彼女の話

彼女とテレビ

投稿日:2016年12月4日 更新日:

彼女はほとんどテレビを観ない。

唯一続けて毎週観ているのはイッテQで、出演者はみんな好きだが、

特に「イモトとオカリナと出川(親しみ込めて敬称略)」がとても好きだ。

 

ときどき気になるドラマがあれば観るが(ちなみに今シーズンは逃げ恥を観ている)、

そもそもテレビをつける習慣がないのでしょっちゅう忘れて見逃す。

そうなるとネットでオンデマンドをみることになるので、イッテQもネットで観ればいいのだし、

結局テレビは要らないのではないかと最近思っている。

 

しかしそれに断固として反対しているのは彼女の小さいころからの友人Nで、

この人はときどき彼女に最近テレビを観ているかチェックを行っている。

テレビを観ることは社会とつながることだ、と信じているからだ。

確かに彼女はスマホもしょっちゅう見るわけでもなく(よくバッテリーが切れている)、

最近やっと関心をもったツイッターもパソコンでときどき開くだけでスマホにインストールはしていない。

世の中で何が起こっているか知る術が彼女には何もないのである。

先日トランプが大統領選に勝利したことも2,3日知らなかった。

このおかげで彼女はよく不思議ちゃんや天然扱いされたり、いい齢して世間知らず、といったレッテルを貼られることがある。

(最新ニュースを知らないだけで世間知らずというのとは少し違う気がするが。)

 

先日のようにトランプのニュースを知らなかったなど、

彼女も、もうそんな時期だったのかと自分でもびっくりした後なんかは

職場の新聞の見出しをチラ見するようになるのだが数日するとそれもまた忘れてしまう。

これは良くないなぁと思ってはいるようでニュースの時間に視聴予約をかけておくこともやってみたのが、

突然テレビがONになると必要以上に仰天してしまい心臓によくないと言い訳してやめてしまった。

 

いつからテレビを観なくなったかは覚えていないが、

まずニュース番組に関してはあまりいいニュースがない、という理由で疎遠になった。

観ていると悪いニュースばかり延々流れてその時によってはひどく憂鬱な気分になってしまう。

それからCMが疲れる。

一方的にこれも延々とまるで画面から這い出して迫り狂うようにアピールしてくるあの強引さに疲れる。

しかもやっと慣れたと思った瞬間、また次のCMに迫られてしまってそれだけでもう嫌になってしまう。

(彼女はCMの中にはかなり芸術的または心を打つ作品があることも了解していて、

それをときどき見逃しているのだろうなと思うと、少しもったいない気がしている。)

 

イッテQはともかくとして、今日本いや世界中で災害も多い。

何かあったときのためにもテレビを処分してしまうというのは尚早かもしれないなあとは思っている。

 

彼女とテレビ

-彼女の話

執筆者:

関連記事

noimage

抑圧と創造

彼女にはしばらく絵を描かない時期があった。 描けなかったのか、描こうとしなかったのか、なんとなく理由をつけて描かなかったのか、わからない。 また描き始めたとき、 彼女は以前ももしかしたら描いているよう …

noimage

距離

「なぜ自分のものさしだけで私との距離を測るのか」 「ズカズカ入ってこようとするな、理解しようとなんてするな」 「気を遣ったようなフリをして、私のことを分かったような物言いはやめろ」 距離がとりにくい人 …

noimage

どきどきする

彼女はときどき動悸がする。 甲状腺に軽い疾患があるためそのせいかもしれない。 一度始まると立ち上がるだけで息が上がるようになってしまうため できればおさまるまで深くゆっくり深呼吸しながら横になっている …

彼女と車

彼女と車

彼女は車の運転ができない。 免許を持っていないのだ。 今まで、ないならないでどうにかなるものでさして困ったことはなかったのだが 最近彼女はそろそろ免許をとろうか、と考えている。   運転しな …

noimage

朝目覚めたときの彼女

彼女の状態は朝目が覚めたときに分かる。 意識が覚醒した時、最初に感じたのが今現在の彼女の健康状態に一番近い。 最近の彼女のスケジュールは毎日毎時間ギチギチに詰まっている。 今何事かを成しながら常に数時 …

記事内の彼女の絵や写真。
2019年5月
« 1月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ