noimage

・線アフォーダンス

2017/10/19   -彼女の話

腱鞘炎が未だ治まらず点をあまり打たなくなった彼女は以前より線を多く引くようになった。 線を描いているときの彼女はすごく伸び伸びしているように見える。 なんというかもう少し大きなスケッチブックに描いたら …

noimage

暖房便座と彼女の熱量

2017/10/12   -彼女の話

彼女はフローリングの床の上に文字通り転がっていた。 「真冬の立体駐車場のコンクリートの上に転がっているみたいだ」と呟いた。 「今日はすごく寒いね」 真夏ほどではないにしても外気温はまだ30度近くある。 …

noimage

(no title3)

2017/10/06   -彼女の話

「おいてく気持ちもおいてかれる気持ちもしってるよ。 そこからはじまったものもそこからつづいてったものも、あったよね。 確実にいえるただひとつのことは、それが今もそこにあるってこと。 それはとてもせつな …

春バテでも大丈夫

認知行動療法

2017/09/29   -HSPとその他の話

認知行動療法は簡単に言えば行動から認知を変える心理療法のひとつだ。 人は脳の指示によって行動していると考えがちだが、行動から脳への影響力は多大だ。 行動を変えれば脳が変わる。 「評価」が変わるとも言う …

noimage

彼女と鉛筆

2017/09/24   -彼女の話

彼女は鉛筆がめちゃくちゃ好きだ。 それから鉛筆をカッターで削るのが更に好きだ。 彼女は鉛筆のあの柔らかさが好きだ。 いわゆるシャーペンは紙を傷つけながらかいている感があるのだという。 かいたあとに紙を …

noimage

抗えないもの

2017/09/21   -彼女の話

彼女は自分の体の異変を認めざるを得なくなってきた。 頭痛に悩まされているのは以前からだが、それ以上におかしいのだと呟いた。 少し不安気だった。 朝目が覚めたとき、脳がとけてスライムになったようにドロリ …

noimage

知覚過敏

2017/09/16   -彼女の話

彼女は再び知覚過敏に悩まされている。 知覚過敏というのは、何らかの原因で歯の表面のエナメル質が剥がれ落ち 象牙質がむき出しになることで、神経に刺激が伝わりやすくなり痛みとなってしまう症状だ。 予防歯科 …

2001.9.11のあの夜

2001.9.11のあの夜

2017/09/11   -彼女の話

あの9.11から16年も経った。 彼女はあの夜のことを16回も思い出しているということだ。 その頃彼女はMD/CDラジカセを愛用していた。 使うのはもっぱらMDやCDでラジオの電源を入れることはほとん …

noimage

彼女とHSSと著作権と僕4

2017/09/09   -彼女の話

ちなみにアメリカへお伺いをたてていた件だが、 もちろん返事はノーだった。 ドクターアーロンは出版社との契約によって厳しく制限を受けていて 文献からもウェブサイトからも引用は許可できない。 ドクターのア …

noimage

彼女とHSSと著作権と僕3

2017/09/08   -彼女の話

こういう時僕はすごく思う。 少し知識のある人がこれまでの彼女の話を読んだならおそらく見当がついているだろう。 そう、おそらく彼女はHSSだ。 海外でフラフラ数年暮らし、 7、8時間のトレッキングもひと …

noimage

飲み込んだ空気の行きついた先は

2017/09/02   -彼女の話

その先は呑気症だった。 最近急に涼しくなって人々が生き生きしている。 ある朝彼女は目を覚まし起き上がってテラスのドアを開けた。 瞬間ぶわぁっとあの懐かしいひんやりと乾いた空気が彼女を一気に包み込んだ。 …

noimage

彼女とHSSと著作権と僕2

2017/08/29   -彼女の話

彼女はクソがつくほど真面目で正義感が強くルールや秩序を重んじる。 正しくあろうと誰よりも目指しながら、でも人は正しいばかりではいられないと苦しむ。 今回の件について彼女は少しも悪くない。 僕は”HSP …

noimage

彼女とHSSと著作権と僕

2017/08/27   -彼女の話

最近まで僕は”彼女のHSPあるある”というページを設置していた。 彼女のことをメインにつづるこのブログの中で唯一他のHSPに向けたページだった。 何か彼女に共感しやすい接点を他のHSP達が見つけやすい …

なんという赤!

なんという赤!

2017/08/24   -彼女の話

無理して笑ってるでしょ 男は目の前にいたのだが、彼女は こいつ後ろから私を見ている、と悟った。 私のななめ後ろにいて、仮面と顔の境目にできた影を見てる、と思った。 はっと気づいた時、男はさらに畳みかけ …

彼女が大切に大切にこれ以上崩れてしまわないよう手の中に柔らかく包んだ美しいもの

彼女が大切に大切にこれ以上崩れてしまわないよう手の中に柔らかく包んだ美しいもの

2017/08/23   -彼女の話

誰か、助けてほしい。 彼女は分かっている。 自分は誰かに甘えようとしている。 彼女は分かっている。 本当は誰も助けてなどくれない。 だから余計に願ってしまう。 誰か、助けてほしい。   (追 …

記事内の彼女の絵や写真。
2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ