彼女の話

どんよりからの突破口

投稿日:2017年6月11日 更新日:

彼女は人に何かしてもらうのが苦手だ。
何かをもらう、とか手伝ってもらう、とか。
それはよくあるように人の手を煩わせるのは申し訳ないと思うから、というわけではなく、
できればそういったことはしてほしくない、のである。

なぜ嫌なのかは分からないが、とにかくそういったことがあると少しどんよりするのだ。
いや、少し感謝して大分どんより、が正しい。


例えば彼女の家の天井はかなり高く、電球を替えるのが非常に困難だ。
脚立もないし、もしあってもそもそも彼女では届かない。
しかし彼女の職場の人はおそらくそれを聞けば誰かが来てやってくれるだろうと思われる。
世話好きや面倒見のいい人がいるからだ。
ひとり暮らしで男手がなく困った時には声をかけてくれ、と言ってもらえているくらいだ。
彼らと彼女の関係は良好で、頼めない間柄ではない。
でも彼女は頼まない。
その時だけの関係で終わる業者に電話し、お金を払って済ますだろう。

例えば結婚式に招待される。
90%以上どんよりが予想される。
その日彼女が家で一人で居させてもらえるならば90%お祝いすることができるのだが、
出席となればその一か月前からもう憂鬱の嵐でおよそ健全な精神生活を送ることは諦めなければならない。
どちらにせよ残りの10%は、5%招待への感謝、残りの5%は寂しさ、などに配分されるだろう。
(ちなみに彼女は大人になって一度も結婚式に出席したことがない。)


彼女にとっては何もしてくれないことが一番なのだ。
結婚式も事後報告がありがたい。
なんという捻くれたやつだ、と思うが彼女はそういう人なのである。


彼女自身、それで何が悲しいかと言うと
いつもどんよりが先行して感謝の気持ちがあまりにも早くフェードアウトしてしまうこと。
自分は誰かに心から感謝するということをしているのだろうか、と不安になること。
そうできないほど自分のことばかり考えていること。

彼女は自分でも気づいているのだが、
そもそも彼女自身がその場の雰囲気とか義務感抜きに
誰かに手を貸すとか誰かのために何かをする、とかいった経験がかなり貧弱だという事実がある。
そして、自分にも何かができる、という突破口を探し求めているという事実も。

-彼女の話

執筆者:

関連記事

noimage

彼女と自転車

彼女は車の免許をもっていないので、 必然的に移動は徒歩か電車やバス、そして自転車となる。 中でも自転車は彼女にとってとても愛着のある存在である。 エコで経済的で健康的、そして大体いつどこに行くにも一緒 …

noimage

「どうか 受け入れてほしい。 私がドアを開けたら 何も正さず 何も壊さず ただ ときどきでいいから 抱きしめてほしい。 」

noimage

腱鞘炎

彼女は最近線を描く。 あまりたくさんの点がかけなくなってしまったからだ。 会う医者や治療者によって腱鞘炎だと言われたり手根症候群だと言われたり色々だが、 とにかく昔から彼女は手をよくやられる。 腱鞘炎 …

noimage

回避依存

「確かに人は一人で生まれ一人で死んでいく。それなのにわざわざ一人では生きられない過程を通過しなければならないのはなぜか」 誰か 愛とか信頼とかいうものを知らない人間にも分かるよう、どうにか説明してやっ …

肺

彼女は最近ある男性がぜんそくで亡くなったことを聞いた。 知り合いの知り合いの話で彼女は会ったこともない。 男性は若いころからハチャメチャの生活をしていて、 周りによく迷惑をかけてる生活を送っていたそう …

noimage

2020/03/17

意味

noimage

2020/01/31

メロディの輪郭

noimage

2020/01/29

真くろの向こう

記事内の彼女の絵や写真。
2020年9月
« 3月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
This error message is only visible to WordPress admins

Error: No connected account.

Please go to the Instagram Feed settings page to connect an account.

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ