彼女の話

彼女の頭の中のいちばん外側

投稿日:

彼女はいつも自分は結局一体なんなのだろう、と考える。

自分の行動を振り返る。

その時にそれは一般的な行動であったのか、

それとも自分の本来の性格によるものだったのか、

そして、それとも自分のその気質のせいなのか、

またひとつ自分を悩ませる要素が増えた。

それは答えを出すために混乱させる要素にも手助けしてくれる要素にもなるだろう。

でも今はまたひとつ面倒くさいことになってしまったな、と思っている。

知らなければよかったと思う時もある。

その時にそれは一般的な行動であったのか、

それとも自分の本来の性格によるものだったのか、

それとも自分のその気質のせいなのか。

どれかひとつということはないだろう。

きっとすべてだろう。

それでも考え続けるのは、答えがでていない気がするのはなぜだろう。

死ぬときにわかるんだろうか。

それまでこんなに悶々と考え続けなければならないのか。

その薄い麻布みたいなベールが頭の中のいちばん外側にいつでもかけられていて、

それがいつでもすべてをはっきりさせない。

-彼女の話

執筆者:

関連記事

noimage

彼女と窮屈な箱

これも巨大物恐怖症と同じく彼女の弱点のひとつだが、 大きすぎるものと反対に彼女は狭い空間を嫌がる。 閉所恐怖症だ。 なぜこうなったかは分からないが、 とてもとても小さかったときの彼女はむしろそんな場所 …

noimage

愛する自信・愛される自信

僕は待つつもりだったのだが、思いがけず彼女が口を開いた。 それは彼女がコラージュをしているときだった。 「私は頭がおかしいんじゃない。 愛する自信も愛される自信もないだけなのだ」 それはとてもネガティ …

noimage

歯っ欠けの彼女

彼女の歯が砕けて欠けたらしい。 笑ってしまった。 幸い欠けた歯は前歯ではなく、それももともとしてあった詰め物が欠けたらしかった。 だから本物の歯が欠けたわけではないのだが、 彼女はついに恐れていたこと …

朽ちかけの大木

彼女の写真: 朽ちかけの大木

彼女は写真を撮る。見るのも撮るのもマクロの写真が好きだ。 その中でも朽ちかけた木を特に愛する。 なぜかはよく分からない。   ちなみに彼女はカバやゾウも好きで、 朽ちかけた木の皮はそんな彼ら …

noimage

怒った顔

彼女にはおかしなクセがあって 男を見るといつもその人が怒った顔を想像してしまう。 相手がとても親切な人で、どんなににこやかに話していても 彼女はふうっと 「この人は怒ったらどんな顔になるんだろう」とそ …

優しい時間

2018/10/19

優しい時間

noimage

2018/09/18

アンビバレンス3

棚

2018/08/29

記事内の彼女の絵や写真。
2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ