彼女の話

とどめようがないこと

投稿日:

暗い気持ちでいることは悪いことじゃない。
みんなポジティブに前向きにって疲れるんだよ。
ネガティブだからダメなんだって、だれが決めたんだろう。
自己啓発本か脳科学か誰かの経験則か。

恨みも怒りも妬みも、悲しみや孤独も認められなかったら、
この感情たちは一体どこへ行ったらいいのか。


全部自然のものだ。
それに反して、それを抑えつけて、そうやって生きようとする方が皮相的だ。
陰の心も何かを産生する。

罪悪感も自責も申し訳なさも感じなくていい。
恨みや怒りや妬みや悲しみや孤独やらを否定することは、
あなたを生かすこの空気を雨をあの木々を、そして周りの声や感情の存在を認めないのと同じこと。


生きてくれてさえいれば今はいいのだ。

彼女の絵をみて、僕はその先鋭した個我意識に、こんなことを思わずにはいられない。


-彼女の話

執筆者:

関連記事

noimage

結婚

彼女は結婚していない。 する予定もないし、する相手もいないし、するつもりもない。 結婚とは不思議なものだよなぁと彼女は思う。 たった一枚の紙切れに辿り着くまでに、 喜怒哀楽どころか希望とか目標とか不安 …

noimage

「おんがくをきこう」

「お腹がすかない だれかいっしょにたべてほしい 会話がおわった 今回はわたしのせいじゃないとおもう 急にあたまがとまる 喉のおくからうまれでそう お腹がおもい そこに何かひっかかってるはれてる つばが …

彼女のカーテン

彼女のカーテン

彼女の部屋のカーテンは大体いつも閉じられている。   彼女の瞳の色は普通のひとより真っ黒だ。 髪の色も真っ黒だが、たぶん瞳はもっと黒い。 でも彼女は眩しく明るい場所が好きじゃない。 年を経て …

アンビバレンス

アンビバレンス

「もういいから!!出てこないで!もう必要ないからもう行って!!!」 朝4時前だった。 彼女はずっと眠れずにいて、数時間眠っていたかと思うとまた目が覚めを繰り返し、 この時は起き上がってベッドに腰かけ文 …

人にやさしくするということ

人にやさしくするということ

彼女は人にやさしくするとはどういうことだろうとこれもまた長年考えている。 彼女は別にやさしくないわけではない。 でもそれが果たして本当に自分の内面からくるやさしさなのか、それはわからないという。 &n …

秋晴れ

2018/11/24

秋晴れ

優しい時間

2018/10/19

優しい時間

noimage

2018/09/18

アンビバレンス3

記事内の彼女の絵や写真。
2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ