彼女の話

それ以来の戸惑いと逡巡と躊躇の葛藤のゆらゆら

投稿日:

それ以来、彼女は自分の中に葛藤が生まれたことに気付いた。

そもそもトラブルが起こりうるような人間関係(親密になるなど)を作らないのが彼女だ。
これまでの彼女は万が一誰か何かとトラブルが起これば、
その問題は放ったらかしにするか、もうみんながすべてがそこで切れて終わりだ。
今回もそんな風に終わるかと思われた。


彼女は未だこの男と不適切な関係を続けている。
なぜ切れずに終わらないでいるのか。
この男を愛しているとかそういうことではないことは確認済みだ。
この男に何かを求めているわけでもない。


彼女の中には今ふたつの願望が葛藤しているのだ。
一つはこれまで通りすべてを終わらせてまた静かな自分だけの世界に戻りたい、という願望と。
そしてもう一つは、自分が何かを失くしてでも傷ついても誰かとつながっていたい、という願望と。
いやこの二つは願望というより欲望に近い。
ひとが誰でもみんな自然と持っている生きていくための欲望だ。

彼女は戸惑い、逡巡と躊躇を繰り返してこのふたつの心の間でゆらゆらしている。
今までにない欲望に、いやあったのだが気づかないようにしていたその感情が沸き上がった。
彼女は誰かと繋がっているとあたたかいということや安心するということを知った。


何か傷つくようなことが起こる前に元の世界に戻るか、
これをきっかけにもっとたくさんの「ぬくぬくしたもの」を探しに行こうか、
彼女はゆらゆらしながら下を向いて自分の足元を見ている。



それ以来の戸惑いと逡巡と躊躇の葛藤のゆらゆら

-彼女の話

執筆者:

関連記事

noimage

彼女とHSSと著作権と僕2

彼女はクソがつくほど真面目で正義感が強くルールや秩序を重んじる。 正しくあろうと誰よりも目指しながら、でも人は正しいばかりではいられないと苦しむ。 今回の件について彼女は少しも悪くない。 僕は”HSP …

哲学の現代的意味

哲学の現代的意味

彼女は久しぶりに『ソフィーの世界』を開いていた。 読むでもなく、読まないでもなく、ページをパラパラめくっていた。 忘れかけていた疑問がいくつも蘇る。 そして思う。 「だれかわたしをわたしだと認めてはく …

noimage

”HSPは恋に落ちやすい” この”恋”は本当に恋だろうか。 彼女が恋をしているかもしれない。 しかもガチでリアルかもしれない。 もしそうなら、かなりしばらくぶりだ。 彼女の恋愛 …

noimage

暖房便座と彼女の熱量

彼女はフローリングの床の上に文字通り転がっていた。 「真冬の立体駐車場のコンクリートの上に転がっているみたいだ」と呟いた。 「今日はすごく寒いね」 真夏ほどではないにしても外気温はまだ30度近くある。 …

彼女とテレビ

彼女とテレビ

彼女はほとんどテレビを観ない。 唯一続けて毎週観ているのはイッテQで、出演者はみんな好きだが、 特に「イモトとオカリナと出川(親しみ込めて敬称略)」がとても好きだ。   ときどき気になるドラ …

優しい時間

2018/10/19

優しい時間

noimage

2018/09/18

アンビバレンス3

棚

2018/08/29

記事内の彼女の絵や写真。
2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ