noimage

意味

2020/03/17   -彼女の話

3月。彼女はまた一つ齢を重ねる。ここ数年の彼女は、誕生日をまたいだ数日間仕事を休むことにしている。何をする、というわけでもないのだが、小さな旅行に行くこともあれば、山に登ることもある。誕生日をまたいで …

noimage

メロディの輪郭

2020/01/31   -彼女の話

涼しくなってきて、彼女は職場への道を再び歩くようになった。 イヤフォンを使うことが少なくなった。 空想の宇宙から離れて目の中に入ってくるものを見ている。 うつむいた先に安物の革のぺたんこ靴、顎を上げる …

noimage

真くろの向こう

2020/01/29   -彼女の話

人の心がきこえたり、人に心を読まれてしまう。そんなことをテーマにした作品は多い。そんなことあるわけないと思いながら、いつもあなたのそばにいる人が、そうかもしれない。彼女は人を蔑む。人を見下し、マウンテ …

noimage

絶対に落としてはいけなかったきのこ

2020/01/28   -彼女の話

最近彼女は毎日そわそわイライラしている。落ち着かない。心がもぞもぞする。昔マッシュルーム農場で働いていた女の子のことを思い出した。その日女の子は箱いっぱいに詰まった摘みたてのマッシュルームを一箱全部ぶ …

noimage

眠れていない日々

2020/01/27   -彼女の話

彼女は斜めに映った自分の顔を鏡で見ながら「齢をとったんだなぁ」と考えていた。齢をとった、というよりも齢を経た、という自分の顔が最近はそんなに嫌ではなくなった。なんという人だったか、早く齢をとりたいと言 …

noimage

自分は間違ってない

2020/01/25   -彼女の話

”俺は悪くない””私は何も間違ってない””だってこれが正しいでしょう、正しかったでしょう?”身勝手で主観的で利己的に一見見えるこんな言葉は自身への誇りと自信にあふれている。間違えていたとしても、そして …

noimage

何を使うか、何を選ぶか、何を口にするかしないか

2020/01/23   -彼女の話

彼女は洗った食器を並べた棚に見とれていた。彼女は鉄製じゃない限り濡れた食器や調理器具を丁寧に拭いたりしない。セラミック食器もガラス瓶もステンレス鍋も薄明かりの中で水滴がキラキラ輝いていた。プラスチック …

noimage

安心のための食いしばり

2020/01/22   -彼女の話

彼女の城は彼女にとって大体は心地のいい場所であることは間違いないが、僕はそこで落ち着かない。冬の彼女の大事なパートナーコタツはテレビの正面に配置されている。映画をみるときの彼女の定位置だ。ただしコタツ …

noimage

ベスト

2020/01/21   -彼女の話

職場からの帰り道、彼女はよくその日のことを省みる。そして自然と”ベストではなかったこと”を探す。どうしてそれがベストだと思えないのか。モヤモヤしながらその理由を考えようとする。理由が思いつかないと自分 …

特別でなければならない彼女と何もない自分

特別でなければならない彼女と何もない自分

2020/01/20   -彼女の話

この日彼女はシャルドネを飲んでいた。普段ならほとんど飲まない。彼女は白ならピノグリが好きだからだ。良く冷えたシャルドネは思いのほかおいしかった。彼女は突然ひどく安堵した自分にきづいた。それは一日を終え …

noimage

彼女の先延ばし癖

2020/01/18   -彼女の話

彼女の先延ばし癖は彼女自身も困ったものだと思っている。彼女の場合それは典型的な完璧主義からくる要因も大きい。完璧にできそうになければ、また今度、となったのが、どんどん積もり積もって本人が一番ウンザリし …

noimage

子どもたち

2020/01/17   -彼女の話

彼女は子どもが結構好きだ。遊び場の見守りの手伝いに時々出かけている。子どもたちと接する時、彼女は相当無心にならざるを得ない。考えて仮面を被り、取り繕っている暇など彼らは与えてくれない。恐ろしいほどのエ …

noimage

非日常

2020/01/16   -彼女の話

彼女は橋の下に立っていた。浩然と流れる川を見下ろしながら、コンクリートの巨大な人工物に包まれ抱え込まれているような安心感。橋の下はいつでも日常の中の非日常だ。そこにはお決まりのストリートアートが散らば …

noimage

(no title5)

2020/01/14   -彼女の話

そういうわけで彼女は以前ほど酒を飲まなくなった。確かにアルコールは血糖値に響く。酒は糖分豊富だからと思いがちだが、アルコールを分解するのに必死の間、肝臓はブトウ等を十分に供給できない。数回にわたって低 …

noimage

彼女の乏しい注意力

2020/01/13   -彼女の話

彼女を見ていると、ほと集中力がまったくないのがよくわかる。いや、集中力がない、というよりは気が激しく分散していると言った方が正しい。同じことだろうと思われるかもしれないが、例えば本を読む、映画をみる、 …

記事内の彼女の絵や写真。
2020年10月
« 3月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
This error message is only visible to WordPress admins

Error: No connected account.

Please go to the Instagram Feed settings page to connect an account.

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ