HSPとその他の話 彼女の話

不幸自慢

投稿日:2017年4月16日 更新日:

彼女は前向きな人間だ。


僕が書いている彼女は人にどう映るだろう。
不幸だろうか。
ネチズンは彼女をメンヘラ認定するかもしれない。
彼女が精神をやられて不幸自慢していると。

実際最近の世の中は不幸自慢が多い。
些細な不運を世界の終りのように話す人もたくさんいる。

でもそれはその人にとっては些細な不運ではなく、
確かに世界の終りなのだ。

ただし、この世界に住む人はそれを認めない。
実際に『些細な不運』よりも重篤な不幸を抱えている人は地球上に万といるからだ。


彼女の話は不幸の話ではないのである。

彼女は以前につぶやいている。

「自分のことを考えたり、答えがでないことを考えていると、人はどうして不幸ぶってると思うんだろう。悲しいことを考えていると思うのかな。」


不幸って何だろう。
誰がどう『これは不幸だ』と認定するんだろう。


-HSPとその他の話, 彼女の話

執筆者:

関連記事

彼女に触れるもの

彼女に触れるもの

彼女はピッタリ肌にはりつくような服は嫌いだ。 窮屈で身に着けたがらない。 ダボっとしたのやふわふわした服をよく来ている。 ワンピースは好きだ。 もちろんチクチクする化学繊維のニットやマフラーなんかもよ …

彼女のおでかけ

彼女のおでかけ

彼女は実は結構服が好きだ。 あまり出かけることがないので持っていても出番はないだろう、と買わないことが多いのだが、 クローゼットにある服はどれも気に入っている。 ただし彼女の深く深く考える癖はこういう …

知ること

知ること

彼女はいつも何かを考えている。 「考える」とは一見思慮深く大切なことのように思えるがなにごともやりすぎはよくない。 彼女は考えることを止めることができない。 ひとは脳で「考える」。 「考える」と感情が …

noimage

彼女の右後ろと左斜め前

彼女はいつの頃からか死をごく親しみのある近しい存在に感じるようになっている。 いつ、どうしてそうなったのかは分からないが、 彼女は”それ”が”そこ”にある、ということを感じるのだ。 ちなみに”そこ”と …

noimage

彼女は昼寝をする。 あまり長くはしない。   誰でも昼間いくらぎゅっと目をつむっても光を感じるものだ。 彼女は少しの刺激にも反応してしまうので光にも敏感であり、 視界が明るく感じると眠ること …

優しい時間

2018/10/19

優しい時間

noimage

2018/09/18

アンビバレンス3

棚

2018/08/29

記事内の彼女の絵や写真。
2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ