彼女の話

なんという赤!

投稿日:

無理して笑ってるでしょ


男は目の前にいたのだが、彼女は
こいつ後ろから私を見ている、と悟った。
私のななめ後ろにいて、仮面と顔の境目にできた影を見てる、と思った。


はっと気づいた時、男はさらに畳みかけるように言った。

少しは自分のことも話して、仲良くしないと浮くよ


そう言われた瞬間、恥ずかしさと怒りと罪悪感で身体中の体液という体液が一気に沸点まで達しそれらが目から噴き零れ始めほとばしって男の顔や肩に飛び散るのを見た気がした。


「   ・・・    ・   」

吐き出そうとした言葉は彼女の腫れた甲状腺でつっかかった。


なんて粗雑で乱暴なんだろう。こいつは自分が一体何を言っているのかわかっているのか。
彼女は怒りで我を忘れそうになった。

体液のほとんどは血となって視界を覆った。目の前は真っ赤だった。身体中のすべての血が眼球の周りに集まったおかげで脳はガス欠でプスプス声を上げていた。心臓も苦しい、いきができない。

逢魔が時のような、なんという赤!あつい目がすごくあつい!



そうやって燃えてしまった彼女はあの日の枯葉みたいになったのだ。




なんという赤!

-彼女の話

執筆者:

関連記事

noimage

探しもの

彼女の同僚の財布が消えた。 帰宅後連絡を受けた彼女は探すのを手伝いに職場に戻った。 見つからなかったらいけないので、失くした彼のために急場しのぎの数万円を財布に入れた。 まずはみんながパニクっているの …

noimage

イニシャルドリーム2

彼女は訪れたこともない外国にいた。 見慣れない家の、親しみのない玄関で、 強引に押し入ってこようとする数人の異邦人を何とか入れまいと ドアノブを握りしめていた。 彼らは全員男性だった。 いやだ、こわい …

だれかのことを思うとき

だれかのことを思うとき

今朝彼女の家には佐川急便やら郵便やらが入れ替わりたち替わりやってきて 大中小の箱をそれぞれ置いていった。 12月25日の朝、誰かから彼女へのクリスマスプレゼントだ。 彼女はみんなきちんとパーフェクトな …

彼女のカメラ

彼女のカメラ

彼女はときどき写真を撮るが、そのカメラがハッキリ言ってくそだ。 学生時代彼女はコニカミノルタのものすごく古い一眼レフカメラを使って撮っていた。 その頃はもうデジカメもあったが、彼女はわざわざ白黒フィル …

noimage

好きなことを憂違う

彼女は絵を描くのが好きだ。 本を読むのも好きだ。 音楽を聴くのも好きだし、興味のあることを勉強するのも好きだ。 でもそれらのひとつも出来ない時がある。 彼女は人より少し疲れやすい。 一日中あらゆる刺激 …

記事内の彼女の絵や写真。
2019年9月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ