彼女の話

白糸

投稿日:2017年7月30日 更新日:

ふと気付くと彼女の左手首に新しい傷があった。
熱したフライパンの淵があたり火傷したそうだ。

その火傷は細く長く茶色くなっていて、
今となっては白糸のようになった他の無数の傷跡たちを
否応なしに目立たせている。


彼女はあの頃のことをよく覚えていない。
映画『エターナル・サンシャイン』のように、
誰かに頼んでその部分だけを切り取ってもらうよう頼んだような気もするし、
自分ではない誰かがやったことのように思ったときもあった。
今はそもそもそれは自分の記憶ではないような気もする。

でも確実らしいことは彼女は絶対に死にたいと思ったことなんてない、ということだ。


彼女はそのぼんやりとした記憶の切れ端に、
自分の左手首にたくさん浮かび上がった赤い線や滲んだ紅色の体液をみて
ああ、生きている、と思った。
そして安心できた。
生きている、と。

それはほとんど手当てされることはなかった。
毎度切りっぱなしの垂れっぱなしになっていた。
汚くみえたこともあったが、大抵は見ると心穏やかでいられたようだった。


彼女は今でも気持ちが荒むとなんとなく左手首を仰向ける。
反らしてみる。
何かの証であるかのように確認して、安堵する。

彼女は偶然に生まれた新しい傷をみて、少し複雑な気持ちになっている。
これはただのドジで生まれたものだが、
これも他の白糸たちと同じように延々消えずに残っていくんだろうか。
生きているという証とドジの証が同じ場所に共存するのは何かおかしい感じがする。
それとも自分はこの白糸たちを何か崇高なものに仕立てようとし続けてきたのだろうか。
ドジの証から血は流れなかった。


白糸の傷たちは、昔に比べて薄くなってきている。
昔はリストバンドなどして隠していたが、今はそんなものをつけている方が目立つので、
腕時計でカモフラージュしているといえばしている。
ただし女性ものの腕時計のベルトは細い。
見る人が見ればすぐに気づく。
火傷の茶色い傷のせいで今後気づく人が増えるかもしれない、と彼女は少し懸念している。

人は手首の傷を見れば死にたがりだと思うだろう。
彼女は言う。
「私は死にたいと思ったことなんてない」



白糸

-彼女の話

執筆者:

関連記事

今ここ

今ここ

彼女が引越しをした。 久しぶりに行ってみたら人がいない物件にかけられる例の水道局の袋がドアノブにひっかかっていた。 水滴に目とか鼻とか乗っけてある、よくあるあのイラストがゆらゆら風に揺さぶられていた。 …

noimage

彼女の城

彼女は家をとてもとても愛する。 仕事に行っても友達と会っても、出来るだけ早くこの場所に戻りたいといつも願っている。 ロフト付き1Kが彼女の縄張り、彼女の城。   彼女は最近DIYにハマってい …

noimage

沿線生活

彼女は昔お金がとてもなかったとき、 線路沿いの安いアパートに住んでいた。 すごく安かったけど、すごくうるさかった。 騒音や刺激に打たれ強い人だって線路沿いの部屋は安くても避ける。 だれだって静かな生活 …

noimage

彼女と飲み会

昨夜は彼女の職場の飲み会があった。   彼女はいつだってできるだけ早く自分の城に帰りたいと思っているし、 何より人と長い時間接しているのが苦手だ。 彼女は飲み会が好きじゃない。 しかも一日中 …

noimage

静けさと感情でいっぱいの場所

彼女はときどき美術館に行く。 行ったことのない遠くの美術館へも気になる展示があれば出かけていく。 美術館は大抵街の真ん中にあったりして、 駅の改札を抜け、雑踏を抜け、美術館の入り口を抜けると突然ロビー …

記事内の彼女の絵や写真。
2019年9月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ