彼女の話

たそがれ

投稿日:2017年1月7日 更新日:

彼女が一日の中で一番すきな時間はたそがれ時だ。
早朝の「キリっとパリッとした空気」も好きだが(彼女は早起きが苦手だし)、
その日一日あつく熱された世界を静かに穏やかに落ち着かせようとするあの時間には変えられない。


「それは世の中のすべてをシルエットに変えていく。
物事の色が黒くなって消えて行くのに、空の色だけが鮮やかなグラデーションを映し出す。
さっきまでそこにあった物事の色のすべてを吸い取っていったかのように。

木の枝も電線も人もビルも、すべてが形を失ってぺらぺらの二次元になっていく。
その中に立つと溶け込んだように安心できるんだよ」


そしてそのたそがれ時はいつだって一瞬で、
いくらまだ少し明るいと思っていても、
気づいた時にはびっくりするほど真っ暗になっているのだ。



たそがれ

-彼女の話

執筆者:

関連記事

noimage

彼女と自転車

彼女は車の免許をもっていないので、 必然的に移動は徒歩か電車やバス、そして自転車となる。 中でも自転車は彼女にとってとても愛着のある存在である。 エコで経済的で健康的、そして大体いつどこに行くにも一緒 …

noimage

ベストアルバム for her

「ベタか笑」 Ben Folds Rockin’ the suburbs 関連

恋判定

判定

その人について考えが止まらない間、他のことが完全に飛んでしまう。 そしてそれは彼女が彼女であるという自信を喪失させ、 自分が自分ではなく、誰かに乗っ取られてしまったかのような不安が押し寄せてくる。 そ …

彼女とテレビ

彼女とテレビ

彼女はほとんどテレビを観ない。 唯一続けて毎週観ているのはイッテQで、出演者はみんな好きだが、 特に「イモトとオカリナと出川(親しみ込めて敬称略)」がとても好きだ。   ときどき気になるドラ …

noimage

涙の世界

彼女は目に涙をいっぱいに溜めていた。 僕は彼女が一体どこに視線を定めているのか分からなかった。 それはおそらく彼女から見えた世界も同じだったに違いない。 ちょうどプールで水面があなたの網膜を横切った時 …

記事内の彼女の絵や写真。
2019年5月
« 1月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ