HSPとその他の話 彼女の話

必然想起

投稿日:2017年8月10日 更新日:

ただだらりんと生活していてもふと必然に気づくことがある。
その度に僕らは意味のないことなんてないのかもと気付いたりする。


彼女には時折ぽん、と突拍子もなく思い出される記憶とか感覚とかいうものがあって、
それはまたデジャヴとも違うらしい。

分かりにくいかもしれないがその想起の感覚は
電子レンジを回していることをすっかり忘れてしまい、
しばらくしてそういえばミルクを温めていたのだった、と思い出す瞬間に似ているらしい。
大半はぬるくてもまあいいかと思えるような記憶かもしれないが、
たとえすっかり冷めてしまっていたとしても
また最初から温め直さないといけないかもしれないな、と考える意味ある大切な記憶もある。

そんな記憶もミルクも「いつか絶対に取り出さなければならない」という点で同じだが、
しかしそんな記憶がミルクと違うのは、電子レンジに入れてから思い出されるまでに
数年から10年以上の月日が経っているということだ。

彼女にそのドアを今開けろといってくる電子レンジの意図とはなんだろう。








ちなみにそんな記憶とミルクの違いはもう一つあって、
それは腐るか、腐らないかというなのだ。

-HSPとその他の話, 彼女の話

執筆者:

関連記事

noimage

意味

3月。彼女はまた一つ齢を重ねる。ここ数年の彼女は、誕生日をまたいだ数日間仕事を休むことにしている。何をする、というわけでもないのだが、小さな旅行に行くこともあれば、山に登ることもある。誕生日をまたいで …

noimage

なぜ口でキスするのか

  どうしてキスは口でするのか。 いつからヒトは唇でキスするようになったのだろうか。   まつ毛とか鼻とかでキスみたいなことをする人たちも世界にはいるが、 彼女は映画なんかで唇でち …

朽ちかけの大木

彼女の写真: 朽ちかけの大木

彼女は写真を撮る。見るのも撮るのもマクロの写真が好きだ。 その中でも朽ちかけた木を特に愛する。 なぜかはよく分からない。   ちなみに彼女はカバやゾウも好きで、 朽ちかけた木の皮はそんな彼ら …

noimage

落ち着かない人生

彼女は昔からどうも落ち着かない人生を送っているようだ。 ”波乱万丈だね”と言われることの多い生活なのである。 そして人によっては、彼女自身がそうしている、そういう選択をしているところがある、と言うので …

忘れていく彼女―ことば

忘れていく彼女 -ことば

前回のつづき 彼女はこうやって自分の記憶があまり正確でも信用できるものでもないようだと気づいたとき、 それまでよりも余計に自分がふわふわしたところにいる感覚が強くなってしまった。 小さいころから自分が …

noimage

2020/03/17

意味

noimage

2020/01/31

メロディの輪郭

noimage

2020/01/29

真くろの向こう

記事内の彼女の絵や写真。
2020年9月
« 3月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
This error message is only visible to WordPress admins

Error: No connected account.

Please go to the Instagram Feed settings page to connect an account.

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ