彼女の話

彼女と冬のあたたかみ

投稿日:


ぶぅぅぅぅ‥‥‥‥ん




冬の夜、眠りにつく頃
どこからともなく聞こえてくるエアコンの室外機が生む軽い低音。
彼女の城のご近所で誰かが暖房をきかせている。
彼女はその音がいつだって好きだ。
疲れていても苦しくても穏やかでいてもいつだって。




夜中3時
ふと目を覚ましてカーテンを開ける。
遠くに見える川向こうのマンションのいくつかに明かりが灯っている。




朝方5時半
電車の通り過ぎる音が遠くできこえる。
風向きによっては車掌の声が僅かに空気に乗って夢の中のように響く。
まだ世界は暗い。




それでもそれらはいつもあたたかい。
彼女は冷たい水に沈んでなお呼吸ができる絶大な安心感を覚える。




そこに誰かがいる。
自分は彼らと同じ冷たい空気の昏い世界にいる。




そこにいるのはじぶんだけではない。




強烈な孤独を見て見ぬふりをする彼女が
そんな自分をひどく意識する時間。




誰かを乾いてあたたかな風で包む機械音。
誰かが活動する明かり。
誰かのために動く電車と誰かの声。
確認しては安心して眠りにつき、
冷たい夜にぬくもった布団を抜け出してでも
目にも耳にもしてもおきたい冬のあたたかみ。

-彼女の話

執筆者:

関連記事

表面下の世界

表面下の世界

「表面の世界でも生きていける。 そしてそれはそんなに悪くない。」 自分は一体何を表現すればいいのだろう。 文字を綴れば、黒鉛を重ねれば、世界をつなげれば、 それらを続けて行けばどこかに直角が訪れるのだ …

noimage

結婚

彼女は結婚していない。 する予定もないし、する相手もいないし、するつもりもない。 結婚とは不思議なものだよなぁと彼女は思う。 たった一枚の紙切れに辿り着くまでに、 喜怒哀楽どころか希望とか目標とか不安 …

noimage

彼女の年賀状

世の中はクリスマスが迫り、年の瀬が近づき、なんとなく気ぜわしい時節だ。 彼女にはクリスマス一緒に過ごす人もいないし、正月に帰る家もないので この時期も格別予定を考えたりすることもなく、毎年いつもの日々 …

noimage

生活

生活。生活用品。生活費。生活音。生活保護。‥‥生活というだけで候補ワードがズラズラでてくる。生活ってなんだろう。生活という言葉がよく彼女の頭をよぎるようになった。生活、生活、生活…格別意識しているわけ …

noimage

終わりどころ

彼女は点を描いているとき、一体どこで終わればいいのか毎回分からなくなる。 これでこの紙に打つ点は終わり、、、かなぁ?と。 ここにもそこにもまだ打とうと思えば打てるのだけど、あと一点だけ打ってもう手をつ …

noimage

2020/03/17

意味

noimage

2020/01/31

メロディの輪郭

noimage

2020/01/29

真くろの向こう

記事内の彼女の絵や写真。
2020年9月
« 3月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
This error message is only visible to WordPress admins

Error: No connected account.

Please go to the Instagram Feed settings page to connect an account.

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ