彼女の話

それが問題だ。

投稿日:

最近の彼女はあまり考え込んではいないようだ。
やることがたくさんあるから考えこむ暇がないのである。

思考のループにはまって抜け出せなくなったとき、よく聞く提案。
運動をしろ、とか
好きな音楽を聴け、とか
思い切って旅行に行ってみよう、とか。

どれも良いアイディアだ。


しかし彼女は考えていることがあるとき、他のことをしない。
気になることがあるときは他のことなんてまず思いつきもしないからだ。


やることがたくさんありすぎて、思考のループならぬ思考のレイヤーに捕まった今の彼女は
ループに流されている時とはまた違う窮屈さを感じている。
この薄く膨大な層のどこにも自分はいない。
今は他の多くのことを広く浅く考えている。
そして想像する。
みんなは世の中をこんな風に考えて生きているのかもしれない、と。
たくさんの必要不可欠をまんべんなく均等に考えてそれなりの答えを出して生活する。


「目的」
「レーゾンデートル」
「自己概念」
「自分は何者であるのか」


そんな何かのトンネルに頭がハマって動けなくなることなどないのだ。

彼女は小さな下水溝の塩ビパイプにその大きな頭をはめ込んで抜け出せなくなったネズミの自分を思う。


ここにいると安心。


広く浅くたくさんのことを考えていると、いつのまにかそこに自分はいなくなる。
思考のループは一度はまってしまうと確かにやっかいだ。
それはいつだって答えがない。だから苦しい。涙が出る。
でもそれはそこに自分がいるからだ。
苦しい、と感じる自分がいるのだ。
自分、が目頭を熱くして涙を流すのだ。


幾つもの思考の渦に流されようとも、
幾重もの思考の層に挟まれようとも、
そこに自分はいるのか。
それが問題だ。



-彼女の話

執筆者:

関連記事

人にやさしくするということ

人にやさしくするということ

彼女は人にやさしくするとはどういうことだろうとこれもまた長年考えている。 彼女は別にやさしくないわけではない。 でもそれが果たして本当に自分の内面からくるやさしさなのか、それはわからないという。 &n …

noimage

とどめようがないこと

暗い気持ちでいることは悪いことじゃない。 みんなポジティブに前向きにって疲れるんだよ。 ネガティブだからダメなんだって、だれが決めたんだろう。 自己啓発本か脳科学か誰かの経験則か。 恨みも怒りも妬みも …

noimage

彼女とHSSと著作権と僕

最近まで僕は”彼女のHSPあるある”というページを設置していた。 彼女のことをメインにつづるこのブログの中で唯一他のHSPに向けたページだった。 何か彼女に共感しやすい接点を他のHSP達が見つけやすい …

noimage

偏愛

彼女は好き嫌いが激しい。 嫌いなものは我慢ができないくらい嫌いだし、 好きなものはなんだかもうどうしようもないくらいに好きになってしまう。 とてもいい音楽を見つけてしまったときはそれから数か月は同じア …

noimage

自分は間違ってない

”俺は悪くない””私は何も間違ってない””だってこれが正しいでしょう、正しかったでしょう?”身勝手で主観的で利己的に一見見えるこんな言葉は自身への誇りと自信にあふれている。間違えていたとしても、そして …

noimage

2020/03/17

意味

noimage

2020/01/31

メロディの輪郭

noimage

2020/01/29

真くろの向こう

記事内の彼女の絵や写真。
2020年10月
« 3月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
This error message is only visible to WordPress admins

Error: No connected account.

Please go to the Instagram Feed settings page to connect an account.

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ