彼女の話

飲み込んだ空気の行きついた先は

投稿日:

その先は呑気症だった。


最近急に涼しくなって人々が生き生きしている。
ある朝彼女は目を覚まし起き上がってテラスのドアを開けた。
瞬間ぶわぁっとあの懐かしいひんやりと乾いた空気が彼女を一気に包み込んだ。
彼女は驚いたが、まるで旧友に会ったかのように目を細めた。
そして自分の周りを舞う風をひとつも逃すまいとするかのように
何度も何度も「うわぁ、うわぁ」と言いながら口をパクパクさせて飲み込もうとした。

しかししばらくするとひどい胃の膨満感に襲われた。
そしてそれはたちまち立っていられないほどのひどい胃痛に変わったのである。


呑気症は正式には空気嚥下症といって文字通り空気を飲み込んでしまうことで起こる体の不具合だ。
ストレスや嚙みしめ癖のある人に見られることが多く、男性よりも女性に多い。
彼女も数日前からお腹が減っているわけでもないのに頻繁にコポコポ腹鳴がしていたり
匂いのないガス、胃の膨満感による食欲低下やポッコリ張った腹部など異変を感じていた。
彼女はこういった体のサインをいつも「疲れているのかなぁ」で片づけてしまうのでひどくなるまで放置されてしまう。
それどころか今回のように積極的に悪化させるようなアホなことをやっているのである。


痛みに耐えかねた彼女は床に転がっているしかなかった。
そして眺めていた。
夏の間その眩しさを遮断すべく閉じられたままだったカーテンをあの乾いた風がふくらます。
なんとしてでも彼女に触れたいというように”ねえ、入れてよ、入れてよ”と彼女に語りかける。

体の外からも中からも空気に攻められているような気になってきて
「なんだかなぁうるさいさぁ」と彼女は苦笑した。


彼女は秋がいつも少しこわい。
あの凍える大嫌いな季節を嫌でも予期させるから。
「だからまだ入れてあげないよ、悪いけど。
それに今は体の空気のことでいっぱいいっぱいでね」

彼女はどんどん強くなっていく秋風に背を向けて少し眠った。

-彼女の話

執筆者:

関連記事

noimage

たくさんの話から

彼女の上司は大変いい人である。 色んな事を知っていて好奇心旺盛な人であり、腰が低く人脈が広い。 感性も鋭くよく気が利き、ユーモアに富み周りへの気遣いや配慮に溢れた人だ。 彼はおそらくHSPであるようで …

空腹の彼女

空腹の彼女

彼女の体は燃費が悪い。 普段から少ししか食べない。 その分しか胃のキャパがないのか、食べるとすぐにお腹がいっぱいになってしまう。 もしくは食べた、という事実で満腹になったような気になって食事は終わる。 …

恋判定

判定

その人について考えが止まらない間、他のことが完全に飛んでしまう。 そしてそれは彼女が彼女であるという自信を喪失させ、 自分が自分ではなく、誰かに乗っ取られてしまったかのような不安が押し寄せてくる。 そ …

彼女と車

彼女と車

彼女は車の運転ができない。 免許を持っていないのだ。 今まで、ないならないでどうにかなるものでさして困ったことはなかったのだが 最近彼女はそろそろ免許をとろうか、と考えている。   運転しな …

noimage

子どもたち

彼女は子どもが結構好きだ。遊び場の見守りの手伝いに時々出かけている。子どもたちと接する時、彼女は相当無心にならざるを得ない。考えて仮面を被り、取り繕っている暇など彼らは与えてくれない。恐ろしいほどのエ …

noimage

2020/03/17

意味

noimage

2020/01/31

メロディの輪郭

noimage

2020/01/29

真くろの向こう

記事内の彼女の絵や写真。
2020年9月
« 3月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
This error message is only visible to WordPress admins

Error: No connected account.

Please go to the Instagram Feed settings page to connect an account.

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ