彼女の話

ざわざわする

投稿日:

彼女はざわざわすると言って落ち着かないことがある。
それは「心臓がいつもの場所から2cmほど重く浮かんだり沈んだりしている」感じだという。

動悸がする。
眉間にはずっと力が入ったままになる。
ときどき痙攣するように頭がびくっと持ち上がる。
何度も深く深呼吸する。
原因がその辺に落ちているのではないかと探すように不安げにキョロキョロする。
何もない。

心臓がキュイーンと機械音を立てながら雑巾のように絞られる。
何が自分から絞り取られ、滴り出ようとしているのか、
このざわつきが治まれば戻ってきてくれるのだろうか。


迷子になった小さな子みたいに、だんだん涙がにじんでくる。
だれも迎えには来ない。
迷子のアナウンスも流れない。
聞こえてくるのは自分のやや激しい呼吸音だけだ。



しばらくして僕は温かいジャスミンティーを差し出した。
彼女は何のつもりだとでも言うように怪訝な顔をしてカップの中を覗き込んでいた。


ざわざわする

-彼女の話

執筆者:

関連記事

デジャヴ

デジャヴ

彼女のデジャヴはすべて「確かに夢でみたもの」だそうで 彼女はそれがいつ頃みた夢であったかも憶えている。 デジャヴとなった夢の中では感情はなく「何を考えても思っても感じてもいない」。 さらには「どうして …

なんという赤!

なんという赤!

無理して笑ってるでしょ 男は目の前にいたのだが、彼女は こいつ後ろから私を見ている、と悟った。 私のななめ後ろにいて、仮面と顔の境目にできた影を見てる、と思った。 はっと気づいた時、男はさらに畳みかけ …

noimage

彼女と自転車

彼女は車の免許をもっていないので、 必然的に移動は徒歩か電車やバス、そして自転車となる。 中でも自転車は彼女にとってとても愛着のある存在である。 エコで経済的で健康的、そして大体いつどこに行くにも一緒 …

noimage

彼女と『深夜特急』

彼女がはじめて『深夜特急』を知ったのはある年の正月で ドラマ『劇的紀行 深夜特急』三作が三箇日にわたって一話ずつ放映されたのがきっかけだった。 今思えば年が明けて早々の深夜(放映は深夜だった)になぜ『 …

noimage

みんなと同じ彼女

彼女はときどき突っ走ってしまう。 そして突然傀儡が人の手を離れて首をうなだれるようにぱったりと動かなくなってしまう。 しなければいけないことがあるとき、したいことがあるとき、彼女はもう半分自分を捨てる …

表面下の世界

2019/01/16

表面下の世界

渇き

2019/01/07

渇き

秋晴れ

2018/11/24

秋晴れ

記事内の彼女の絵や写真。
2019年4月
« 1月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ