彼女の話

彼女と自転車

投稿日:2016年12月27日 更新日:

彼女は車の免許をもっていないので、
必然的に移動は徒歩か電車やバス、そして自転車となる。
中でも自転車は彼女にとってとても愛着のある存在である。
エコで経済的で健康的、そして大体いつどこに行くにも一緒だからだ。

しかし彼女は普段そんなに自転車のことを気にかけているわけではない。
年に一回点検くらいには行くし、空気入れも行うのだが、
大してクリーニングを行うわけでもなし、わりとぞんざいに扱ったりする。
少しきーきーがなるブレーキもオイルを塗らずに放置したままだ。


しかし不思議に天候が悪い時などは
いつもふと「あの子は大丈夫だろうか」などと思い出して
わざわざ様子を見に行ったりしてしまうのだ。
特に雨の日は駐輪場で自分の赤い自転車が横なぐりの雨に当たっている姿をみたりすると
とても胸を痛めてしまい、さりげなく場所を移動させてしまったりする。

一度タイヤがいたずらされてパンクしていた時も
「かわいそうなことになってしまった。置き場所が悪かっただろうか」としばらく自責の念にかられたりしていた。


彼女は自分でもこの淡白と愛着という少しアンビバレントな感情をどうにも処理できずにいて
ときどきこの自転車との付き合い方に戸惑ってしまったりするのである。


-彼女の話

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

noimage

好きなことを憂違う

彼女は絵を描くのが好きだ。 本を読むのも好きだ。 音楽を聴くのも好きだし、興味のあることを勉強するのも好きだ。 でもそれらのひとつも出来ない時がある。 彼女は人より少し疲れやすい。 一日中あらゆる刺激 …

橋の上の彼女

橋の上の彼女

彼女はもう寒さをあまり怖がらなくなっていた。冷たい北風を愛おしく頬で受け止められるほどに。 今でも冬の朝は起きられない。コタツと共に生きたいと心から願っている。それでも一日中とりつかれたようにベッドや …

noimage

彼女に似た人

彼女は人の多いオフィスを訪れたとき、昔の職場であった女性のことを思い出した。どこか自分と似ていると思いながら同情心とイラつきを同時に持っていた。その時彼女は1フロアに100人以上はいるようなかなり大所 …

特別でなければならない彼女と何もない自分

特別でなければならない彼女と何もない自分

この日彼女はシャルドネを飲んでいた。普段ならほとんど飲まない。彼女は白ならピノグリが好きだからだ。良く冷えたシャルドネは思いのほかおいしかった。彼女は突然ひどく安堵した自分にきづいた。それは一日を終え …

noimage

痛み

彼女は痛がりだ。 彼女はそんなことない、ほんとに痛いのだと神妙に言うのだが、 ちょっと大げさなような気もする、と時々思う。 たとえばマッサージに行ったとき、痛かったらいってくださいね、と言われたので …

noimage

2020/03/17

意味

noimage

2020/01/31

メロディの輪郭

noimage

2020/01/29

真くろの向こう

記事内の彼女の絵や写真。
2020年11月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
This error message is only visible to WordPress admins

Error: No connected account.

Please go to the Instagram Feed settings page to connect an account.

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ