彼女の話

彼女と自転車

投稿日:2016年12月27日 更新日:

彼女は車の免許をもっていないので、
必然的に移動は徒歩か電車やバス、そして自転車となる。
中でも自転車は彼女にとってとても愛着のある存在である。
エコで経済的で健康的、そして大体いつどこに行くにも一緒だからだ。

しかし彼女は普段そんなに自転車のことを気にかけているわけではない。
年に一回点検くらいには行くし、空気入れも行うのだが、
大してクリーニングを行うわけでもなし、わりとぞんざいに扱ったりする。
少しきーきーがなるブレーキもオイルを塗らずに放置したままだ。


しかし不思議に天候が悪い時などは
いつもふと「あの子は大丈夫だろうか」などと思い出して
わざわざ様子を見に行ったりしてしまうのだ。
特に雨の日は駐輪場で自分の赤い自転車が横なぐりの雨に当たっている姿をみたりすると
とても胸を痛めてしまい、さりげなく場所を移動させてしまったりする。

一度タイヤがいたずらされてパンクしていた時も
「かわいそうなことになってしまった。置き場所が悪かっただろうか」としばらく自責の念にかられたりしていた。


彼女は自分でもこの淡白と愛着という少しアンビバレントな感情をどうにも処理できずにいて
ときどきこの自転車との付き合い方に戸惑ってしまったりするのである。


-彼女の話

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

noimage

彼女とtwitter

彼女は僕が作ったこのブログ用のtwitterアカウントで少し向こうの大きな存在に近づいた。 大げさに思うかもしれないが、彼女にとってはあなたが初めて人前で歌うということと同じくらい緊張することなのだ。 …

たそがれ

たそがれ

彼女が一日の中で一番すきな時間はたそがれ時だ。 早朝の「キリっとパリッとした空気」も好きだが(彼女は早起きが苦手だし)、 その日一日あつく熱された世界を静かに穏やかに落ち着かせようとするあの時間には変 …

noimage

彼女の右後ろと左斜め前

彼女はいつの頃からか死をごく親しみのある近しい存在に感じるようになっている。 いつ、どうしてそうなったのかは分からないが、 彼女は”それ”が”そこ”にある、ということを感じるのだ。 ちなみに”そこ”と …

noimage

意識する彼女

彼女は気性が激しい。 それは彼女がなかなか人と親しくならない理由の一つでもある。泥の下でプスプスとグラついている熱情が火柱を上げて瞬発的に顕現するのを恐れている。そうやって自分が傷つけてきた人たちを彼 …

いちねんせいのかのじょ

いちねんせいのかのじょ1

ある晴れた朝、彼女はぼうっと城のベランダに腰かけて外をみていた。 ふと赤い生き物が視界の隅に入ってきて目を向けると、 それはランドセルを背負った小さな女の子だった。 まだ春休みのはずなのに、今日は登校 …

記事内の彼女の絵や写真。
2020年1月
« 12月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
This error message is only visible to WordPress admins

Error: No connected account.

Please go to the Instagram Feed settings page to connect an account.

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ