彼女の話

吐き出される夢

投稿日:

しばらく会わない間に彼女は大量の夢をみていた。

彼女は夜でも昼でも眠る前や、ただ風を感じようと目を閉じた瞬間に
前夜にみた夢をふと思い出すことが多い。
正確には夢を思い出すというよりは、夢の雰囲気や夢の中の感情だ。
ああ、明るかったな。とか、ああ、とても悲しかったな、とか。
それを皮切りにぼろぼろぼろぼろ言葉が吐き出されてはこぼれていく。

この間僕が彼女に接触できなかったことは非常に残念だが、
幸い彼女は異常なほどに夢の詳細をおぼえていた。
もしくはスマホの音声メモで記録していた。
ハッキリ言ってそれらは少し気味が悪いほどに生生しかったのである。


彼女にはいくつかの出会いや別れがあったようだった。
それらの小さく大きな波線が見せた夢の意思とはなんだろう。

ショパンの別れの曲は「別れの曲なのにどこかいつも明るい」。
「だから好きだ」。



-彼女の話

執筆者:

関連記事

知ること

知ること

彼女はいつも何かを考えている。 「考える」とは一見思慮深く大切なことのように思えるがなにごともやりすぎはよくない。 彼女は考えることを止めることができない。 ひとは脳で「考える」。 「考える」と感情が …

noimage

”HSPは恋に落ちやすい” この”恋”は本当に恋だろうか。 彼女が恋をしているかもしれない。 しかもガチでリアルかもしれない。 もしそうなら、かなりしばらくぶりだ。 彼女の恋愛 …

noimage

彼女の最大の矛盾2

彼女は、どんなに悪いことが起こったとしても最後は必ず良いほうに帰結していくのだから 基本的に人生は楽しいことしかない、と思っている。 彼女は、たとえば誰かがしあわせになれることで、 それと引き換えに自 …

noimage

彼女は何の音もない世界にいるのが好きだ。 城の中は空気も動かないような静けさが横たわっている。 そんな時彼女は「ああ、なんて静かなんだろう」とその静謐に耳を傾ける。 嫌いな音が多い。 改造車やバイクの …

noimage

いちねんせいのかのじょ3

小学校に入学してからというもの、 一年生にお決まりの黄色い帽子を彼女はいつも引き出しの中にしまっていた。 おかげで彼女は毎日毎日毎日黄色い帽子をかぶり忘れ、 結局数回しか被らず、きれいなままでその帽子 …

PREV
6月
NEXT
怒りと光り
記事内の彼女の絵や写真。
2019年9月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ