彼女の話

おばあちゃんズ

投稿日:2017年2月17日 更新日:

彼女は人の話を聞くのが好きだ。
それも自分と全く関係のない人たちの話を聞くのがいい。


彼女がバス停へ向かうとおばあちゃんAが座ってバスを待っていた。
少し離れたところに彼女も腰を下ろした。
その後もうひとりおばあちゃんBがやってきて、おばあちゃんAを挟んで向こう側に座った。

おもむろにおばあちゃんBが『おたくは近くですか』とおばあちゃんAに声をかけた。
『いえ、ちょっと歩いたところです』とおばあちゃんAは答えた。
彼女はイヤフォンの音量を下げた。
彼女は特にこういった年配の人の話にただ一方的に耳を傾けるのが好きだ。


そのくだりからするとふたりのおばあちゃんは初対面のようだが、
まるで昔からの知り合いのようにもういつの間にか
家はどこだ、息子がどうだ嫁がこうだと話をしているのである。
彼女はいつも老人たちのこの垣根のなさがおかしくてたまらない。
きっと長く生きてきた者同士のあ・うんの空気がそうさせているのだろうとわくわくする。


おじいちゃんがうっとうしいと愚痴るおばあちゃんBに
未亡人であるらしいおばあちゃんAがひとりの寂しさをひとしきり説いていた。
そして、おばあちゃんBが、でもじいさんはちゃんと自分の葬式代100万を貯めているのをこっそり通帳を盗み見て知ったんだと話したのを聞いて彼女は思わず吹き出しそうになった。
おばあちゃんAは感心したように驚いていたが、おばあちゃんBはそれはどの部屋のどこぞの引き出しのきれいな箱に印鑑と一緒に入れてあったのだと
もうあられもなくすべてを話すのである。
彼女は笑いを堪えながらとっさに周りを見回した。
このおばあちゃんはもうさっき自分の家がどことまで話してしまっているし、
もし悪い人が聞いていたら30分後には100万円が消えていてもおかしくないのだ。

おばあちゃんBが、まあそんな100万もあっても葬式に使うのは少しであとは残しとくんだ、と言い放ったのを最後にバスが来た。


彼女は溢れんばかりのふたりのおばあちゃんのオープンマインドに
齢を重ねるというのはこういうことかなぁ、それなら素敵だなぁと考えながら
ヨタヨタとバスに乗り込むふたりの後ろ姿を見送った。


-彼女の話

執筆者:

関連記事

それ以来の戸惑いと逡巡と躊躇の葛藤のゆらゆら

それ以来の戸惑いと逡巡と躊躇の葛藤のゆらゆら

それ以来、彼女は自分の中に葛藤が生まれたことに気付いた。 そもそもトラブルが起こりうるような人間関係(親密になるなど)を作らないのが彼女だ。 これまでの彼女は万が一誰か何かとトラブルが起これば、 その …

恋判定

判定

その人について考えが止まらない間、他のことが完全に飛んでしまう。 そしてそれは彼女が彼女であるという自信を喪失させ、 自分が自分ではなく、誰かに乗っ取られてしまったかのような不安が押し寄せてくる。 そ …

”変わる”ということは何かを”失くす”ということ

”変わる”ということは何かを”失くす”ということ。

”変わる”ということは何か”失くす”ということだ。 ある人たちにとっては当然かもしれないその事実に彼女はようやく気付きかけている。 彼女は変わるということについてほとんど意識すらしていなかった。 ただ …

noimage

彼女の正月

休みの前の彼女は完全に引きこもれるだけの食料と本とレンタルDVDなどを調達する。 ただし今回の連休はそれに加えて、きちんと年末の大掃除を済ませ、 年越しと新年の準備も欠かさなかった。 ひとりで新年を迎 …

彼女の洞窟リテラシー

彼女の洞窟リテラシー

彼女は本当はずっと小さな頃からずっとずっと感じていたのだ。 自分は何か違うということを。 どんなに自己主張が強くてもちっとも伝わらないことはどこかで分かっていた。 むしろあの頃の方が自分の中の宇宙に気 …

表面下の世界

2019/01/16

表面下の世界

渇き

2019/01/07

渇き

秋晴れ

2018/11/24

秋晴れ

記事内の彼女の絵や写真。
2019年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ