彼女の話

恣意的彼女

投稿日:

あなたは誰かのことをとても知りたい、と思ったことはあるだろうか。

彼女はあまり自分のことを話さない。
話すが好きじゃないのだ。
でも話さないからこそ余計に人は彼女に関心をもってどんな人なのか知ろうとしてくる。
彼女はいつもそれが嫌だ。

どんなに仮面をうまくかぶっているつもりでも、彼女は少し変わっている。
使う言葉や見ているものや視点が他の多くの人と違う。
言葉は特に違う。

たとえば職場で上司に嫌な思いをさせられたら、
気の優しい同僚は大丈夫か、と声をかけてくる。
彼女はそれに「まぁ粘土にでもして置いときますよ」とぽろりといって笑う。

・・・粘土?


子供の頃はこんな表現のオンパレードで、会話にならないことが多かった。
そして彼女にとって問題は粘土ではない。
「置いときますよ」って一体どこに置いておくつもりなのだ、それが問題なのだ。


読んでくれている方は、もうすでに訳が分からないでこのページから去ろうとしているかもしれないし、いやもう粘土時点で去ってしまっているだろう。
失礼な話で申し訳ないが、彼女もきっとそれを望んでいる。
そう、分からなければそれで終わりで、それでいいのだ。

ただしなまじっかそれが職場の人間など毎日会う近しい存在になってしまうと、
中途半端にしかならない理解を示そうと、フラフラした興味をもって質問攻めにしてくる。
「話したってどうせ分からないくせに」
これまで繰り返されてきた必定の結果を想像しながら、彼女は心の中で悪態をついて仮面の口角を上げ相手のいうことに「適当に」答える。


結局人は他人を理解できない、ということは分かっている。
それは彼女が「おかしな」言葉を使うからだけではなくみんなそうなのだ。
だから彼女は自分のことを話さないし、他人にもほとんど興味を示さない。
分かる努力をしようとしない。
知ろうとすることの意味を忘れてしまっている。



恣意的彼女

-彼女の話

執筆者:

関連記事

どうしようもないこと

昨夜から彼女は貝になってしまった。 何も話さず、ただ海に中にいるみたいに顔がびしゃびしゃになっていた。 酸素を取り入れようとするけどうまくかない、といったように ときどきゲホゲホと咳き込んだ。 すごく …

noimage

人が好き至上主義者と彼女

彼女には劣等感がある。 幼いころは大きくなれば他の人と同じように周りとうまく付き合っていけるだろうと思っていた。 今自分がそうできないのは、まだ小さいからだと。 今は算数ができないけれど、大人になれば …

noimage

彼女はそんなふうにできている

彼女は自分は風邪をひかないと思っている。 はっきり言って彼女がそう妄信する根拠は何もないのだが、 強いて言えば彼女の体温が高い、ということはあるかもしれない。 37度ある日もざらで、 検診などで毎度微 …

noimage

彼女と冬のあたたかみ

ぶぅぅぅぅ‥‥‥‥ん 冬の夜、眠りにつく頃どこからともなく聞こえてくるエアコンの室外機が生む軽い低音。彼女の城のご近所で誰かが暖房をきかせている。彼女はその音がいつだって好きだ。疲れていても苦しくても …

空腹の彼女

空腹の彼女

彼女の体は燃費が悪い。 普段から少ししか食べない。 その分しか胃のキャパがないのか、食べるとすぐにお腹がいっぱいになってしまう。 もしくは食べた、という事実で満腹になったような気になって食事は終わる。 …

noimage

2020/03/17

意味

noimage

2020/01/31

メロディの輪郭

noimage

2020/01/29

真くろの向こう

記事内の彼女の絵や写真。
2020年9月
« 3月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
This error message is only visible to WordPress admins

Error: No connected account.

Please go to the Instagram Feed settings page to connect an account.

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ