彼女の話

とどめようがないこと

投稿日:

暗い気持ちでいることは悪いことじゃない。
みんなポジティブに前向きにって疲れるんだよ。
ネガティブだからダメなんだって、だれが決めたんだろう。
自己啓発本か脳科学か誰かの経験則か。

恨みも怒りも妬みも、悲しみや孤独も認められなかったら、
この感情たちは一体どこへ行ったらいいのか。


全部自然のものだ。
それに反して、それを抑えつけて、そうやって生きようとする方が皮相的だ。
陰の心も何かを産生する。

罪悪感も自責も申し訳なさも感じなくていい。
恨みや怒りや妬みや悲しみや孤独やらを否定することは、
あなたを生かすこの空気を雨をあの木々を、そして周りの声や感情の存在を認めないのと同じこと。


生きてくれてさえいれば今はいいのだ。

彼女の絵をみて、僕はその先鋭した個我意識に、こんなことを思わずにはいられない。


-彼女の話

執筆者:

関連記事

noimage

涙の世界

彼女は目に涙をいっぱいに溜めていた。 僕は彼女が一体どこに視線を定めているのか分からなかった。 それはおそらく彼女から見えた世界も同じだったに違いない。 ちょうどプールで水面があなたの網膜を横切った時 …

noimage

静けさと感情でいっぱいの場所

彼女はときどき美術館に行く。 行ったことのない遠くの美術館へも気になる展示があれば出かけていく。 美術館は大抵街の真ん中にあったりして、 駅の改札を抜け、雑踏を抜け、美術館の入り口を抜けると突然ロビー …

スペクトルの中の零れる虚しさ

スペクトルの中に零れる虚しさ

どうしてこうなってしまったんだろう。 彼女は後ろを振り返ると、 嬉しかったことや楽しかったことをよく思い出す。 それなのになぜだか彼女は生まれて来なくてもよかった、と思っているのだ。 正確には彼女がハ …

noimage

スパティフィラムの幸せ自慢

夜中彼女はふと目を醒ましてそばの明かりをつけた。 スパティフィラムが葉先に露を溜めていた。 スパティフィラムは水をたっぷり与えられると根で吸収したのち、 水分コントロールのために余分な水分をそうやって …

たくさんの小さなうれしいこと

たくさんの小さなうれしいこと

朝、静かに降る雨のおかげで 彼女はとても落ち着いた気持ちで目を覚ますことができた。 外出先のお店で、この間まで体調不良を訴えていた店員さんが 病院で薬をもらってすっかり元気になっていた。 家に帰ったと …

記事内の彼女の絵や写真。
2019年8月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ