彼女の話

3月10日

投稿日:

3月9日と3月11日に挟まれた3月10日。
3月9日と3月11日には毎年思うことがあるけれど、3月10日にはない。
彼女はそれを少し不思議に思っている。


これまでも忘れているだけで3月10日にも何かあったのかもしれないし、
もしかしたらこれから何かあるのかもしれない。
心がグラつく3月9日と3月11日の間に「何もない」のが不自然な気がするのだ。

何かあるはずでは・・・毎年期待と不安を胸に抱きながら彼女は3月10日を過ごす。



3月10日

-彼女の話

執筆者:

関連記事

noimage

彼女を掴んで離さない幸せなもの

冬の寒い日のこたつほど彼女を掴んで離さないものはないし、 これほど彼女に幸せをもたらすものもなかなかない。 こたつにかかる電気代は機種にもよるが1日つけっぱなしにしていても 「50円くらいで済む」らし …

noimage

彼女と少女のコスモロジー

『内なるものへの適切な態度』 彼女ははっとした。 いつも彼女は遥か上空のようなところから白い箱と少女を眺めていた。 絵本に出てくるような神様や天国にいる人たちは下界をこんな風に見下ろしているのかもな、 …

noimage

吐き出される夢

しばらく会わない間に彼女は大量の夢をみていた。 彼女は夜でも昼でも眠る前や、ただ風を感じようと目を閉じた瞬間に 前夜にみた夢をふと思い出すことが多い。 正確には夢を思い出すというよりは、夢の雰囲気や夢 …

noimage

スパティフィラムの幸せ自慢

夜中彼女はふと目を醒ましてそばの明かりをつけた。 スパティフィラムが葉先に露を溜めていた。 スパティフィラムは水をたっぷり与えられると根で吸収したのち、 水分コントロールのために余分な水分をそうやって …

noimage

彼女と冬のあたたかみ

ぶぅぅぅぅ‥‥‥‥ん 冬の夜、眠りにつく頃どこからともなく聞こえてくるエアコンの室外機が生む軽い低音。彼女の城のご近所で誰かが暖房をきかせている。彼女はその音がいつだって好きだ。疲れていても苦しくても …

noimage

2020/03/17

意味

noimage

2020/01/31

メロディの輪郭

noimage

2020/01/29

真くろの向こう

記事内の彼女の絵や写真。
2020年10月
« 3月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
This error message is only visible to WordPress admins

Error: No connected account.

Please go to the Instagram Feed settings page to connect an account.

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ