彼女の話

渇き

投稿日:

また新しい年が明けた。

平成が終わる。
平成最後の。
時代が変わる。
あらゆるメディアがうるさいほどに謳う。

彼女にはなんの関係もないことだ。


その日彼女は脱水症状でぶっ倒れていた。
年が明けたばかりの美しい青が広がる日だった。

ぶっ倒れていた、といっても、
いつもの彼女だった、といえばそうなのだ。
ベッドの上で壁に顔を向けて横たわっていただけなのだから。

僕は彼女の顔を覗き込んで、随分肌が乾燥しているなぁ、ぐらいに思った。
異変に気付いたのはふとんをかけ直してやろうと思って
ふわりと羽毛布団を引っ張り上げたとき、やたらと中の空気が熱いのを感じたときだった。

”あれ、熱があるな”と思って、僕は彼女を起こしにかかった。


彼女は胃腸炎になっていた。
でもどんな小さな風邪でも、大病でも、一番怖いのは脱水症状だ。


脱水症状というのは不思議だ。
命に関わるほどの渇きであるはずなのに、人はそれに気づかない。
例えばライオンが背後から襲ってきたら、人は即座に命の危険を察して本能的に動くのに
同じく生命を脅かす渇きにはひどくひどく驚くほどに鈍感なのである。
ただじわじわと失っていくに身を流してしまう。


ただし彼女は自分が脱水症状を起こすだろう、と気付いていた。
どうして彼女がそのまま眠ってしまったのか。
それは少し眠っても大丈夫、と知っていたから。
彼女は自分の内面に起こっていることを分かっている。


渇きに気付いていること。
休みながら動いてもまだ大丈夫だと知っていること。
眠りが初動を起こすに必要だと分かっていること。



いつ時代が終わり、いつどんな新時代が、どんな熱を持ってこようと
それは僕たちにはあまり関係ない。
ただ享有する内からの熱と渇きを大事に欲動に変えていくだけなのだ。
彼女が自分の足で救急外来を訪ねたように。

渇き

-彼女の話

執筆者:

関連記事

noimage

彼女の秘密

彼女はついに絵も描かなくなってしまった。 動悸もするし、ひどく憂鬱そうにしている。 呼吸がしにくいせいで酸素が脳や体内に行きわたっていないのか、 四六時中眠気と闘っている。 だからといって横になっても …

彼女のカーテン

彼女のカーテン

彼女の部屋のカーテンは大体いつも閉じられている。   彼女の瞳の色は普通のひとより真っ黒だ。 髪の色も真っ黒だが、たぶん瞳はもっと黒い。 でも彼女は眩しく明るい場所が好きじゃない。 年を経て …

noimage

腱鞘炎

彼女は最近線を描く。 あまりたくさんの点がかけなくなってしまったからだ。 会う医者や治療者によって腱鞘炎だと言われたり手根症候群だと言われたり色々だが、 とにかく昔から彼女は手をよくやられる。 腱鞘炎 …

彼女が失うもの

彼女が失うもの

彼女は、こういう自分が失うものは何だろうと考える。 人と距離をあけすぎる自分。みんなができることができない自分。嫌なことにはどうしても我慢ができない自分。そしてそれらすべての自分から逃げている自分。 …

デジャヴ

デジャヴ

彼女のデジャヴはすべて「確かに夢でみたもの」だそうで 彼女はそれがいつ頃みた夢であったかも憶えている。 デジャヴとなった夢の中では感情はなく「何を考えても思っても感じてもいない」。 さらには「どうして …

記事内の彼女の絵や写真。
2019年8月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ