彼女の話

おばあちゃんズ

投稿日:2017年2月17日 更新日:

彼女は人の話を聞くのが好きだ。
それも自分と全く関係のない人たちの話を聞くのがいい。


彼女がバス停へ向かうとおばあちゃんAが座ってバスを待っていた。
少し離れたところに彼女も腰を下ろした。
その後もうひとりおばあちゃんBがやってきて、おばあちゃんAを挟んで向こう側に座った。

おもむろにおばあちゃんBが『おたくは近くですか』とおばあちゃんAに声をかけた。
『いえ、ちょっと歩いたところです』とおばあちゃんAは答えた。
彼女はイヤフォンの音量を下げた。
彼女は特にこういった年配の人の話にただ一方的に耳を傾けるのが好きだ。


そのくだりからするとふたりのおばあちゃんは初対面のようだが、
まるで昔からの知り合いのようにもういつの間にか
家はどこだ、息子がどうだ嫁がこうだと話をしているのである。
彼女はいつも老人たちのこの垣根のなさがおかしくてたまらない。
きっと長く生きてきた者同士のあ・うんの空気がそうさせているのだろうとわくわくする。


おじいちゃんがうっとうしいと愚痴るおばあちゃんBに
未亡人であるらしいおばあちゃんAがひとりの寂しさをひとしきり説いていた。
そして、おばあちゃんBが、でもじいさんはちゃんと自分の葬式代100万を貯めているのをこっそり通帳を盗み見て知ったんだと話したのを聞いて彼女は思わず吹き出しそうになった。
おばあちゃんAは感心したように驚いていたが、おばあちゃんBはそれはどの部屋のどこぞの引き出しのきれいな箱に印鑑と一緒に入れてあったのだと
もうあられもなくすべてを話すのである。
彼女は笑いを堪えながらとっさに周りを見回した。
このおばあちゃんはもうさっき自分の家がどことまで話してしまっているし、
もし悪い人が聞いていたら30分後には100万円が消えていてもおかしくないのだ。

おばあちゃんBが、まあそんな100万もあっても葬式に使うのは少しであとは残しとくんだ、と言い放ったのを最後にバスが来た。


彼女は溢れんばかりのふたりのおばあちゃんのオープンマインドに
齢を重ねるというのはこういうことかなぁ、それなら素敵だなぁと考えながら
ヨタヨタとバスに乗り込むふたりの後ろ姿を見送った。


-彼女の話

執筆者:

関連記事

彼女が死ぬとき

彼女が死ぬとき

彼女は願っている。 自分が死ぬとき それは誰かが生き延びるとき。 彼女は死をとても恐れている。 死ぬときのことを思うと怖くて怖くてたまらない。 死ななければならないのに、どうして生まれてきてしまったの …

noimage

回避依存

「確かに人は一人で生まれ一人で死んでいく。それなのにわざわざ一人では生きられない過程を通過しなければならないのはなぜか」 誰か 愛とか信頼とかいうものを知らない人間にも分かるよう、どうにか説明してやっ …

失い

失い

彼女はテレビをみない。 ニュースを見ていても、次々と流れてくる憂鬱な事件の連続に だんだん生気を奪われていくような心持がしてくる。 汚職、強盗、放火、飲酒運転、詐欺、暴行・・・ もしかしたらニュースは …

noimage

必然想起

ただだらりんと生活していてもふと必然に気づくことがある。 その度に僕らは意味のないことなんてないのかもと気付いたりする。 彼女には時折ぽん、と突拍子もなく思い出される記憶とか感覚とかいうものがあって、 …

noimage

(no title3)

「おいてく気持ちもおいてかれる気持ちもしってるよ。 そこからはじまったものもそこからつづいてったものも、あったよね。 確実にいえるただひとつのことは、それが今もそこにあるってこと。 それはとてもせつな …

記事内の彼女の絵や写真。
2019年9月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ