彼女の話

・線アフォーダンス

投稿日:

腱鞘炎が未だ治まらず点をあまり打たなくなった彼女は以前より線を多く引くようになった。
線を描いているときの彼女はすごく伸び伸びしているように見える。
なんというかもう少し大きなスケッチブックに描いたら?と言いたくなるほど
ぐんぐん鉛筆やボールペンを体ごとゆらゆらさせながら描いているのだ。
実際線はよくスケッチブックからはみ出しているし、
彼女自身スケッチブックをぐるんぐるん、あっちへこっちへ忙しそうに回しながら描いている。


線を描いている彼女は点を打つ彼女よりももっと野性的で本能的だ。


飢えている。


伸び伸びとして自由に見えるのに。
飢えている。


それは点を欲しているのか、色を欲しているのか、他のなにかであるのか。
ひどく乾いた砂漠の上をほんの少しの霧雨が線となって落ちていくように。
はたはたはたはた。
黒鉛が、インクが、墨汁がスケッチブックの上に静かにすべり落ちる。


彼女は必死に線をひく。
蚕が営繭するように。
その細い線で自分の周りを囲おうとするかのように。

-彼女の話

執筆者:

関連記事

noimage

彼女の乏しい注意力

彼女を見ていると、ほと集中力がまったくないのがよくわかる。いや、集中力がない、というよりは気が激しく分散していると言った方が正しい。同じことだろうと思われるかもしれないが、例えば本を読む、映画をみる、 …

恋判定

判定

その人について考えが止まらない間、他のことが完全に飛んでしまう。 そしてそれは彼女が彼女であるという自信を喪失させ、 自分が自分ではなく、誰かに乗っ取られてしまったかのような不安が押し寄せてくる。 そ …

空腹の彼女

空腹の彼女

彼女の体は燃費が悪い。 普段から少ししか食べない。 その分しか胃のキャパがないのか、食べるとすぐにお腹がいっぱいになってしまう。 もしくは食べた、という事実で満腹になったような気になって食事は終わる。 …

表面下の世界

表面下の世界

「表面の世界でも生きていける。 そしてそれはそんなに悪くない。」 自分は一体何を表現すればいいのだろう。 文字を綴れば、黒鉛を重ねれば、世界をつなげれば、 それらを続けて行けばどこかに直角が訪れるのだ …

noimage

「・・・卵かけご飯・・・」

「 自分に向き合うってどういうことでしょうか。自分と徹底的に向き合うって何をするんでしょうか。 卵かけご飯みたいによく聞く言葉なのに自分で口に出すには何だか少し、いや、かなり少なくとも私には気恥ずかし …

noimage

2020/03/17

意味

noimage

2020/01/31

メロディの輪郭

noimage

2020/01/29

真くろの向こう

記事内の彼女の絵や写真。
2020年11月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
This error message is only visible to WordPress admins

Error: No connected account.

Please go to the Instagram Feed settings page to connect an account.

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ