彼女の話

どうにもならないやる気のなさ

投稿日:2016年12月26日 更新日:

彼女がどうにかなんとかできないものかと思っているのが
この「どうにもならないやる気のなさ」である。

ときたま突然起こるようだが、一度この現象が起こってしまうと
彼女はもうその辺で転がっていることしかできない、というほどに
「まったく使いものにならなくなる」。
そしてそれは2日間だったり、1週間だったり、その時によって期間はまちまちであるらしい。

これはなにも彼女に限らず、人は気づかぬ内に疲れていたりストレスが溜ったりすれば何もやる気が起きなくなるものだ。


しかし彼女はこの期間がなければ、もしくは自分がもっと時間を上手に使えれば
気になることがこんなにも目につかないだろうに、
とそのトンネルを抜けたときにいつも思うのだ。
(やる気ないトンネルの中にいる間はそんなこともどうでもよくなる。)


読みたい本がどんどん溜まっていく。
描きたい絵のイメージばかりでページが埋まる画用紙。
聴きたい音楽が列をなす。
知りたいことがたくさんある。
それに対して人より少し多いかもしれない休息と考える時間。


掃除機のようにこれらをすべて口から吸いこんで取り入れてしまえたらどんなに楽だろう、
自分は欲張りだろうか、それとも単なる完璧主義か。


積み上げられた本を見るたび、
スケッチブックを開くたび、
イヤホンを耳に当てるたび、
答えが出ないことを考えるたび、

彼女は追い込まれていく圧迫感となぜかほんの少しの幸せを感じる。
そしてそのおかげで彼女はいつだって、
そのどうにもならないやる気のなさから脱することができるのだという。

-彼女の話

執筆者:

関連記事

なんという赤!

なんという赤!

無理して笑ってるでしょ 男は目の前にいたのだが、彼女は こいつ後ろから私を見ている、と悟った。 私のななめ後ろにいて、仮面と顔の境目にできた影を見てる、と思った。 はっと気づいた時、男はさらに畳みかけ …

noimage

燻る-くすぶる

彼女はある夜自分の中が激しく噴火したがっているのを感じた。 くやしい くやしいくやしいくやしい!! 怒りのような欲求不満のようなハラワタがとび出てきそうな そんな不快感。 そして熱。 食いしばった歯の …

noimage

彼女はそんなふうにできている

彼女は自分は風邪をひかないと思っている。 はっきり言って彼女がそう妄信する根拠は何もないのだが、 強いて言えば彼女の体温が高い、ということはあるかもしれない。 37度ある日もざらで、 検診などで毎度微 …

noimage

(no title2)

彼女は最近ひどく不安定だ。 ゆらゆらしているのに、口は貝のようにしっかりと固く閉ざされている。 誰にでも憂鬱になるときはある。 僕はただ待つしかない。 関連

noimage

ライフ

映画『LIFE!/ライフ(The Secret Life of Walter Mitty、2013)』の冒頭では HSPにはかなり耳障りな時計の秒針音がつづく。 最初の3分間にも満たないわずかな時間の …

優しい時間

2018/10/19

優しい時間

noimage

2018/09/18

アンビバレンス3

棚

2018/08/29

記事内の彼女の絵や写真。
2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ