彼女の話

渇き

投稿日:

また新しい年が明けた。

平成が終わる。
平成最後の。
時代が変わる。
あらゆるメディアがうるさいほどに謳う。

彼女にはなんの関係もないことだ。


その日彼女は脱水症状でぶっ倒れていた。
年が明けたばかりの美しい青が広がる日だった。

ぶっ倒れていた、といっても、
いつもの彼女だった、といえばそうなのだ。
ベッドの上で壁に顔を向けて横たわっていただけなのだから。

僕は彼女の顔を覗き込んで、随分肌が乾燥しているなぁ、ぐらいに思った。
異変に気付いたのはふとんをかけ直してやろうと思って
ふわりと羽毛布団を引っ張り上げたとき、やたらと中の空気が熱いのを感じたときだった。

”あれ、熱があるな”と思って、僕は彼女を起こしにかかった。


彼女は胃腸炎になっていた。
でもどんな小さな風邪でも、大病でも、一番怖いのは脱水症状だ。


脱水症状というのは不思議だ。
命に関わるほどの渇きであるはずなのに、人はそれに気づかない。
例えばライオンが背後から襲ってきたら、人は即座に命の危険を察して本能的に動くのに
同じく生命を脅かす渇きにはひどくひどく驚くほどに鈍感なのである。
ただじわじわと失っていくに身を流してしまう。


ただし彼女は自分が脱水症状を起こすだろう、と気付いていた。
どうして彼女がそのまま眠ってしまったのか。
それは少し眠っても大丈夫、と知っていたから。
彼女は自分の内面に起こっていることを分かっている。


渇きに気付いていること。
休みながら動いてもまだ大丈夫だと知っていること。
眠りが初動を起こすに必要だと分かっていること。



いつ時代が終わり、いつどんな新時代が、どんな熱を持ってこようと
それは僕たちにはあまり関係ない。
ただ享有する内からの熱と渇きを大事に欲動に変えていくだけなのだ。
彼女が自分の足で救急外来を訪ねたように。

渇き

-彼女の話

執筆者:

関連記事

知ること

知ること

彼女はいつも何かを考えている。 「考える」とは一見思慮深く大切なことのように思えるがなにごともやりすぎはよくない。 彼女は考えることを止めることができない。 ひとは脳で「考える」。 「考える」と感情が …

noimage

彼女と陰口

職場というのは時に陰口の宝庫となりうる。 彼女の職場も残念ながら例外ではない。 彼女は陰口というのは色んな人の分かりやすい価値観の集まりであるな、とつくづく思う。 「それは本当におもしろくて、いいかげ …

消えた『群集の中の孤独』

消えた『群集の中の孤独』

彼女は最近彼女にしては頻繁に人ごみの中へ出かけている。 用があって出ているのだが、久しぶりに雑踏の中へ出かけて新鮮味があるようだ。 彼女は萩原朔太郎の『群集の中に居て』という詩がとても好きだ。 都会へ …

彼女と車

彼女と車

彼女は車の運転ができない。 免許を持っていないのだ。 今まで、ないならないでどうにかなるものでさして困ったことはなかったのだが 最近彼女はそろそろ免許をとろうか、と考えている。   運転しな …

noimage

彼女はあんまり神様は信じていない。 いや、正確に言えば都合のいい時だけ頼っている存在があるにはある。 そんなときに「ああ、神様お願いです」と思ったりするけれど、 それがいわゆる神社や教会によくいる神様 …

表面下の世界

2019/01/16

表面下の世界

渇き

2019/01/07

渇き

秋晴れ

2018/11/24

秋晴れ

記事内の彼女の絵や写真。
2019年3月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ