彼女の話

吐き出される夢

投稿日:

しばらく会わない間に彼女は大量の夢をみていた。

彼女は夜でも昼でも眠る前や、ただ風を感じようと目を閉じた瞬間に
前夜にみた夢をふと思い出すことが多い。
正確には夢を思い出すというよりは、夢の雰囲気や夢の中の感情だ。
ああ、明るかったな。とか、ああ、とても悲しかったな、とか。
それを皮切りにぼろぼろぼろぼろ言葉が吐き出されてはこぼれていく。

この間僕が彼女に接触できなかったことは非常に残念だが、
幸い彼女は異常なほどに夢の詳細をおぼえていた。
もしくはスマホの音声メモで記録していた。
ハッキリ言ってそれらは少し気味が悪いほどに生生しかったのである。


彼女にはいくつかの出会いや別れがあったようだった。
それらの小さく大きな波線が見せた夢の意思とはなんだろう。

ショパンの別れの曲は「別れの曲なのにどこかいつも明るい」。
「だから好きだ」。



-彼女の話

執筆者:

関連記事

noimage

彼女とモネ

彼女はモネに対して少し複雑な感情を抱いている。   美術館で著名な画家の絵や有名な作品を見ると彼女はいつも同じことを思う。 全部ニセモノかもな・・・   フランスから初来日した絵だ …

noimage

彼女はまだ

彼女はまだ自分の気質についてよく知らない。 彼女はまだ自分の気質についてはじめて書かれた本を一度も読み終えていない。   これまでに3回読もうとしたが、果たさなかった。   1回目 …

彼女が死ぬとき

彼女が死ぬとき

彼女は願っている。 自分が死ぬとき それは誰かが生き延びるとき。 彼女は死をとても恐れている。 死ぬときのことを思うと怖くて怖くてたまらない。 死ななければならないのに、どうして生まれてきてしまったの …

noimage

愛する自信・愛される自信

僕は待つつもりだったのだが、思いがけず彼女が口を開いた。 それは彼女がコラージュをしているときだった。 「私は頭がおかしいんじゃない。 愛する自信も愛される自信もないだけなのだ」 それはとてもネガティ …

noimage

彼女の正月

休みの前の彼女は完全に引きこもれるだけの食料と本とレンタルDVDなどを調達する。 ただし今回の連休はそれに加えて、きちんと年末の大掃除を済ませ、 年越しと新年の準備も欠かさなかった。 ひとりで新年を迎 …

PREV
6月
NEXT
怒りと光り
怒りと光り

2019/07/07

怒りと光り

noimage

2019/06/26

吐き出される夢

noimage

2019/06/23

6月

記事内の彼女の絵や写真。
2019年7月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ