彼女の話

彼女の頭の中のいちばん外側

投稿日:

彼女はいつも自分は結局一体なんなのだろう、と考える。

自分の行動を振り返る。

その時にそれは一般的な行動であったのか、

それとも自分の本来の性格によるものだったのか、

そして、それとも自分のその気質のせいなのか、

またひとつ自分を悩ませる要素が増えた。

それは答えを出すために混乱させる要素にも手助けしてくれる要素にもなるだろう。

でも今はまたひとつ面倒くさいことになってしまったな、と思っている。

知らなければよかったと思う時もある。

その時にそれは一般的な行動であったのか、

それとも自分の本来の性格によるものだったのか、

それとも自分のその気質のせいなのか。

どれかひとつということはないだろう。

きっとすべてだろう。

それでも考え続けるのは、答えがでていない気がするのはなぜだろう。

死ぬときにわかるんだろうか。

それまでこんなに悶々と考え続けなければならないのか。

その薄い麻布みたいなベールが頭の中のいちばん外側にいつでもかけられていて、

それがいつでもすべてをはっきりさせない。

-彼女の話

執筆者:

関連記事

noimage

3月11日-ある春の日

彼女はしみだすのを眺めているのが好きである。 紅茶や緑茶の葉っぱや、フレーバーティのパックから 無色透明のばっとした熱さの水の中に 無秩序に延々としみだす色素を見ているのが好きなのである。 それは、そ …

いちねんせいのかのじょ

いちねんせいのかのじょ1

ある晴れた朝、彼女はぼうっと城のベランダに腰かけて外をみていた。 ふと赤い生き物が視界の隅に入ってきて目を向けると、 それはランドセルを背負った小さな女の子だった。 まだ春休みのはずなのに、今日は登校 …

”変わる”ということは何かを”失くす”ということ

”変わる”ということは何かを”失くす”ということ。

”変わる”ということは何か”失くす”ということだ。 ある人たちにとっては当然かもしれないその事実に彼女はようやく気付きかけている。 彼女は変わるということについてほとんど意識すらしていなかった。 ただ …

秋晴れ

秋晴れ

この日僕は彼女の城へ向かって川沿いを歩いていた。 今年の秋は本当によく晴れる。 彼女の城のすぐそばの芝生を抜けようとしたとき、 見慣れた後ろ姿に僕は足を止めた。 彼女が一人で背中を丸めて顎を空へ突き出 …

noimage

彼女とHSSと著作権と僕

最近まで僕は”彼女のHSPあるある”というページを設置していた。 彼女のことをメインにつづるこのブログの中で唯一他のHSPに向けたページだった。 何か彼女に共感しやすい接点を他のHSP達が見つけやすい …

記事内の彼女の絵や写真。
2019年8月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ