彼女の話

彼女の家計簿

投稿日:2020年1月3日 更新日:


彼女は長いこと家計簿をつけている。
エクセルで自分仕様に作成した。
色んなソフトやアプリを使っても細かなことまで気になる彼女だ。
結局は自分で好きなように作ってしまうのが良い。




彼女の家計簿は終活にも見える。
彼女が持っている”金銭的”なものはそこにすべてある。




昨今人が死んでからの困りごとは
デジタル遺産を含む所有物の所在の有無から始まる。
持っているものの一覧は家計簿で、
それらにアクセスするIDは鍵のかかったエクセルで、
パスワードは紙でアナログに管理されている。
詳細は弁護士に頼む当てを作っている。




彼女は自分で作ったそれらを意識すると
自分はどうやら誰かに何かを伝えようとする意志が
自分にあるらしいことを感じる。





そして本当に伝えたいことはその微々たる財産のことだろうか。
それはきっとあるだろう。
もし自分に何かあったら、処分にかかる費用は分かるようにしておきたい。




それからきちんと、今きちんと…

-彼女の話

執筆者:

関連記事

noimage

子どもたち

彼女は子どもが結構好きだ。遊び場の見守りの手伝いに時々出かけている。子どもたちと接する時、彼女は相当無心にならざるを得ない。考えて仮面を被り、取り繕っている暇など彼らは与えてくれない。恐ろしいほどのエ …

noimage

何を使うか、何を選ぶか、何を口にするかしないか

彼女は洗った食器を並べた棚に見とれていた。彼女は鉄製じゃない限り濡れた食器や調理器具を丁寧に拭いたりしない。セラミック食器もガラス瓶もステンレス鍋も薄明かりの中で水滴がキラキラ輝いていた。プラスチック …

noimage

みんなと同じ彼女

彼女はときどき突っ走ってしまう。 そして突然傀儡が人の手を離れて首をうなだれるようにぱったりと動かなくなってしまう。 しなければいけないことがあるとき、したいことがあるとき、彼女はもう半分自分を捨てる …

知ること

知ること

彼女はいつも何かを考えている。 「考える」とは一見思慮深く大切なことのように思えるがなにごともやりすぎはよくない。 彼女は考えることを止めることができない。 ひとは脳で「考える」。 「考える」と感情が …

noimage

彼女が人を殺した朝

彼女はひどく青白い顔をして落ち着かない様子で言った。 「人を殺した」 僕は何をバカなことを、と一蹴しかけたのだが、 彼女のあまりにおびえた様子に少し動揺してしまった。 とにかく 彼女は人を殺したと言っ …

noimage

2020/03/17

意味

noimage

2020/01/31

メロディの輪郭

noimage

2020/01/29

真くろの向こう

記事内の彼女の絵や写真。
2020年9月
« 3月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
This error message is only visible to WordPress admins

Error: No connected account.

Please go to the Instagram Feed settings page to connect an account.

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ