彼女の話

どんよりからの突破口

投稿日:2017年6月11日 更新日:

彼女は人に何かしてもらうのが苦手だ。
何かをもらう、とか手伝ってもらう、とか。
それはよくあるように人の手を煩わせるのは申し訳ないと思うから、というわけではなく、
できればそういったことはしてほしくない、のである。

なぜ嫌なのかは分からないが、とにかくそういったことがあると少しどんよりするのだ。
いや、少し感謝して大分どんより、が正しい。


例えば彼女の家の天井はかなり高く、電球を替えるのが非常に困難だ。
脚立もないし、もしあってもそもそも彼女では届かない。
しかし彼女の職場の人はおそらくそれを聞けば誰かが来てやってくれるだろうと思われる。
世話好きや面倒見のいい人がいるからだ。
ひとり暮らしで男手がなく困った時には声をかけてくれ、と言ってもらえているくらいだ。
彼らと彼女の関係は良好で、頼めない間柄ではない。
でも彼女は頼まない。
その時だけの関係で終わる業者に電話し、お金を払って済ますだろう。

例えば結婚式に招待される。
90%以上どんよりが予想される。
その日彼女が家で一人で居させてもらえるならば90%お祝いすることができるのだが、
出席となればその一か月前からもう憂鬱の嵐でおよそ健全な精神生活を送ることは諦めなければならない。
どちらにせよ残りの10%は、5%招待への感謝、残りの5%は寂しさ、などに配分されるだろう。
(ちなみに彼女は大人になって一度も結婚式に出席したことがない。)


彼女にとっては何もしてくれないことが一番なのだ。
結婚式も事後報告がありがたい。
なんという捻くれたやつだ、と思うが彼女はそういう人なのである。


彼女自身、それで何が悲しいかと言うと
いつもどんよりが先行して感謝の気持ちがあまりにも早くフェードアウトしてしまうこと。
自分は誰かに心から感謝するということをしているのだろうか、と不安になること。
そうできないほど自分のことばかり考えていること。

彼女は自分でも気づいているのだが、
そもそも彼女自身がその場の雰囲気とか義務感抜きに
誰かに手を貸すとか誰かのために何かをする、とかいった経験がかなり貧弱だという事実がある。
そして、自分にも何かができる、という突破口を探し求めているという事実も。

-彼女の話

執筆者:

関連記事

彼女と精油

彼女と精油

彼女は精油が好きでたくさんもっている。 高価なものなので、少しずつ少しずつ集めてきた。 中でもフランキンセンスが一番のお気に入りで欠かさない。 初めて精油の匂いをかいだとき、彼女はどれをとってもとにか …

noimage

意識する彼女

彼女は気性が激しい。 それは彼女がなかなか人と親しくならない理由の一つでもある。泥の下でプスプスとグラついている熱情が火柱を上げて瞬発的に顕現するのを恐れている。そうやって自分が傷つけてきた人たちを彼 …

怒りと光り

怒りと光り

このタイトルを見て、僕は一体何を書こうとしていたのかまったく思い出せない。 下書きフォルダでほこりをかぶっていただけのタイトル。 だけどほうっておけないかもしれないこのときの出来事を 僕は世の中に上げ …

noimage

「どうか 受け入れてほしい。 私がドアを開けたら 何も正さず 何も壊さず ただ ときどきでいいから 抱きしめてほしい。 」

noimage

不幸自慢

彼女は前向きな人間だ。 僕が書いている彼女は人にどう映るだろう。 不幸だろうか。 ネチズンは彼女をメンヘラ認定するかもしれない。 彼女が精神をやられて不幸自慢していると。 実際最近の世の中は不幸自慢が …

noimage

2020/03/17

意味

noimage

2020/01/31

メロディの輪郭

noimage

2020/01/29

真くろの向こう

記事内の彼女の絵や写真。
2020年11月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
This error message is only visible to WordPress admins

Error: No connected account.

Please go to the Instagram Feed settings page to connect an account.

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ