HSPとその他の話 彼女の話

不幸自慢

投稿日:2017年4月16日 更新日:

彼女は前向きな人間だ。


僕が書いている彼女は人にどう映るだろう。
不幸だろうか。
ネチズンは彼女をメンヘラ認定するかもしれない。
彼女が精神をやられて不幸自慢していると。

実際最近の世の中は不幸自慢が多い。
些細な不運を世界の終りのように話す人もたくさんいる。

でもそれはその人にとっては些細な不運ではなく、
確かに世界の終りなのだ。

ただし、この世界に住む人はそれを認めない。
実際に『些細な不運』よりも重篤な不幸を抱えている人は地球上に万といるからだ。


彼女の話は不幸の話ではないのである。

彼女は以前につぶやいている。

「自分のことを考えたり、答えがでないことを考えていると、人はどうして不幸ぶってると思うんだろう。悲しいことを考えていると思うのかな。」


不幸って何だろう。
誰がどう『これは不幸だ』と認定するんだろう。


-HSPとその他の話, 彼女の話

執筆者:

関連記事

いちねんせいのかのじょ

いちねんせいのかのじょ1

ある晴れた朝、彼女はぼうっと城のベランダに腰かけて外をみていた。 ふと赤い生き物が視界の隅に入ってきて目を向けると、 それはランドセルを背負った小さな女の子だった。 まだ春休みのはずなのに、今日は登校 …

noimage

彼女と夏

夏は子供のころから彼女に懐かしい何かを感じさせる。 自分に何か大きな転機が訪れるとするなら 冬でも春でもなくそれは夏だろうと今でもなぜか確信している。 このまとわりつくような暑さと、生の匂いのような緑 …

noimage

必然想起

ただだらりんと生活していてもふと必然に気づくことがある。 その度に僕らは意味のないことなんてないのかもと気付いたりする。 彼女には時折ぽん、と突拍子もなく思い出される記憶とか感覚とかいうものがあって、 …

良き不幸

良き不幸

彼女のダウンタイムは今日で終わるらしい。 彼女もまた本格的に復帰し、朝から晩まで箱の中、 様々な人たちに囲まれて仕事をすることになる。 この約2ヶ月のダウンタイム中、彼女は比較的穏やかだった。 彼女を …

恋判定

判定

その人について考えが止まらない間、他のことが完全に飛んでしまう。 そしてそれは彼女が彼女であるという自信を喪失させ、 自分が自分ではなく、誰かに乗っ取られてしまったかのような不安が押し寄せてくる。 そ …

表面下の世界

2019/01/16

表面下の世界

渇き

2019/01/07

渇き

秋晴れ

2018/11/24

秋晴れ

記事内の彼女の絵や写真。
2019年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ