HSPとその他の話 彼女の話

不幸自慢

投稿日:2017年4月16日 更新日:

彼女は前向きな人間だ。


僕が書いている彼女は人にどう映るだろう。
不幸だろうか。
ネチズンは彼女をメンヘラ認定するかもしれない。
彼女が精神をやられて不幸自慢していると。

実際最近の世の中は不幸自慢が多い。
些細な不運を世界の終りのように話す人もたくさんいる。

でもそれはその人にとっては些細な不運ではなく、
確かに世界の終りなのだ。

ただし、この世界に住む人はそれを認めない。
実際に『些細な不運』よりも重篤な不幸を抱えている人は地球上に万といるからだ。


彼女の話は不幸の話ではないのである。

彼女は以前につぶやいている。

「自分のことを考えたり、答えがでないことを考えていると、人はどうして不幸ぶってると思うんだろう。悲しいことを考えていると思うのかな。」


不幸って何だろう。
誰がどう『これは不幸だ』と認定するんだろう。


-HSPとその他の話, 彼女の話

執筆者:

関連記事

春バテでも大丈夫

ことば

HSP-The Highly Sensitive Personとは よく「とても敏感な人」と訳されることが多いようだ。 highly は「高度に」とか「非常に」とか「大いに」といった意味があるし、 s …

noimage

泥の中に手を

彼女はある夏の日のことを後悔している。 その時彼女はひとりで7時間行程の山登りをした。 山登りといっても山登りとハイキングの間みたいなものだった。 彼女はときどきこうやってひとりで人のいないところへ行 …

noimage

破れ仮面

彼女はそんなに簡単に仮面をつけることはできない。 自分の城、という自分だけの個室の空間にいていきなり”自分”以外にはなれないのである。 彼女がLINEを使わず、電話番号もごく一部の人にしか知らせないの …

noimage

・線アフォーダンス

腱鞘炎が未だ治まらず点をあまり打たなくなった彼女は以前より線を多く引くようになった。 線を描いているときの彼女はすごく伸び伸びしているように見える。 なんというかもう少し大きなスケッチブックに描いたら …

温かみは城の外に

温かみは城の外に

最近彼女が恋しがっているのが分かる。 彼女はさみしがっている。 誰かにそばにいてほしいと思っているし、 横で寝息が聞こえたら頭痛と共に目が醒めることもなくなるだろうと思っている。 男。 今まで彼女はあ …

記事内の彼女の絵や写真。
2019年8月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ