彼女の話

腱鞘炎

投稿日:

彼女は最近線を描く。
あまりたくさんの点がかけなくなってしまったからだ。


会う医者や治療者によって腱鞘炎だと言われたり手根症候群だと言われたり色々だが、
とにかく昔から彼女は手をよくやられる。
腱鞘炎も手根管症候群も一度なるとなかなか治らないらしいので、
手術となるほど症状がひどくならない限り、日々うまく付き合っていくしかない。


点を無数に打っていく作業は作り上げられていく彼女の世界が毎回違っていたとしても
結果として指や手や腕にとっては同じ動作が延々と続くことになり、
彼女の筋肉や神経を刺激し続ける。
マッサージでほぐしたり、ストレッチをしたりするのだが、
その作業に追いつかないことが多く、彼女の腕はいつもかなり張っている。


右手がすぐにダメになってしまうので、最近は無理に左手で点を打っていたが、
普段使わない筋肉を急激に疲弊させてしまったので、指がつるようになってしまった。
使いすぎた手はその原因となっている作業をやめることが一番の治療となる。

彼女は仕事でも手をよく使う。
時々朝起きると寝てる間に固まってしまった筋肉に激痛が走ることがあり、
これ以上は仕事ができないと彼女は悲しそうにペンを置いた。
彼女も生きていかなければならない。


点を打たない代わりに彼女は鉛筆をゆるくもって、線を描くようになった。
急に線を描くようになっても何を描けばいいか分からずただたくさんの線を描いている。

彼女はいつも気分によって手をつけたい絵が変わるので、
何枚かの絵が同時進行されていることが多い。
できるときは数枚が一斉に描き終えられたりする。

今描きかけの点描画はおそらく6枚。
それらに思いを馳せながら線を描いていると、なんだか浮気でもしているような気がして
少し涙がでるという。


-彼女の話

執筆者:

関連記事

花がら

アンビバレンス2 ー花がら

HSPはとかく外界からの刺激に対する敏感さを挙げられることが多いが、 自分の内界からの刺激にもそれは同じである。 自分が作り上げた妄想世界を自分自身で衝撃的に拒否してしまったあとも、 彼女が完全にその …

noimage

(確固)

彼女は自分がどうしてこんなにもゆらゆらしているのかずっと気になっていた。 最近『民衆の敵』というドラマをみてそれがなんなのか少し分かった気がした。 彼女には確固がないのである。 『民衆の敵』には様々な …

彼女の恥

彼女の恥

彼女はどうやら「ものすごく恥ずかしいこと」をしてしまったようだ。 ある人と話しているうちに頭にきて派手に口喧嘩をかましたらしい。 そんなことはなんの恥でもない、生きていればそんな経験の一度や二度はある …

noimage

結婚

彼女は結婚していない。 する予定もないし、する相手もいないし、するつもりもない。 結婚とは不思議なものだよなぁと彼女は思う。 たった一枚の紙切れに辿り着くまでに、 喜怒哀楽どころか希望とか目標とか不安 …

noimage

彼女に似た人

彼女は人の多いオフィスを訪れたとき、昔の職場であった女性のことを思い出した。どこか自分と似ていると思いながら同情心とイラつきを同時に持っていた。その時彼女は1フロアに100人以上はいるようなかなり大所 …

PREV
NEXT
3月9日
noimage

2020/03/17

意味

noimage

2020/01/31

メロディの輪郭

noimage

2020/01/29

真くろの向こう

記事内の彼女の絵や写真。
2020年5月
« 3月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
This error message is only visible to WordPress admins

Error: No connected account.

Please go to the Instagram Feed settings page to connect an account.

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ