴は今の彼女を直接的に物理的に助けることを明らかだった。 ただし僕の記憶では彼女は牛乳プリンが実は …

彼の生まれた意味

彼の生まれてきた意味

彼の話には続きがある。 いや、続きというよりもプロローグというべきか。 別にHSPじゃなくたって、 僕らもふと「一体自分は何のために生まれてきたのか」と漠然と思う時はある。 ぜんそくで死んだ彼は生きて …

noimage

死人工場

強烈なタイトルにあまり驚く必要はなくて、要するに今回の彼女の夢のイメージはこうだ。ひどく暗い閉鎖的なその場所はほとんどがグレーや黒光り、はがね色サインペンと墨汁色の水彩絵の具で描かれたような場所であっ …

noimage

冬の彼女

ハッキリ言って冬の彼女はまるで役に立たない。 朝はますます起きなくなり、ぎりぎりまでコタツに居座り、外に出たくないとばかり考えていた挙句仕事に行くのに仕事着を忘れ、遅刻寸前に出社、帰ればエアコンとコタ …

noimage

2020/03/17

意味

noimage

2020/01/31

メロディの輪郭

noimage

2020/01/29

真くろの向こう

記事内の彼女の絵や写真。
2020年7月
« 3月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
This error message is only visible to WordPress admins

Error: No connected account.

Please go to the Instagram Feed settings page to connect an account.

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ