彼女の話

ざわざわする

投稿日:

彼女はざわざわすると言って落ち着かないことがある。
それは「心臓がいつもの場所から2cmほど重く浮かんだり沈んだりしている」感じだという。

動悸がする。
眉間にはずっと力が入ったままになる。
ときどき痙攣するように頭がびくっと持ち上がる。
何度も深く深呼吸する。
原因がその辺に落ちているのではないかと探すように不安げにキョロキョロする。
何もない。

心臓がキュイーンと機械音を立てながら雑巾のように絞られる。
何が自分から絞り取られ、滴り出ようとしているのか、
このざわつきが治まれば戻ってきてくれるのだろうか。


迷子になった小さな子みたいに、だんだん涙がにじんでくる。
だれも迎えには来ない。
迷子のアナウンスも流れない。
聞こえてくるのは自分のやや激しい呼吸音だけだ。



しばらくして僕は温かいジャスミンティーを差し出した。
彼女は何のつもりだとでも言うように怪訝な顔をしてカップの中を覗き込んでいた。


ざわざわする

-彼女の話

執筆者:

関連記事

noimage

彼女と少女のコスモロジー

『内なるものへの適切な態度』 彼女ははっとした。 いつも彼女は遥か上空のようなところから白い箱と少女を眺めていた。 絵本に出てくるような神様や天国にいる人たちは下界をこんな風に見下ろしているのかもな、 …

noimage

いちねんせいのかのじょ3

小学校に入学してからというもの、 一年生にお決まりの黄色い帽子を彼女はいつも引き出しの中にしまっていた。 おかげで彼女は毎日毎日毎日黄色い帽子をかぶり忘れ、 結局数回しか被らず、きれいなままでその帽子 …

noimage

くろくなる光

「白いキャンパスに光を描こうとするとくろくなる」 彼女は自分が塗り上げたその黒さに絶望する。 久しぶりに会った彼女はひどく痩せていた。 まるで地球上の重力すべて集めましたといった重さの鉄板によって き …

noimage

水面に浮かび上がる絵

田植えの時期だ。 彼女は少しずつワクワクし始める。 今年の梅雨は降水量が少ないようだ。 梅雨に入ったとは言いながら日が差している日の方が多い。 彼女は少し知っているだけの農家のおじさんと顔を合わせるた …

noimage

彼女が人を殺した朝

彼女はひどく青白い顔をして落ち着かない様子で言った。 「人を殺した」 僕は何をバカなことを、と一蹴しかけたのだが、 彼女のあまりにおびえた様子に少し動揺してしまった。 とにかく 彼女は人を殺したと言っ …

記事内の彼女の絵や写真。
2019年12月
« 10月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
This error message is only visible to WordPress admins

Error: No connected account.

Please go to the Instagram Feed settings page to connect an account.

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ