彼女の話

みんなと同じ彼女

投稿日:

彼女はときどき突っ走ってしまう。
そして突然傀儡が人の手を離れて首をうなだれるようにぱったりと動かなくなってしまう。

しなければいけないことがあるとき、したいことがあるとき、彼女はもう半分自分を捨てるように取り組む。
それは仕事だったり、絵を描くことだったり様々だが、
とにかく問題は彼女が自分の限界に気付かずに走り続けてしまうことだ。

人はなんとなく息のつきどころとか、休んでいいところとかそのタイミングが分かるものだが、
彼女は動けなくなるまで気づかない。
仮面をかぶっている限り、外で膝が折れてしまうことはないが、
城に戻った途端、がた、がた、がたりと目を閉じる。


要するにタスクに対して自分のエネルギー分配がうまくできない、そしてどこで負荷量が上がったか分からないためにこの問題は起こっていると言えるだろう。
(特に今の季節は寒さが彼女を蝕む要素にもなりうるので彼女が思っている以上に彼女は疲れているのだ。)
これは社会人としては致命的ともいえるが、彼女の異常なまでの責任感が社会から外れることを許さないために、仕事を欠勤したり、具合が悪い素振りを見せることもない。
気力という仮面だけで城を出て行くのだ。


彼女は若い時から気をつけようとしているのだが、なかなか治らない。
時々はそうすることが自分に必要だというように、「みんな」に合わせて同じことをしようとする。

-彼女の話

執筆者:

関連記事

秋晴れ

秋晴れ

この日僕は彼女の城へ向かって川沿いを歩いていた。 今年の秋は本当によく晴れる。 彼女の城のすぐそばの芝生を抜けようとしたとき、 見慣れた後ろ姿に僕は足を止めた。 彼女が一人で背中を丸めて顎を空へ突き出 …

空腹の彼女

空腹の彼女

彼女の体は燃費が悪い。 普段から少ししか食べない。 その分しか胃のキャパがないのか、食べるとすぐにお腹がいっぱいになってしまう。 もしくは食べた、という事実で満腹になったような気になって食事は終わる。 …

彼女が失うもの

彼女が失うもの

彼女は、こういう自分が失うものは何だろうと考える。 人と距離をあけすぎる自分。みんなができることができない自分。嫌なことにはどうしても我慢ができない自分。そしてそれらすべての自分から逃げている自分。 …

知ること

知ること

彼女はいつも何かを考えている。 「考える」とは一見思慮深く大切なことのように思えるがなにごともやりすぎはよくない。 彼女は考えることを止めることができない。 ひとは脳で「考える」。 「考える」と感情が …

noimage

彼女の最大の矛盾2

彼女は、どんなに悪いことが起こったとしても最後は必ず良いほうに帰結していくのだから 基本的に人生は楽しいことしかない、と思っている。 彼女は、たとえば誰かがしあわせになれることで、 それと引き換えに自 …

noimage

2020/01/18

彼女の先延ばし癖

noimage

2020/01/17

子どもたち

noimage

2020/01/16

非日常

記事内の彼女の絵や写真。
2020年1月
« 12月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
This error message is only visible to WordPress admins

Error: No connected account.

Please go to the Instagram Feed settings page to connect an account.

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ