彼女の話

トリガー

投稿日:

”やりたいことがない”という人は意外なほどたくさんいる。

彼女は知っている。
昔は自分もそうだった。
「本当はアレもコレもやりたい。でも現実的ではない。だからできない」
結果”できることがない”と”したいことがない”をはき違えていることに気づけないまま随分過ごした。
「自分なんて、そう大したことはできないのだから」


今彼女にはやりたいことを箇条書きにしていくほどある。
実現可能なものも、そうでないものも。
以前と何が違うのだろう。

ハッキリ言って、それで食べていけるわけではない。
やりたいことをやって生きていける人間はそんなにいない。
彼女はどこかでそれでもいいと思っている、いやそれで良しとしてしまいたいのだ。
いつか誰も知らないところで一人のたれ死ぬ自分の姿を想像しようとも。


今はまだたくさんのストッパーが彼女に取り付けられている。
最近ことあるごとにこれまで堅固に彼女を押さえつけていたそのストッパーがガタガタとひずみ出すことがある。
彼女は突如あらゆるものが自分を刺激しだしこと(もしくはずっとそうだったのだが気づかなったこと)に感謝して、そのひとつひとつをとても大切に、幸せに思っている。


-彼女の話

執筆者:

関連記事

noimage

彼女のじんましん

ある夜、彼女は食事を作っていた。 冬の間は土鍋を好んで使う。 土鍋で作って食したものはどれも心身を熱くする。 土鍋の中に水を入れ、昆布を入れ、水でそそいだ茹でうどんを入れ、 卵を落として蓋をしたところ …

noimage

彼女とHSSと著作権と僕3

こういう時僕はすごく思う。 少し知識のある人がこれまでの彼女の話を読んだならおそらく見当がついているだろう。 そう、おそらく彼女はHSSだ。 海外でフラフラ数年暮らし、 7、8時間のトレッキングもひと …

noimage

ライフ

映画『LIFE!/ライフ(The Secret Life of Walter Mitty、2013)』の冒頭では HSPにはかなり耳障りな時計の秒針音がつづく。 最初の3分間にも満たないわずかな時間の …

noimage

彼女はあんまり神様は信じていない。 いや、正確に言えば都合のいい時だけ頼っている存在があるにはある。 そんなときに「ああ、神様お願いです」と思ったりするけれど、 それがいわゆる神社や教会によくいる神様 …

肺

彼女は最近ある男性がぜんそくで亡くなったことを聞いた。 知り合いの知り合いの話で彼女は会ったこともない。 男性は若いころからハチャメチャの生活をしていて、 周りによく迷惑をかけてる生活を送っていたそう …

PREV
彼女と酒
NEXT
友人N
秋晴れ

2018/11/24

秋晴れ

優しい時間

2018/10/19

優しい時間

noimage

2018/09/18

アンビバレンス3

記事内の彼女の絵や写真。
2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ