彼女の話

それ以来の戸惑いと逡巡と躊躇の葛藤のゆらゆら

投稿日:

それ以来、彼女は自分の中に葛藤が生まれたことに気付いた。

そもそもトラブルが起こりうるような人間関係(親密になるなど)を作らないのが彼女だ。
これまでの彼女は万が一誰か何かとトラブルが起これば、
その問題は放ったらかしにするか、もうみんながすべてがそこで切れて終わりだ。
今回もそんな風に終わるかと思われた。


彼女は未だこの男と不適切な関係を続けている。
なぜ切れずに終わらないでいるのか。
この男を愛しているとかそういうことではないことは確認済みだ。
この男に何かを求めているわけでもない。


彼女の中には今ふたつの願望が葛藤しているのだ。
一つはこれまで通りすべてを終わらせてまた静かな自分だけの世界に戻りたい、という願望と。
そしてもう一つは、自分が何かを失くしてでも傷ついても誰かとつながっていたい、という願望と。
いやこの二つは願望というより欲望に近い。
ひとが誰でもみんな自然と持っている生きていくための欲望だ。

彼女は戸惑い、逡巡と躊躇を繰り返してこのふたつの心の間でゆらゆらしている。
今までにない欲望に、いやあったのだが気づかないようにしていたその感情が沸き上がった。
彼女は誰かと繋がっているとあたたかいということや安心するということを知った。


何か傷つくようなことが起こる前に元の世界に戻るか、
これをきっかけにもっとたくさんの「ぬくぬくしたもの」を探しに行こうか、
彼女はゆらゆらしながら下を向いて自分の足元を見ている。



それ以来の戸惑いと逡巡と躊躇の葛藤のゆらゆら

-彼女の話

執筆者:

関連記事

純音の朝

純音の朝

いつまでこんな夜を いつまでこんな朝を 一体いつまで、続けるのだろう。 どうしてこうなってしまったんだろう。 どうしてこんなにもひとりになってしまったんだろう。 毎朝聴くあの無機質な音。 彼女自身が作 …

noimage

彼女と陰口

職場というのは時に陰口の宝庫となりうる。 彼女の職場も残念ながら例外ではない。 彼女は陰口というのは色んな人の分かりやすい価値観の集まりであるな、とつくづく思う。 「それは本当におもしろくて、いいかげ …

ヘドロの中で

ヘドロの中で

「ヘドロの中で生殺しにされている気分だ」 僕はこの日、点滴にするか牛乳プリンにするかで悩んでいた。 点滴は今の彼女を直接的に物理的に助けることを明らかだった。 ただし僕の記憶では彼女は牛乳プリンが実は …

noimage

彼女のカトラリー

彼女のカトラリーはほとんどが木製だ。 ステンレスなど金属のものは調理用に使うことはあっても口はつけない。 いつの頃からそうなったのかは分からないが、木のカトラリーを使いだして久しい。 子供のころから彼 …

noimage

コラージュ惹起

コラージュとはチラシとか雑誌とか新聞とかの切り抜きや、 麻布とか糸とか針金とかを紙やキャンパスに貼り付けられてできる作品たちのことだ。 誰でも一回くらいはみたことがあると思うのだが、 自分の好きなもの …

記事内の彼女の絵や写真。
2019年9月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ