彼女の話

優しい時間

投稿日:

彼女はここひと月ほどとっても長い夢を毎晩みている。

朝意識が起きると、何か6時間ほどの長い長い映画をみたような
それでいて自分が異世界にいたかのような見事な浮遊感をもって目を覚ます。

目覚めたときの気分は夢の内容によるようだ。
脳は眠りながら夢の中で一晩中闘っていたかのような疲労感をおぼえる時もあれば
何事かを成し遂げたあとのような達成感でもって揚揚と上半身を起こす朝もある。

そんな毎朝を不思議に思いながら、つい数日前彼女がいた夢の世界は特に印象深かった。

彼女はその夢に「優しい時間」と名付けていた。

殺す、死ぬ、傷つける、消える。
夢見る毎晩の多くにそんな出来事が重なる中、
「優しい時間」にはただ時が易しい穏やかな時間があっただけなのだという。


そこには彼女の気に入った人がひとりいて、
彼女たちを訪ねてくる様々な年代の子供たちがいた。

時刻はおぼろな夕暮れ時かふんわりとした朝方のイメージだろうか。

時には子供らの母親もいたりして彼女に話をしてくれた。

その内の一組の親子はいつも大きなガラスボウルを持っていた。
そのガラスボウルの口は小さく上にフタがかぶせてあった。

”この子はこの鯉を自分から50cm以上離そうとしないんですよ。”

そういって困ったような苦笑を浮かべた母親はフタを外して中の生き物を見せてくれた。

(「鯉・・・?」)

彼女にはそれはどうも金魚のように見えた。
頭部から腹部にかけて特にエラ辺りがふっくらとし、ひらひらの尾びれまで悠々と赤く金色だった。

彼女はこれは金魚のような気もしたが、その大きさは確かに鯉のようであったし、
何よりこの親子はこれを鯉と呼んでいるのだからこれは鯉なのだろうと思った。
その「鯉」はガラスボウルの中でひどく窮屈に収まっていた。
泳ぐことは叶わないように見えた。

彼女はこのガラスボウルを半径50cmから離さないという子供を
その子の母親といっしょに横に腰を下ろして眺めた。
子供は土の庭で遊んでいた。

夢の中でその子供は男の子とも女の子とも判別がつかなかった。
ただこの巨大な鯉と、それを生かす水と、ガラスボウルと、そして目の前の子供と。
それらを移動させるこの母親に同情した。

「大変ですね」

彼女は大変だな、と思ったので「大変ですね」と思わずそのまま口にした。

”もう大変ですよ。おもいし。”

母親はそう言って笑った。

”重いし”と言ったのか”思いし”と言ったのか彼女は少し困惑したが
母親は少し疲れているようにも見えた。



その家には他にも高校生くらいの子たちもいたし
もっと小さな人たちもいた。

彼彼女らのどれもがその場所を一時的なよりどころにしているらしかった。


彼女はふと自分もそうなのであろうと気づいた。


彼女が気に入ったその人を、他の誰もが慕っているのだろうと気づいた。


長い長い夢の中でその人の声だけを彼女は聴くことができなかった。




優しい時間








-彼女の話

執筆者:

関連記事

だれかのことを思うとき

だれかのことを思うとき

今朝彼女の家には佐川急便やら郵便やらが入れ替わりたち替わりやってきて 大中小の箱をそれぞれ置いていった。 12月25日の朝、誰かから彼女へのクリスマスプレゼントだ。 彼女はみんなきちんとパーフェクトな …

noimage

「どうか 受け入れてほしい。 私がドアを開けたら 何も正さず 何も壊さず ただ ときどきでいいから 抱きしめてほしい。 」 関連

noimage

暖房便座と彼女の熱量

彼女はフローリングの床の上に文字通り転がっていた。 「真冬の立体駐車場のコンクリートの上に転がっているみたいだ」と呟いた。 「今日はすごく寒いね」 真夏ほどではないにしても外気温はまだ30度近くある。 …

noimage

(no title2)

彼女は最近ひどく不安定だ。 ゆらゆらしているのに、口は貝のようにしっかりと固く閉ざされている。 誰にでも憂鬱になるときはある。 僕はただ待つしかない。 関連

彼女に触れるもの

彼女に触れるもの

彼女はピッタリ肌にはりつくような服は嫌いだ。 窮屈で身に着けたがらない。 ダボっとしたのやふわふわした服をよく来ている。 ワンピースは好きだ。 もちろんチクチクする化学繊維のニットやマフラーなんかもよ …

怒りと光り

2019/07/07

怒りと光り

noimage

2019/06/26

吐き出される夢

noimage

2019/06/23

6月

記事内の彼女の絵や写真。
2019年7月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ