彼女の話

眠れていない日々

投稿日:


彼女は斜めに映った自分の顔を鏡で見ながら
「齢をとったんだなぁ」と考えていた。
齢をとった、というよりも齢を経た、という自分の顔が
最近はそんなに嫌ではなくなった。
なんという人だったか、早く齢をとりたいと言っていた役者がいた。
齢を経らなければ表現できないこともある。

彼女は色んな意味で女性だ。
人並みにシミやらシワやらたるみやらが気にならないじゃない。
すぐに眉間に力を込めたり噛みしめ癖もあるから、
そこそこ刻み込まれたシワや表情筋の偏りがある。
どこかしらに力がこもっている。
もともと細かった頬は
食べてないからか、若さの弾力ではもうごまかしがきかないのか
一層へこんできた。

昔よりも顔の陰影は増えたのに
それでもふと窓や鏡に映った自分の顔が昔より嫌じゃない。
「落ち着いてきたなぁ」とただ漠然と頭に浮かぶ。
少し浅黒くもなった。

小さな鏡の中に映った顔を見ていたら
彼女は急に鏡の中の人が気の毒になってきた。
あなたはいつもずいぶん窮屈なところにいるわね。

いつの間にか涙を流すその人に彼女は語りかけた。
「大丈夫よ」「あなたには私がいるから」

いつの時代のどんな時も、自分の真のパートナーは自分だ。
いや、自分より自分のソウルメイトや親友を信じてると思っても
そのソウルメイトや親友を信じているのは外ならぬ自分だ。

鏡の中にいるほうが本物。
この子のために自分は外の世界で這って気張って生きてきたんだ。
「あなたは私を責めないのね」

鏡を置いて、彼女は大きく息を吐いた。
眠れていない夜が続いてひどく疲れていると感じた。

-彼女の話

執筆者:

関連記事

恣意的彼女

恣意的彼女

あなたは誰かのことをとても知りたい、と思ったことはあるだろうか。 彼女はあまり自分のことを話さない。 話すが好きじゃないのだ。 でも話さないからこそ余計に人は彼女に関心をもってどんな人なのか知ろうとし …

橋の上の彼女

橋の上の彼女

彼女はもう寒さをあまり怖がらなくなっていた。冷たい北風を愛おしく頬で受け止められるほどに。 今でも冬の朝は起きられない。コタツと共に生きたいと心から願っている。それでも一日中とりつかれたようにベッドや …

noimage

愛する自信・愛される自信

僕は待つつもりだったのだが、思いがけず彼女が口を開いた。 それは彼女がコラージュをしているときだった。 「私は頭がおかしいんじゃない。 愛する自信も愛される自信もないだけなのだ」 それはとてもネガティ …

noimage

みんなと同じ彼女

彼女はときどき突っ走ってしまう。 そして突然傀儡が人の手を離れて首をうなだれるようにぱったりと動かなくなってしまう。 しなければいけないことがあるとき、したいことがあるとき、彼女はもう半分自分を捨てる …

noimage

落ち着かない人生

彼女は昔からどうも落ち着かない人生を送っているようだ。 ”波乱万丈だね”と言われることの多い生活なのである。 そして人によっては、彼女自身がそうしている、そういう選択をしているところがある、と言うので …

noimage

2020/03/17

意味

noimage

2020/01/31

メロディの輪郭

noimage

2020/01/29

真くろの向こう

記事内の彼女の絵や写真。
2020年9月
« 3月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
This error message is only visible to WordPress admins

Error: No connected account.

Please go to the Instagram Feed settings page to connect an account.

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ