彼女の話

海底の木箱

投稿日:2017年3月18日 更新日:

彼女の海底には木箱が沈んでいる。
木箱は古い鉄の錠がついていて、鎖が巻かれている。
これは彼女が以前に医者に言われて沈めたものだ。


木箱の様子はときどき変わる。
太陽の光が差し込んでゆらゆらと明るく見えることもあるし、
水草が周りにたくさん茂っているときもある。
船から石油が漏れ出したときのように、真っ黒になった水の中でその姿がやっと確認できるという時もある。

ときどき、木箱からロープが海上へと繋がっているときもあるが、
これは海上から降ろされたものか、木箱から浮かんでいった物かはわからない。


彼女は時折意識的にこの木箱の様子を確認する。
どんなとき、ということもないがただ見に行く。
ただある、ということを確認するだけで、そこには目立った情動は見られない。

-彼女の話

執筆者:

関連記事

彼女が死ぬとき

彼女が死ぬとき

彼女は願っている。 自分が死ぬとき それは誰かが生き延びるとき。 彼女は死をとても恐れている。 死ぬときのことを思うと怖くて怖くてたまらない。 死ななければならないのに、どうして生まれてきてしまったの …

noimage

ダウンタイム

彼女には最近生活の変化があって、あまり仕事をしていない。 もちろん収入は減るが彼女はときどき食べるために働くことをやめて 心や体をリセットでもさせるようにダウンタイムを人生の端々で設けている。 出勤し …

noimage

破れ仮面

彼女はそんなに簡単に仮面をつけることはできない。 自分の城、という自分だけの個室の空間にいていきなり”自分”以外にはなれないのである。 彼女がLINEを使わず、電話番号もごく一部の人にしか知らせないの …

たくさんの小さなうれしいこと

たくさんの小さなうれしいこと

朝、静かに降る雨のおかげで 彼女はとても落ち着いた気持ちで目を覚ますことができた。 外出先のお店で、この間まで体調不良を訴えていた店員さんが 病院で薬をもらってすっかり元気になっていた。 家に帰ったと …

ヘドロの中で

ヘドロの中で

「ヘドロの中で生殺しにされている気分だ」 僕はこの日、点滴にするか牛乳プリンにするかで悩んでいた。 点滴は今の彼女を直接的に物理的に助けることを明らかだった。 ただし僕の記憶では彼女は牛乳プリンが実は …

記事内の彼女の絵や写真。
2019年5月
« 1月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ