彼女の話

3月11日-ある春の日

投稿日:

彼女はしみだすのを眺めているのが好きである。
紅茶や緑茶の葉っぱや、フレーバーティのパックから
無色透明のばっとした熱さの水の中に
無秩序に延々としみだす色素を見ているのが好きなのである。
それは、それらの色素がついにカップを支配するまでみることができる。

見ていて美しいのは紅茶の茶葉だが、
長く楽しめるのは麦茶のパックである。
彼女は温かい麦茶が好きで、寒い時期でもよく煮出す。
耐熱の細長い容器にお湯を満タンにし、そうっと麦茶パックを水面に置く。
茶葉が水分を吸い込む為に少し時間を置くと、
何かの記憶を思い出したかのようにある瞬間つーーーと細く長い息を吐き始める。
自ら吸い込んだ熱湯の重さでぐんぐん沈んでいくパック。
その速さに比例して容器の中の気配は濃くなっていく。

彼女はずっとその茶色い道すじを見ている。
下に下に下に、やわらかい濃淡を生み出しながらフワフワと拡がっていく。
視界が穏やかに茶色く変色していく。
向こう側が少しずつ見えなくなっていく。


どのくらいの時間が経っただろうか
いつの間にかどこまで麦茶が広がりどこまでが容器で
色素が闇に染まったのか闇が道を取り込んだのか
それでも彼女はその前でその中で今も見つめている。






-彼女の話

執筆者:

関連記事

noimage

彼女の家計簿

彼女は長いこと家計簿をつけている。エクセルで自分仕様に作成した。色んなソフトやアプリを使っても細かなことまで気になる彼女だ。結局は自分で好きなように作ってしまうのが良い。 彼女の家計簿は終活にも見える …

特別でなければならない彼女と何もない自分

特別でなければならない彼女と何もない自分

この日彼女はシャルドネを飲んでいた。普段ならほとんど飲まない。彼女は白ならピノグリが好きだからだ。良く冷えたシャルドネは思いのほかおいしかった。彼女は突然ひどく安堵した自分にきづいた。それは一日を終え …

彼女と車

彼女と車

彼女は車の運転ができない。 免許を持っていないのだ。 今まで、ないならないでどうにかなるものでさして困ったことはなかったのだが 最近彼女はそろそろ免許をとろうか、と考えている。   運転しな …

哲学の現代的意味

哲学の現代的意味

彼女は久しぶりに『ソフィーの世界』を開いていた。 読むでもなく、読まないでもなく、ページをパラパラめくっていた。 忘れかけていた疑問がいくつも蘇る。 そして思う。 「だれかわたしをわたしだと認めてはく …

失い

失い

彼女はテレビをみない。 ニュースを見ていても、次々と流れてくる憂鬱な事件の連続に だんだん生気を奪われていくような心持がしてくる。 汚職、強盗、放火、飲酒運転、詐欺、暴行・・・ もしかしたらニュースは …

noimage

2020/03/17

意味

noimage

2020/01/31

メロディの輪郭

noimage

2020/01/29

真くろの向こう

記事内の彼女の絵や写真。
2020年9月
« 3月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
This error message is only visible to WordPress admins

Error: No connected account.

Please go to the Instagram Feed settings page to connect an account.

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ