彼女の話

真くろの向こう

投稿日:


人の心がきこえたり、人に心を読まれてしまう。
そんなことをテーマにした作品は多い。
そんなことあるわけないと思いながら、
いつもあなたのそばにいる人が、そうかもしれない。

彼女は人を蔑む。
人を見下し、マウンティングして優位に立とうとする。
「自分はこの人より…」

彼女は自分はそんなに悪くない、と思って歩く。
「あんたらよりはいいはずだ」、と、そう思って。

彼女は思う。
「お前が言うな」
「死ねばいいのに」
「あああ、いらいらする、、、、」
「嫌いだ嫌いだきらいだ…!」

もし、
そんな自分の中身がさらけだされたなら。

だれかが
それを知ったなら。

そして、自分と同じ誰かを
感じられたなら。




彼女は子どもの頃から時たま”目がこわい”と言われてきた。
大人になると、周りは気を遣って言わない代わりに
目をそらすようになった。
”見透かされているような気になる”。
そのうち彼女は人と目を合わさなくなった。

彼女は人の心なんか読めない。
それでも僕も彼女に目を凝視される(本人はそのつもりはないのだが)
と少しおののいて、
視線を外したくなる。
彼女の瞳はまっくろだ。

誰か。
彼女の目を見つめ返すことができたなら。

彼女は人と目を合わさない。

-彼女の話

執筆者:

関連記事

noimage

満たされないのは

「どこにいても 何をしていても だれと話しても 満たされないのは 自分のことばかり かんがえているから」

noimage

彼女の最大の矛盾2

彼女は、どんなに悪いことが起こったとしても最後は必ず良いほうに帰結していくのだから 基本的に人生は楽しいことしかない、と思っている。 彼女は、たとえば誰かがしあわせになれることで、 それと引き換えに自 …

noimage

下書きがものすごく気になるが

僕はこの1年以上ほとんど書いていないのだが、 それでも時折書こうとしては下書きフォルダを覗く。 気になるキーワードやタイトルの欠片を見つけては見つめ、 おかしな罪悪感と共に目を(ページを)閉じる。 毎 …

noimage

絶対に落としてはいけなかったきのこ

最近彼女は毎日そわそわイライラしている。落ち着かない。心がもぞもぞする。昔マッシュルーム農場で働いていた女の子のことを思い出した。その日女の子は箱いっぱいに詰まった摘みたてのマッシュルームを一箱全部ぶ …

noimage

痛み

彼女は痛がりだ。 彼女はそんなことない、ほんとに痛いのだと神妙に言うのだが、 ちょっと大げさなような気もする、と時々思う。 たとえばマッサージに行ったとき、痛かったらいってくださいね、と言われたので …

noimage

2020/03/17

意味

noimage

2020/01/31

メロディの輪郭

noimage

2020/01/29

真くろの向こう

記事内の彼女の絵や写真。
2020年7月
« 3月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
This error message is only visible to WordPress admins

Error: No connected account.

Please go to the Instagram Feed settings page to connect an account.

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ