彼女の話

海底の木箱

投稿日:2017年3月18日 更新日:

彼女の海底には木箱が沈んでいる。
木箱は古い鉄の錠がついていて、鎖が巻かれている。
これは彼女が以前に医者に言われて沈めたものだ。


木箱の様子はときどき変わる。
太陽の光が差し込んでゆらゆらと明るく見えることもあるし、
水草が周りにたくさん茂っているときもある。
船から石油が漏れ出したときのように、真っ黒になった水の中でその姿がやっと確認できるという時もある。

ときどき、木箱からロープが海上へと繋がっているときもあるが、
これは海上から降ろされたものか、木箱から浮かんでいった物かはわからない。


彼女は時折意識的にこの木箱の様子を確認する。
どんなとき、ということもないがただ見に行く。
ただある、ということを確認するだけで、そこには目立った情動は見られない。

-彼女の話

執筆者:

関連記事

哲学の現代的意味

哲学の現代的意味

彼女は久しぶりに『ソフィーの世界』を開いていた。 読むでもなく、読まないでもなく、ページをパラパラめくっていた。 忘れかけていた疑問がいくつも蘇る。 そして思う。 「だれかわたしをわたしだと認めてはく …

恋判定

判定

その人について考えが止まらない間、他のことが完全に飛んでしまう。 そしてそれは彼女が彼女であるという自信を喪失させ、 自分が自分ではなく、誰かに乗っ取られてしまったかのような不安が押し寄せてくる。 そ …

noimage

イニシャルドリーム2

彼女は訪れたこともない外国にいた。 見慣れない家の、親しみのない玄関で、 強引に押し入ってこようとする数人の異邦人を何とか入れまいと ドアノブを握りしめていた。 彼らは全員男性だった。 いやだ、こわい …

白糸

白糸

ふと気付くと彼女の左手首に新しい傷があった。 熱したフライパンの淵があたり火傷したそうだ。 その火傷は細く長く茶色くなっていて、 今となっては白糸のようになった他の無数の傷跡たちを 否応なしに目立たせ …

noimage

”HSPは恋に落ちやすい” この”恋”は本当に恋だろうか。 彼女が恋をしているかもしれない。 しかもガチでリアルかもしれない。 もしそうなら、かなりしばらくぶりだ。 彼女の恋愛 …

記事内の彼女の絵や写真。
2019年8月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ