彼女の話

・線アフォーダンス

投稿日:

腱鞘炎が未だ治まらず点をあまり打たなくなった彼女は以前より線を多く引くようになった。
線を描いているときの彼女はすごく伸び伸びしているように見える。
なんというかもう少し大きなスケッチブックに描いたら?と言いたくなるほど
ぐんぐん鉛筆やボールペンを体ごとゆらゆらさせながら描いているのだ。
実際線はよくスケッチブックからはみ出しているし、
彼女自身スケッチブックをぐるんぐるん、あっちへこっちへ忙しそうに回しながら描いている。


線を描いている彼女は点を打つ彼女よりももっと野性的で本能的だ。


飢えている。


伸び伸びとして自由に見えるのに。
飢えている。


それは点を欲しているのか、色を欲しているのか、他のなにかであるのか。
ひどく乾いた砂漠の上をほんの少しの霧雨が線となって落ちていくように。
はたはたはたはた。
黒鉛が、インクが、墨汁がスケッチブックの上に静かにすべり落ちる。


彼女は必死に線をひく。
蚕が営繭するように。
その細い線で自分の周りを囲おうとするかのように。

-彼女の話

執筆者:

関連記事

彼女が死ぬとき

彼女が死ぬとき

彼女は願っている。 自分が死ぬとき それは誰かが生き延びるとき。 彼女は死をとても恐れている。 死ぬときのことを思うと怖くて怖くてたまらない。 死ななければならないのに、どうして生まれてきてしまったの …

noimage

彼女の右後ろと左斜め前

彼女はいつの頃からか死をごく親しみのある近しい存在に感じるようになっている。 いつ、どうしてそうなったのかは分からないが、 彼女は”それ”が”そこ”にある、ということを感じるのだ。 ちなみに”そこ”と …

noimage

彼女のじんましん2

その後も彼女は突拍子もない痒みと肌のツッパリと腫れに襲われた。 時には顔だけでなく、首や鎖骨辺りまで赤くなることがあった。 ほとんどは夜だったが、出勤まえに起こるとすごく焦った。 彼女はキノコが大好き …

noimage

距離

「なぜ自分のものさしだけで私との距離を測るのか」 「ズカズカ入ってこようとするな、理解しようとなんてするな」 「気を遣ったようなフリをして、私のことを分かったような物言いはやめろ」 距離がとりにくい人 …

noimage

飲み込んだ空気の行きついた先は

その先は呑気症だった。 最近急に涼しくなって人々が生き生きしている。 ある朝彼女は目を覚まし起き上がってテラスのドアを開けた。 瞬間ぶわぁっとあの懐かしいひんやりと乾いた空気が彼女を一気に包み込んだ。 …

noimage

2020/01/18

彼女の先延ばし癖

noimage

2020/01/17

子どもたち

noimage

2020/01/16

非日常

記事内の彼女の絵や写真。
2020年1月
« 12月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
This error message is only visible to WordPress admins

Error: No connected account.

Please go to the Instagram Feed settings page to connect an account.

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ