彼女の話

橋の上の彼女

投稿日:


彼女はもう寒さをあまり怖がらなくなっていた。
冷たい北風を愛おしく頬で受け止められるほどに。




今でも冬の朝は起きられない。
コタツと共に生きたいと心から願っている。
それでも一日中とりつかれたようにベッドやコタツに囚われて
ただぼんやりと天井を見つめたまま転がっているということはない。




この一年で、いやもしかしたらこの数年で
彼女の内側にはじわじわとほこりのようなものが舞い上がっている。
僕は思い出す。
彼女が語った多くの夢を。
ヘドロの中でぎりぎり物を食べる彼女を。
そしてキッチンペーパーに残していた絵を。




すべては大げさだ。
水面上で何の気なしに生きている人たちにとっては
なんともオーバーな話や表現ばかりだ。
僕が書いてきた彼女は全部。
落ち着けよって言いたくなる。







それでも今やっぱり彼女の周りにはたくさんのものがまっている。
目には見えない、どこからか始まったひずみ。
ボールがほんの少しの衝撃でいつの間にかあらぬ方へ飛んでいくように、
一粒の滴が思わぬほどの波紋をどこまでも広げるように、
針の先ほどの刺激が生む大きなうねり。




彼女は橋の上から川の上流を眺めていた。
「冬だなぁ。冷たいなぁ」と呟いて笑っていた。




橋の上の彼女
(イワシの群れは小さな異物の乱入で大きくその形を崩す。)

-彼女の話

執筆者:

関連記事

noimage

好きなことを憂違う

彼女は絵を描くのが好きだ。 本を読むのも好きだ。 音楽を聴くのも好きだし、興味のあることを勉強するのも好きだ。 でもそれらのひとつも出来ない時がある。 彼女は人より少し疲れやすい。 一日中あらゆる刺激 …

惜しい音

惜しい音

彼女にしか聴こえない音がある。 ごく小さいころから聴こえていたので、それがどうも他の人には聴こえていないようだ、と気付いた時はかなり仰天した。 一番最初に気付いた音は太鼓の音だった。 夏だったので近所 …

noimage

コラージュ惹起

コラージュとはチラシとか雑誌とか新聞とかの切り抜きや、 麻布とか糸とか針金とかを紙やキャンパスに貼り付けられてできる作品たちのことだ。 誰でも一回くらいはみたことがあると思うのだが、 自分の好きなもの …

noimage

(no title4)

noimage

愛する自信・愛される自信

僕は待つつもりだったのだが、思いがけず彼女が口を開いた。 それは彼女がコラージュをしているときだった。 「私は頭がおかしいんじゃない。 愛する自信も愛される自信もないだけなのだ」 それはとてもネガティ …

noimage

2020/03/17

意味

noimage

2020/01/31

メロディの輪郭

noimage

2020/01/29

真くろの向こう

記事内の彼女の絵や写真。
2020年11月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
This error message is only visible to WordPress admins

Error: No connected account.

Please go to the Instagram Feed settings page to connect an account.

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ