彼女の話

彼女とテレビ

投稿日:2016年12月4日 更新日:

彼女はほとんどテレビを観ない。

唯一続けて毎週観ているのはイッテQで、出演者はみんな好きだが、

特に「イモトとオカリナと出川(親しみ込めて敬称略)」がとても好きだ。

 

ときどき気になるドラマがあれば観るが(ちなみに今シーズンは逃げ恥を観ている)、

そもそもテレビをつける習慣がないのでしょっちゅう忘れて見逃す。

そうなるとネットでオンデマンドをみることになるので、イッテQもネットで観ればいいのだし、

結局テレビは要らないのではないかと最近思っている。

 

しかしそれに断固として反対しているのは彼女の小さいころからの友人Nで、

この人はときどき彼女に最近テレビを観ているかチェックを行っている。

テレビを観ることは社会とつながることだ、と信じているからだ。

確かに彼女はスマホもしょっちゅう見るわけでもなく(よくバッテリーが切れている)、

最近やっと関心をもったツイッターもパソコンでときどき開くだけでスマホにインストールはしていない。

世の中で何が起こっているか知る術が彼女には何もないのである。

先日トランプが大統領選に勝利したことも2,3日知らなかった。

このおかげで彼女はよく不思議ちゃんや天然扱いされたり、いい齢して世間知らず、といったレッテルを貼られることがある。

(最新ニュースを知らないだけで世間知らずというのとは少し違う気がするが。)

 

先日のようにトランプのニュースを知らなかったなど、

彼女も、もうそんな時期だったのかと自分でもびっくりした後なんかは

職場の新聞の見出しをチラ見するようになるのだが数日するとそれもまた忘れてしまう。

これは良くないなぁと思ってはいるようでニュースの時間に視聴予約をかけておくこともやってみたのが、

突然テレビがONになると必要以上に仰天してしまい心臓によくないと言い訳してやめてしまった。

 

いつからテレビを観なくなったかは覚えていないが、

まずニュース番組に関してはあまりいいニュースがない、という理由で疎遠になった。

観ていると悪いニュースばかり延々流れてその時によってはひどく憂鬱な気分になってしまう。

それからCMが疲れる。

一方的にこれも延々とまるで画面から這い出して迫り狂うようにアピールしてくるあの強引さに疲れる。

しかもやっと慣れたと思った瞬間、また次のCMに迫られてしまってそれだけでもう嫌になってしまう。

(彼女はCMの中にはかなり芸術的または心を打つ作品があることも了解していて、

それをときどき見逃しているのだろうなと思うと、少しもったいない気がしている。)

 

イッテQはともかくとして、今日本いや世界中で災害も多い。

何かあったときのためにもテレビを処分してしまうというのは尚早かもしれないなあとは思っている。

 

彼女とテレビ

-彼女の話

執筆者:

関連記事

たそがれ

たそがれ

彼女が一日の中で一番すきな時間はたそがれ時だ。 早朝の「キリっとパリッとした空気」も好きだが(彼女は早起きが苦手だし)、 その日一日あつく熱された世界を静かに穏やかに落ち着かせようとするあの時間には変 …

noimage

探しもの

彼女の同僚の財布が消えた。 帰宅後連絡を受けた彼女は探すのを手伝いに職場に戻った。 見つからなかったらいけないので、失くした彼のために急場しのぎの数万円を財布に入れた。 まずはみんながパニクっているの …

彼女が死ぬとき

彼女が死ぬとき

彼女は願っている。 自分が死ぬとき それは誰かが生き延びるとき。 彼女は死をとても恐れている。 死ぬときのことを思うと怖くて怖くてたまらない。 死ななければならないのに、どうして生まれてきてしまったの …

noimage

彼女のInstagram

彼女はこの1月からInstagramのアカウントを自分で作って自分で管理している。 このブログやTwitterやGoogle+は僕が100%管理運営していて、彼女は傍観しているだけなのだが、 Inst …

noimage

おばあちゃんズ

彼女は人の話を聞くのが好きだ。 それも自分と全く関係のない人たちの話を聞くのがいい。 彼女がバス停へ向かうとおばあちゃんAが座ってバスを待っていた。 少し離れたところに彼女も腰を下ろした。 その後もう …

表面下の世界

2019/01/16

表面下の世界

渇き

2019/01/07

渇き

秋晴れ

2018/11/24

秋晴れ

記事内の彼女の絵や写真。
2019年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ