彼女の話

腱鞘炎

投稿日:

彼女は最近線を描く。
あまりたくさんの点がかけなくなってしまったからだ。


会う医者や治療者によって腱鞘炎だと言われたり手根症候群だと言われたり色々だが、
とにかく昔から彼女は手をよくやられる。
腱鞘炎も手根管症候群も一度なるとなかなか治らないらしいので、
手術となるほど症状がひどくならない限り、日々うまく付き合っていくしかない。


点を無数に打っていく作業は作り上げられていく彼女の世界が毎回違っていたとしても
結果として指や手や腕にとっては同じ動作が延々と続くことになり、
彼女の筋肉や神経を刺激し続ける。
マッサージでほぐしたり、ストレッチをしたりするのだが、
その作業に追いつかないことが多く、彼女の腕はいつもかなり張っている。


右手がすぐにダメになってしまうので、最近は無理に左手で点を打っていたが、
普段使わない筋肉を急激に疲弊させてしまったので、指がつるようになってしまった。
使いすぎた手はその原因となっている作業をやめることが一番の治療となる。

彼女は仕事でも手をよく使う。
時々朝起きると寝てる間に固まってしまった筋肉に激痛が走ることがあり、
これ以上は仕事ができないと彼女は悲しそうにペンを置いた。
彼女も生きていかなければならない。


点を打たない代わりに彼女は鉛筆をゆるくもって、線を描くようになった。
急に線を描くようになっても何を描けばいいか分からずただたくさんの線を描いている。

彼女はいつも気分によって手をつけたい絵が変わるので、
何枚かの絵が同時進行されていることが多い。
できるときは数枚が一斉に描き終えられたりする。

今描きかけの点描画はおそらく6枚。
それらに思いを馳せながら線を描いていると、なんだか浮気でもしているような気がして
少し涙がでるという。


-彼女の話

執筆者:

関連記事

noimage

彼女の中から消されるということ

彼女はあの日以来未だに少しふさぎ込んでいるのだが、 今日はだいぶ浮上してきたようだ。 というのも朝からある知り合いとずっとオンライン上で話をしていたようで それで気が紛れてきたようだ。 相手が慎重で明 …

彼女の時計

彼女の時計

残念ながら先日電池を交換した彼女の腕時計の針は 再び散漫な仕事を繰り返すようになってしまった。 修理査定に出そうと考えた彼女はまず時計屋の少なさに驚いた。 文明の利器スマホを頼っても彼女の住む周辺には …

noimage

彼女と窮屈な箱

これも巨大物恐怖症と同じく彼女の弱点のひとつだが、 大きすぎるものと反対に彼女は狭い空間を嫌がる。 閉所恐怖症だ。 なぜこうなったかは分からないが、 とてもとても小さかったときの彼女はむしろそんな場所 …

noimage

抗えないもの

彼女は自分の体の異変を認めざるを得なくなってきた。 頭痛に悩まされているのは以前からだが、それ以上におかしいのだと呟いた。 少し不安気だった。 朝目が覚めたとき、脳がとけてスライムになったようにドロリ …

彼女の世界の胚胎

彼女の世界の胚胎

彼女は自分のそんな世界に気付いてから、少しずつ幸せになれるような気がしている。 「これだから自分は自分の人生を認められない」と思っていた頃に比べれば 今は食事を作った時にいつまでもキッチンに残る生姜の …

PREV
NEXT
3月9日
noimage

2020/03/17

意味

noimage

2020/01/31

メロディの輪郭

noimage

2020/01/29

真くろの向こう

記事内の彼女の絵や写真。
2020年9月
« 3月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
This error message is only visible to WordPress admins

Error: No connected account.

Please go to the Instagram Feed settings page to connect an account.

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ