HSPとその他の話

ことば

投稿日:2016年12月16日 更新日:

HSP-The Highly Sensitive Personとは

よく「とても敏感な人」と訳されることが多いようだ。

highly は「高度に」とか「非常に」とか「大いに」といった意味があるし、

sensitive は「敏感な」「感度の良い」とかいう意味があるから、

この訳はなるほど、その通りだ。

 

おもしろいのはこの sensitive で、

「敏感な」という意味のほかに、

「神経過敏な」「傷つきやすい」「機密」「傷などが痛む」といった意味もあってとても興味深い。

また「よく気がつく」とか「影響を受けやすい」という意味もある。

日本語ならこのように5個も6個もダラダラとその意味を連ねなければならないが

sensitive と言ってしまえばその一言で驚くほどHSPの特性がもうそのまま表わせてしまうのである。

そして逆に言えばこれこそが日本語の「繊細な」ところであるともいえる。

 

敏感な、という訳語ひとつとってみてもこんな風に知らないことはたくさんある。

それなのにイメージばかり先行してしまって自分の思い込んだ意味のまま

その言葉を理解したつもりになっているのが常だ。

これは自分が普段使っているどの言葉にもいえること。

(だから僕らは間違いを犯すし、誤解を生む。)

 

言葉の解釈というのはとても難しい。

僕はこの投稿を書きながらもこんなことについて書いたり考えたりするのは面倒だし大変だし、

やっぱりやめようか、書きたいことだけを書こうか、未だに迷っている。

 

でも別に完璧な言葉の定義なんて誰にもできないのだし、

僕は僕で断片的にでもいいから気になる言葉について考えていったらいいんじゃないかという気もする。

そういうわけで僕にとっての「その言葉」はなんだろう?と

そんなことも時々考えてみようと思っている。

 

 

 

【参考文献:広辞苑第五版/岩波書店、ジーニアス英和辞典第3版/大修館書店】

 

-HSPとその他の話

執筆者:

関連記事

彼の生まれた意味

彼の生まれてきた意味

彼の話には続きがある。 いや、続きというよりもプロローグというべきか。 別にHSPじゃなくたって、 僕らもふと「一体自分は何のために生まれてきたのか」と漠然と思う時はある。 ぜんそくで死んだ彼は生きて …

春バテでも大丈夫

春バテでも大丈夫

春だ。 暖かくなって嬉しい限りだが、春はそういいことばかりでもない。 花粉症の人も多いし、みんな色々と出費がかさむ時期でもある。 知らない人に会ったり、はじめての場所に行くことも多いし、 HSPにとっ …

スキン・ピッキング/Living

スキン・ピッキング/Living

彼女のスキン・ピッキングが始まったのは幼少期である。 彼女は保育園のお昼寝で使う布団の端から端まで血のドットを並べた。 血は皮をむしった彼女の唇からあふれ出たものだった。 こんなことをしたらおかしく思 …

棚

僕は図書館にいた。 何とはなしに見上げた棚は医学・心理学・超能力や哲学関係がなどが雑多に並べられていた。 小さな図書館ではよくこういった、とりあえず”あなたの心身に関することの棚です”といったような一 …

noimage

必然想起

ただだらりんと生活していてもふと必然に気づくことがある。 その度に僕らは意味のないことなんてないのかもと気付いたりする。 彼女には時折ぽん、と突拍子もなく思い出される記憶とか感覚とかいうものがあって、 …

表面下の世界

2019/01/16

表面下の世界

渇き

2019/01/07

渇き

秋晴れ

2018/11/24

秋晴れ

記事内の彼女の絵や写真。
2019年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ