彼女の話

どうにもならないやる気のなさ

投稿日:2016年12月26日 更新日:

彼女がどうにかなんとかできないものかと思っているのが
この「どうにもならないやる気のなさ」である。

ときたま突然起こるようだが、一度この現象が起こってしまうと
彼女はもうその辺で転がっていることしかできない、というほどに
「まったく使いものにならなくなる」。
そしてそれは2日間だったり、1週間だったり、その時によって期間はまちまちであるらしい。

これはなにも彼女に限らず、人は気づかぬ内に疲れていたりストレスが溜ったりすれば何もやる気が起きなくなるものだ。


しかし彼女はこの期間がなければ、もしくは自分がもっと時間を上手に使えれば
気になることがこんなにも目につかないだろうに、
とそのトンネルを抜けたときにいつも思うのだ。
(やる気ないトンネルの中にいる間はそんなこともどうでもよくなる。)


読みたい本がどんどん溜まっていく。
描きたい絵のイメージばかりでページが埋まる画用紙。
聴きたい音楽が列をなす。
知りたいことがたくさんある。
それに対して人より少し多いかもしれない休息と考える時間。


掃除機のようにこれらをすべて口から吸いこんで取り入れてしまえたらどんなに楽だろう、
自分は欲張りだろうか、それとも単なる完璧主義か。


積み上げられた本を見るたび、
スケッチブックを開くたび、
イヤホンを耳に当てるたび、
答えが出ないことを考えるたび、

彼女は追い込まれていく圧迫感となぜかほんの少しの幸せを感じる。
そしてそのおかげで彼女はいつだって、
そのどうにもならないやる気のなさから脱することができるのだという。

-彼女の話

執筆者:

関連記事

彼女の恥

彼女の恥

彼女はどうやら「ものすごく恥ずかしいこと」をしてしまったようだ。 ある人と話しているうちに頭にきて派手に口喧嘩をかましたらしい。 そんなことはなんの恥でもない、生きていればそんな経験の一度や二度はある …

noimage

水面に浮かび上がる絵

田植えの時期だ。 彼女は少しずつワクワクし始める。 今年の梅雨は降水量が少ないようだ。 梅雨に入ったとは言いながら日が差している日の方が多い。 彼女は少し知っているだけの農家のおじさんと顔を合わせるた …

noimage

彼女とゴミ

彼女は意外とエコな人だ。 彼女自身は貧乏性からくるものだと思っているようだが、結構地球に優しいのである。 (寒いというだけで心まで死んでしまう人なので、 冬は暖房がつけっぱなしになってしまうことを除け …

noimage

プラグマティックシャッター

だから彼女はだれとも親しくならない。 少しよく話すようになった人がいても、どこかのある一線の手前で 意図的にまたは恣意的にまたは無意識に突き放す一言を発する。 そして相手は”こんな人だったのか”と思っ …

もの・もの・もの・

もの・もの・もの・

彼女はなるべくものを持ちたくないと思っている。 それにも関わらず、昨年末の大掃除で彼女は自分の持っているものの多さに仰天した。 「いつの間にこんなに増殖したのか」 彼女は数年の外国での暮らしから帰国し …

表面下の世界

2019/01/16

表面下の世界

渇き

2019/01/07

渇き

秋晴れ

2018/11/24

秋晴れ

記事内の彼女の絵や写真。
2019年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ