彼女の話

鍋と肺

投稿日:

彼女は鍋の中を見つめていた。
鍋の中には木綿の布きんが3枚とセルソースのスポンジが一つ入っていた。

鍋の中には他に重曹とかお酢か何か酸性のものが入れられて煮洗いされていた。
布きんと一緒にぐつぐつ。
ぐつぐつ、ぐつぐつ、ぐつぐつ、ぐつぐつ。

毎週日曜の夜、彼女はこの儀式を約10分続ける。
小さくともしたガスの青い火と鍋を前に菜箸をもたげて彼女は立っている。
その間静止したまま、もはや息をしていないのではと思うほどに身じろぎしない。
そのままおとぎ話の鍋に頭から吸い込まれてしまうように
焚火を前に、フタを開けた洗濯機の前に、ぐつぐつ言う鍋を前に、
人はどうして見入って動けなくなる。


ぷぷぷぴぴ ぷぷぷぴぴ ぷぷぷぴぴ


僕の50cm先で突然音がなった。
「アレクサ、ストップ」
ハッとして彼女が声をかける。
ファンシーな音をたてたのはAmazon Ecohだった。
確かに、だれかが(なにかが)止めなくちゃ。


ガスをとめても、彼女は小さく鼓動する鍋の中を見つめていた。
それは空気を含んだ木綿が余熱でぷくぅっと膨らんでいるに過ぎなかったが、
鼓動する肺のようにも見えた。
それほどに布きんはきれいにまあるくドームしていたのである。





-彼女の話

執筆者:

関連記事

have a good day

HAVE A GOOD DAY!

  「朝だれも言ってくれないからお皿に言ってもらう」そうだ。   彼女は、ささやかなことで人よりも深く考え人より深く傷つく。 それは損をしているようにも見えるし、とても疲れる。 彼 …

noimage

自分は間違ってない

”俺は悪くない””私は何も間違ってない””だってこれが正しいでしょう、正しかったでしょう?”身勝手で主観的で利己的に一見見えるこんな言葉は自身への誇りと自信にあふれている。間違えていたとしても、そして …

純音の朝

純音の朝

いつまでこんな夜を いつまでこんな朝を 一体いつまで、続けるのだろう。 どうしてこうなってしまったんだろう。 どうしてこんなにもひとりになってしまったんだろう。 毎朝聴くあの無機質な音。 彼女自身が作 …

noimage

燻る-くすぶる

彼女はある夜自分の中が激しく噴火したがっているのを感じた。 くやしい くやしいくやしいくやしい!! 怒りのような欲求不満のようなハラワタがとび出てきそうな そんな不快感。 そして熱。 食いしばった歯の …

noimage

意味

3月。彼女はまた一つ齢を重ねる。ここ数年の彼女は、誕生日をまたいだ数日間仕事を休むことにしている。何をする、というわけでもないのだが、小さな旅行に行くこともあれば、山に登ることもある。誕生日をまたいで …

noimage

2020/03/17

意味

noimage

2020/01/31

メロディの輪郭

noimage

2020/01/29

真くろの向こう

記事内の彼女の絵や写真。
2020年5月
« 3月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
This error message is only visible to WordPress admins

Error: No connected account.

Please go to the Instagram Feed settings page to connect an account.

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ