彼女の話

3月11日-ある春の日

投稿日:

彼女はしみだすのを眺めているのが好きである。
紅茶や緑茶の葉っぱや、フレーバーティのパックから
無色透明のばっとした熱さの水の中に
無秩序に延々としみだす色素を見ているのが好きなのである。
それは、それらの色素がついにカップを支配するまでみることができる。

見ていて美しいのは紅茶の茶葉だが、
長く楽しめるのは麦茶のパックである。
彼女は温かい麦茶が好きで、寒い時期でもよく煮出す。
耐熱の細長い容器にお湯を満タンにし、そうっと麦茶パックを水面に置く。
茶葉が水分を吸い込む為に少し時間を置くと、
何かの記憶を思い出したかのようにある瞬間つーーーと細く長い息を吐き始める。
自ら吸い込んだ熱湯の重さでぐんぐん沈んでいくパック。
その速さに比例して容器の中の気配は濃くなっていく。

彼女はずっとその茶色い道すじを見ている。
下に下に下に、やわらかい濃淡を生み出しながらフワフワと拡がっていく。
視界が穏やかに茶色く変色していく。
向こう側が少しずつ見えなくなっていく。


どのくらいの時間が経っただろうか
いつの間にかどこまで麦茶が広がりどこまでが容器で
色素が闇に染まったのか闇が道を取り込んだのか
それでも彼女はその前でその中で今も見つめている。






-彼女の話

執筆者:

関連記事

noimage

(no title3)

「おいてく気持ちもおいてかれる気持ちもしってるよ。 そこからはじまったものもそこからつづいてったものも、あったよね。 確実にいえるただひとつのことは、それが今もそこにあるってこと。 それはとてもせつな …

noimage

6月

彼女は城のベランダの手すりに体をもたせかけて 向かいの川沿いに生え茂る草や木々を見つめていた。 眩しかった。 冴え渉る空の青に木々の緑が風の勢いを借りて下から覆いかぶさろうとしていた。 そしてそれは太 …

noimage

箱の中の

彼女はKと箱の中に居るときいつも不思議に眠くなるという。 そして何も感じなくなるのだと。 Kは彼女が唯一長い間接触している心理士だ。 Kは心理士としては時として少ししゃべりすぎるというきらいはあるよう …

noimage

みんなと同じ彼女

彼女はときどき突っ走ってしまう。 そして突然傀儡が人の手を離れて首をうなだれるようにぱったりと動かなくなってしまう。 しなければいけないことがあるとき、したいことがあるとき、彼女はもう半分自分を捨てる …

noimage

死人工場

強烈なタイトルにあまり驚く必要はなくて、要するに今回の彼女の夢のイメージはこうだ。ひどく暗い閉鎖的なその場所はほとんどがグレーや黒光り、はがね色サインペンと墨汁色の水彩絵の具で描かれたような場所であっ …

noimage

2020/03/17

意味

noimage

2020/01/31

メロディの輪郭

noimage

2020/01/29

真くろの向こう

記事内の彼女の絵や写真。
2020年11月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
This error message is only visible to WordPress admins

Error: No connected account.

Please go to the Instagram Feed settings page to connect an account.

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ