彼女の話

彼女と自転車

投稿日:2016年12月27日 更新日:

彼女は車の免許をもっていないので、
必然的に移動は徒歩か電車やバス、そして自転車となる。
中でも自転車は彼女にとってとても愛着のある存在である。
エコで経済的で健康的、そして大体いつどこに行くにも一緒だからだ。

しかし彼女は普段そんなに自転車のことを気にかけているわけではない。
年に一回点検くらいには行くし、空気入れも行うのだが、
大してクリーニングを行うわけでもなし、わりとぞんざいに扱ったりする。
少しきーきーがなるブレーキもオイルを塗らずに放置したままだ。


しかし不思議に天候が悪い時などは
いつもふと「あの子は大丈夫だろうか」などと思い出して
わざわざ様子を見に行ったりしてしまうのだ。
特に雨の日は駐輪場で自分の赤い自転車が横なぐりの雨に当たっている姿をみたりすると
とても胸を痛めてしまい、さりげなく場所を移動させてしまったりする。

一度タイヤがいたずらされてパンクしていた時も
「かわいそうなことになってしまった。置き場所が悪かっただろうか」としばらく自責の念にかられたりしていた。


彼女は自分でもこの淡白と愛着という少しアンビバレントな感情をどうにも処理できずにいて
ときどきこの自転車との付き合い方に戸惑ってしまったりするのである。


-彼女の話

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

彼女のカメラ

彼女のカメラ

彼女はときどき写真を撮るが、そのカメラがハッキリ言ってくそだ。 学生時代彼女はコニカミノルタのものすごく古い一眼レフカメラを使って撮っていた。 その頃はもうデジカメもあったが、彼女はわざわざ白黒フィル …

彼女が死ぬとき

彼女が死ぬとき

彼女は願っている。 自分が死ぬとき それは誰かが生き延びるとき。 彼女は死をとても恐れている。 死ぬときのことを思うと怖くて怖くてたまらない。 死ななければならないのに、どうして生まれてきてしまったの …

noimage

強烈ノスタルジー

今年彼女は強烈なノスタルジーを感じる存在に出会った。 その存在をみたりきいたりしているとこころがぎゅいんとしたりほわんとしたりする。 その存在についてもっと知ろうと思えば知ることはできるのだが、 彼女 …

デジャヴ

デジャヴ

彼女のデジャヴはすべて「確かに夢でみたもの」だそうで 彼女はそれがいつ頃みた夢であったかも憶えている。 デジャヴとなった夢の中では感情はなく「何を考えても思っても感じてもいない」。 さらには「どうして …

noimage

海底の木箱

彼女の海底には木箱が沈んでいる。 木箱は古い鉄の錠がついていて、鎖が巻かれている。 これは彼女が以前に医者に言われて沈めたものだ。 木箱の様子はときどき変わる。 太陽の光が差し込んでゆらゆらと明るく見 …

noimage

2020/03/17

意味

noimage

2020/01/31

メロディの輪郭

noimage

2020/01/29

真くろの向こう

記事内の彼女の絵や写真。
2020年9月
« 3月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
This error message is only visible to WordPress admins

Error: No connected account.

Please go to the Instagram Feed settings page to connect an account.

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ