彼女の話

3月9日

投稿日:

今日は3月9日だ。
3月9日と言えばレミオロメンだ。
最近では卒業ソングの定番らしい。


彼女は卒業式に特になんの思い入れも思い出もないが、
高校の卒業式だけは死ぬほどうれしかったのを覚えている。
10代で一番うれしかったことは何かと訊かれたら高校卒業だと言うかもしれない。
高校が大嫌いだった。


高校で彼女は一度挫折しかけている。
休みを与えられないほどの学習時間と模試と教師の「叱咤激励」は
彼女にとって毎日台風が来ているようだった。
彼女は今も嫌なことは決してしない。
良かれ悪かれ逃げてでもしないのだ。
それが許されなかったのがこの高校時代だった。

教わっているものが一体何の役に立つのか全く分からなかった。
意味がないとしか思えなかった。
国語や英語は内容によってはまだ楽しめたが、
それがすべて試験のためかと思うと途端に色褪せた。

一体自分はここで毎日毎日何をやっているのだろうと苦しかった。
周りができていることが自分にはできなかった。
それは成績がどうとかいうことより、
人が順応している波に彼女だけがその際であっぷあっぷしている横歩きのカニみたいな状態だった。


彼女の心身はストを起こして数ヶ月登校するのをやめた。
時々クラスメイトや担任教師が様子を見に家にやってきた。
それでもしばらく行かなかった。
そのうち教師は彼女をあきらめた。


教師も面倒くさい生徒に留年されても困ると思ったのか、
なんだかよく分からないまま彼女は卒業できることになった。
高校を卒業することほど嬉しいことはなかった。
いつも死ぬほど嫌だった場所にもう行かなくてもいいのだ。
それまで卒業式で一度も涙を見せたことのなかった彼女だったが、
高校の卒業式ばかりは嬉し涙がでるところだったという。

以来彼女は一度も高校の門をくぐっていない。
当時の友人たちやもちろん教師にも一度も会っていない。
卒業アルバムすらどこかへ行ってしまった。


そんなわけでレミオロメンの3月9日は彼女にはあまり響いてこない3月9日なのである。
寂しいやつだと思われても、彼女はそれで良いようだ。



3月9日

-彼女の話

執筆者:

関連記事

noimage

ベスト

職場からの帰り道、彼女はよくその日のことを省みる。そして自然と”ベストではなかったこと”を探す。どうしてそれがベストだと思えないのか。モヤモヤしながらその理由を考えようとする。理由が思いつかないと自分 …

noimage

イニシャルドリーム2

彼女は訪れたこともない外国にいた。 見慣れない家の、親しみのない玄関で、 強引に押し入ってこようとする数人の異邦人を何とか入れまいと ドアノブを握りしめていた。 彼らは全員男性だった。 いやだ、こわい …

noimage

彼女とHSSと著作権と僕4

ちなみにアメリカへお伺いをたてていた件だが、 もちろん返事はノーだった。 ドクターアーロンは出版社との契約によって厳しく制限を受けていて 文献からもウェブサイトからも引用は許可できない。 ドクターのア …

noimage

冬の彼女

ハッキリ言って冬の彼女はまるで役に立たない。 朝はますます起きなくなり、ぎりぎりまでコタツに居座り、外に出たくないとばかり考えていた挙句仕事に行くのに仕事着を忘れ、遅刻寸前に出社、帰ればエアコンとコタ …

noimage

破れ仮面

彼女はそんなに簡単に仮面をつけることはできない。 自分の城、という自分だけの個室の空間にいていきなり”自分”以外にはなれないのである。 彼女がLINEを使わず、電話番号もごく一部の人にしか知らせないの …

PREV
腱鞘炎
NEXT
3月10日
noimage

2020/03/17

意味

noimage

2020/01/31

メロディの輪郭

noimage

2020/01/29

真くろの向こう

記事内の彼女の絵や写真。
2020年10月
« 3月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
This error message is only visible to WordPress admins

Error: No connected account.

Please go to the Instagram Feed settings page to connect an account.

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ