彼女の話

彼女の時計

投稿日:2016年12月30日 更新日:

残念ながら先日電池を交換した彼女の腕時計の針は
再び散漫な仕事を繰り返すようになってしまった。

修理査定に出そうと考えた彼女はまず時計屋の少なさに驚いた。
文明の利器スマホを頼っても彼女の住む周辺には見つからない。
仕方なく自転車を20分ほど走らせて100年以上も続いているという時計店へ行ってみた。

彼女はよく思うのだが、古い時計店というのはなぜこうも煩雑でわくわくするのだろう。
ありとあらゆる平面上に所狭しとあらゆるものが置かれたり貼り付けられたりしている。

予想していたように店主は少し口下手のようで、
しかもついさっき口に放り込んだものを必死に隠そうとしながら話すので、
一体なんと話しかけられたのか分からなかった。
(さらに言えば彼は深い口髭を生やしていてモフモフ話す。)

彼女は電池は新品に替えたばかりであること、磁気抜きは済んでいることを伝えた。
店主はうんともすんとも言わず黙って時計を受け取った。

例によって彼の作業台は一体どこに彼女の腕時計を置くつもりなのかというほどに
小さなものや大きなもので溢れかえっていて、
彼は手の甲でそっとそれらを大切そうに押しやって10×20cmほどの
やっと彼女の時計と彼の両手が収まるほどの空間を作った。

その間彼女は出されたお茶を飲んだり(とても温かくておいしい)、
安っぽいものやバカ高いものが共存するガラスケースの中をただ眺めて過ごした。

彼女の腕時計は結果的に約5,000円の修理代を必要とする大病だった。
もともと99USDで購入したものだ。
(買った当時の彼女にとってはかなりの大枚をはたいたつもりだが。)
それを10年以上も使っていたのだから十分だと思えた。
何よりもこの時計は多くの外出時においてもう体の一部であり、
元気に戻ってきてもらわなければ気持ちが悪いのである。
彼女は部品の交換と修繕を依頼した。

原因は湿気だった。
手を洗った時などに少しずつ染み入っていった小さな小さな水滴が、
歯車や他の部品を滑らかに動かしてくれていた油をそぎ落としていき、
ついにはその時を止める結果となってしまった。
彼女は悔いた。
いつもそこにあった当たり前の存在が小さな水の滴にやられてしまうほどかよわいものだったとは。
今でも好きでたまらないと思っていたのに、いつのまにこんなにずさんな扱いをしていたのだろう。

こうやって人は何かを失くしていく。

今年彼女はこの腕時計と年を越すことはできないが、
直るときいてまた来年はずっとそばにいてくれるだろうことを思い、
ふんわりと幸せな思いがした。


彼女の時計

-彼女の話

執筆者:

関連記事

noimage

友人N

彼女を語るうえで絶対に外すことができない存在が彼女の友人Nである。 Nなくして今の彼女はいないのである。 Nは「一番親しく古い友人であり、姉であり妹であり、遠くにいても近いひと」である。 Nは彼女の人 …

2001.9.11のあの夜

2001.9.11のあの夜

あの9.11から16年も経った。 彼女はあの夜のことを16回も思い出しているということだ。 その頃彼女はMD/CDラジカセを愛用していた。 使うのはもっぱらMDやCDでラジオの電源を入れることはほとん …

noimage

距離

「なぜ自分のものさしだけで私との距離を測るのか」 「ズカズカ入ってこようとするな、理解しようとなんてするな」 「気を遣ったようなフリをして、私のことを分かったような物言いはやめろ」 距離がとりにくい人 …

noimage

彼女と箱の世界のフラクタル

彼女がはじめて自分の気質について知ったとき、 結果的にそうか、そういうところに入るんですね、ということで落ち着いた。 人は誰でも何かしら生きづらくなる何かをもっている。 それは自分の変えようのない体に …

noimage

彼女の最大の矛盾1

彼女は、たとえば誰かがしあわせになれることで、 それと引き換えに自分が生まれて来ないことになったとしてもそれでよかったのに、と思っている。 彼女は、どんなに悪いことが起こったとしても最後は必ず良いほう …

記事内の彼女の絵や写真。
2019年5月
« 1月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ