彼女の話

たそがれ

投稿日:2017年1月7日 更新日:

彼女が一日の中で一番すきな時間はたそがれ時だ。
早朝の「キリっとパリッとした空気」も好きだが(彼女は早起きが苦手だし)、
その日一日あつく熱された世界を静かに穏やかに落ち着かせようとするあの時間には変えられない。


「それは世の中のすべてをシルエットに変えていく。
物事の色が黒くなって消えて行くのに、空の色だけが鮮やかなグラデーションを映し出す。
さっきまでそこにあった物事の色のすべてを吸い取っていったかのように。

木の枝も電線も人もビルも、すべてが形を失ってぺらぺらの二次元になっていく。
その中に立つと溶け込んだように安心できるんだよ」


そしてそのたそがれ時はいつだって一瞬で、
いくらまだ少し明るいと思っていても、
気づいた時にはびっくりするほど真っ暗になっているのだ。



たそがれ

-彼女の話

執筆者:

関連記事

ナンバーワン

ナンバーワン

あなたは誰かのナンバーワンだろうか。 またはあなたにとってナンバーワンだと思える人はいるだろうか。 彼女はそんな誰かを失った。 友人Nは彼女にとってナンバーワンだった。 ナンバーワンはオンリーワンだ。 …

noimage

「おんがくをきこう」

「お腹がすかない だれかいっしょにたべてほしい 会話がおわった 今回はわたしのせいじゃないとおもう 急にあたまがとまる 喉のおくからうまれでそう お腹がおもい そこに何かひっかかってるはれてる つばが …

noimage

彼女の最大の矛盾2

彼女は、どんなに悪いことが起こったとしても最後は必ず良いほうに帰結していくのだから 基本的に人生は楽しいことしかない、と思っている。 彼女は、たとえば誰かがしあわせになれることで、 それと引き換えに自 …

彼女と酒

彼女と酒

彼女は酒が好きだ。 飲み会は嫌いだが、ひとりで飲むのはとても好きだ。 昔は平日も仕事の後の楽しみに発泡酒を1本飲んでいたが、 知り合いにノンアルコールをすすめられて以来、平日はALL FREEで事足り …

noimage

彼女と箱の世界のフラクタル

彼女がはじめて自分の気質について知ったとき、 結果的にそうか、そういうところに入るんですね、ということで落ち着いた。 人は誰でも何かしら生きづらくなる何かをもっている。 それは自分の変えようのない体に …

表面下の世界

2019/01/16

表面下の世界

渇き

2019/01/07

渇き

秋晴れ

2018/11/24

秋晴れ

記事内の彼女の絵や写真。
2019年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ