彼女の話

そこにこころが

投稿日:

彼女は手紙とかLINEとかメールが苦手だ。
そこに心があるかもと思うと開くのがいつも億劫になる。

彼女は時節のあいさつを大切に思っている人で、
そういう時期になればハガキをだす。
でもお別れの手紙とかお礼の手紙とか謝罪のメールとか
そういったものをもらってもいつもいつまでたっても開かない。

お別れの手紙に書いてあることはまあ大体予想がつくのではないかと思うのだが、
これまでの感謝の気持ちとか健康への気遣いとか今後への激励とか
恐らくはそういったことが書かれているのだ。
別に彼女へ最後の最後に文句が書いてあるとかいうわけではない。

メールを見たとき、彼女はパッと開いて長文と見るともう閉じてしまう。
「ああ、なんだか、なんだろう。なにかたくさん書いてあったな」
と思いながら、仕事でない限りそのまま数日放置してしまったりする。

それが良いことであれ、悪いことであれ、
あまりたくさんの心は受け止められないのである。
たくさんの連なる文字を見たとき、重なる便箋の厚みに触れたとき、
それが書かれた時の感情をも一緒に送られてきたような気がして
単純に彼女はどうしていいか分からず「ああ」と一旦置くしかないのだ。

手紙の場合数日すると、それはきっと悪いものではない、と思い開く。
ちなみにメールの場合はこれに反して「いいことじゃないことが多い」らしく、
それはさらに据え置かれることになってしまう。
カンの良い彼女はなんとなく内容に予測が立ち、
読む前からどんなことを返信したらいいだろうかと憂鬱になったりしている。

手紙やメールは分かりやすい例だが、「こころはどこにでもある」。
そう思うと彼女はどこにいても
膨らみ続けるたくさんの風船に挟まれて押しつぶされるような気分になってくる。
その風船たちはすごく分厚くて強靭で絶対に割れることなく、
いつか自分の臓器のすべてをつぶしにかかってくるような気がしてくるのだ。

-彼女の話

執筆者:

関連記事

特別でなければならない彼女と何もない自分

特別でなければならない彼女と何もない自分

この日彼女はシャルドネを飲んでいた。普段ならほとんど飲まない。彼女は白ならピノグリが好きだからだ。良く冷えたシャルドネは思いのほかおいしかった。彼女は突然ひどく安堵した自分にきづいた。それは一日を終え …

彼女の絵

彼女の絵

彼女は昔はわりと見やすい、というか「理解しやすい」点描画をよく描いていた。 白黒の世界をとても愛し、白い紙に黒い点々を延々と描いていた。 花とか赤ん坊の顔とか自分の手とか壁にかかった白いシャツとか。 …

noimage

彼女と冬のあたたかみ

ぶぅぅぅぅ‥‥‥‥ん 冬の夜、眠りにつく頃どこからともなく聞こえてくるエアコンの室外機が生む軽い低音。彼女の城のご近所で誰かが暖房をきかせている。彼女はその音がいつだって好きだ。疲れていても苦しくても …

noimage

モフモフ

彼女は「モフモフ」したものが好きだ。 夜はモフモフしたムーミンの抱き枕を抱いて寝る。 他にもゾウとかカバとかブタとかの「プクプク」したものも好きだ。 スヌーピーなど白いものは尚いい。 女性でも男性でも …

どうしようもないこと

昨夜から彼女は貝になってしまった。 何も話さず、ただ海に中にいるみたいに顔がびしゃびしゃになっていた。 酸素を取り入れようとするけどうまくかない、といったように ときどきゲホゲホと咳き込んだ。 すごく …

noimage

2020/03/17

意味

noimage

2020/01/31

メロディの輪郭

noimage

2020/01/29

真くろの向こう

記事内の彼女の絵や写真。
2020年5月
« 3月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
This error message is only visible to WordPress admins

Error: No connected account.

Please go to the Instagram Feed settings page to connect an account.

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ