彼女の話

表面下の世界

投稿日:

「表面の世界でも生きていける。
そしてそれはそんなに悪くない。」


自分は一体何を表現すればいいのだろう。
文字を綴れば、黒鉛を重ねれば、世界をつなげれば、
それらを続けて行けばどこかに直角が訪れるのだろうか。


彼女は胃腸炎からの、ひどい脱水症状から抜け出すまで約10日間酒を一切飲めなかった。
酒が抜けきった彼女というのは、なんというか、まあ、ふつーの人、、、だ。

掃除をしたり、ふとんを干したり、
食事をしたり、ジグソーパズルを仕上げたり、
歩いて買い物に出かけたり、植物に水をやったり、

まあ、そんなふつーのことをしている。
ひどく、健康的。


彼女は、それを「表面の世界で生きている」という。

とてもハッキリしている。
意識も、景色も、人々も、望みも、世界も、身体も。

ただ一番大事なものだけが、表面下にある、というだけ。


彼女はこれが「みんな」の世界なのだ、と知っている。
不安や心配や悲しみや孤独を膝の上に置いて生きている。
そしてそれはけっして悪い世界じゃない。
そこにも自由はある。
両手が使える、という自由が。



彼女は胃腸炎にならずとも時々こうやって
深海魚が海面に目玉を出すように、
エイリアンが人間のフリをして社会を歩くように、
ゆっくり丁寧に生活してみる。
そしてしばらくしてカエルみたいに
一瞬天を反り返り、思い立ったように自らまた潜っていくのだ。


表面下の世界、は彼女にとってもう切り離せないだろう。
見ないようにして、無視して生きていく、ということはできない。
それは見えなくとも確かにそこに”ある”からだ。
彼女のスケッチブックのすべてを否定はできないのである。

あれほどに描いている拘泥まみれの点や線。
この表面の世界にうまいこと走査させる。
そしてひっぱり揚げる。


大事なことは彼女がこの二つの世界を認識した、ということなのだ。



表面下の世界

-彼女の話

執筆者:

関連記事

noimage

朝目覚めたときの彼女

彼女の状態は朝目が覚めたときに分かる。 意識が覚醒した時、最初に感じたのが今現在の彼女の健康状態に一番近い。 最近の彼女のスケジュールは毎日毎時間ギチギチに詰まっている。 今何事かを成しながら常に数時 …

彼女のおでかけー駅

彼女のおでかけー駅

彼女が駅をつかうようになったのはごくごく最近のことだ。 彼女が生まれ育った場所には駅はなくほとんど小説の中の想像上の場所だった。 ラピュタみたいなものだった。 今彼女が住む町には駅がある。 ベッドタウ …

noimage

『鑑定士と顔のない依頼人』

『鑑定士と顔のない依頼人』(The Best Offer、2013) ネタバレ注意 この間彼女は放心したような興奮したような様子で観た映画のエンディングについて話し出した。 とてもとても美しいラストシ …

noimage

どきどきする

彼女はときどき動悸がする。 甲状腺に軽い疾患があるためそのせいかもしれない。 一度始まると立ち上がるだけで息が上がるようになってしまうため できればおさまるまで深くゆっくり深呼吸しながら横になっている …

彼女が大切に大切にこれ以上崩れてしまわないよう手の中に柔らかく包んだ美しいもの

彼女が大切に大切にこれ以上崩れてしまわないよう手の中に柔らかく包んだ美しいもの

誰か、助けてほしい。 彼女は分かっている。 自分は誰かに甘えようとしている。 彼女は分かっている。 本当は誰も助けてなどくれない。 だから余計に願ってしまう。 誰か、助けてほしい。   (追 …

noimage

2019/06/23

6月

noimage

2019/05/18

3月11日-ある春の日

表面下の世界

2019/01/16

表面下の世界

記事内の彼女の絵や写真。
2019年6月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ