彼女の話

知ること

投稿日:2017年2月11日 更新日:

彼女はいつも何かを考えている。
「考える」とは一見思慮深く大切なことのように思えるがなにごともやりすぎはよくない。

彼女は考えることを止めることができない。


ひとは脳で「考える」。
「考える」と感情がうごく。
感情がうごくと生理的に体が反応する。
おでこに力が入ったり、顎に力が入ったりして。

どこかでやめないとあたまもこころもからだも疲弊していく。
それなのに彼女は目が醒めて意識が眠りに落ちていくまで、もしかしたらそのあとも考え続けている。
一体何についてそんなに考えているのか。


誰かと話をしているときもあるという。
正確に言うと、誰かに彼女が一方的にただ話し続けているだけのようなのだが、
誰に話しかけているかはわかるときもあるし、知らない誰かのときもある。
妄想みたいなものかもしれない。

どちらにせよ、彼女は思考し想像しつづける。


彼女を苦しめていたのは、答えが出ない疑問の数々でも虚実のあわいについてでもない。
彼女が苦しんでいたのは、自分は考えを止めることができないという事実それこそだった。

ある日彼女は、自分が考えることをやめられないのは生まれつきだと知った。
それは彼女の目や髪の毛がまっくろだということや、足が短いということと同じように変えようがない先天的ものだと知った。
それまでどうにか思考をストップさせようと無理矢理にヘヴィーな運動をして疲れ果ててしまったり、巷に出回っている自己啓発本を立ち読みして気分が悪くなったり、一日中スケジュールでいっぱいにして考える暇を作らないように忙しくしまくった挙句吐いたりしたのも
笑えるくらい自然に反していたのだと知った。


それをきっかけに彼女は少し楽になった。
それまで自分はなんの生産性も役にも立たないことを考えて、ああなんてくだらないんだろうと、時間も労力も無駄だとなんとかムリに止めようとしていたが、
そんな努力こそ効力はないのだから、自然と落ち着くまで考え続けようと腹をくくった。
おかげで、考える→止めたい→止められない→苦悩→また考える、の負のスパイラルが
考える→考える→考える→考える→・・・のシンプルな構図に変わった。


彼女はいつだって人を苦しめるのも楽にするのも目の前にある現実で意識で知識でそれを自分が知ることだ、と
そう気づけた今の自分はとてもラッキーだと思っている。


知ること

-彼女の話

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

優しい時間

優しい時間

彼女はここひと月ほどとっても長い夢を毎晩みている。 朝意識が起きると、何か6時間ほどの長い長い映画をみたような それでいて自分が異世界にいたかのような見事な浮遊感をもって目を覚ます。 目覚めたときの気 …

そのおびただしい全存在

そのおびただしい全存在

彼女はそれを見たとき自分のそれが本当に白糸であると思った。 彼女はナイアガラの滝をみたのだ。 その腕はもう入れるところがない、と言うほどに白い切り傷でいっぱいだった。 上腕にも太く白いあとがいくつか残 …

彼女の洞窟リテラシー

彼女の洞窟リテラシー

彼女は本当はずっと小さな頃からずっとずっと感じていたのだ。 自分は何か違うということを。 どんなに自己主張が強くてもちっとも伝わらないことはどこかで分かっていた。 むしろあの頃の方が自分の中の宇宙に気 …

noimage

沿線生活

彼女は昔お金がとてもなかったとき、 線路沿いの安いアパートに住んでいた。 すごく安かったけど、すごくうるさかった。 騒音や刺激に打たれ強い人だって線路沿いの部屋は安くても避ける。 だれだって静かな生活 …

もの・もの・もの・

もの・もの・もの・

彼女はなるべくものを持ちたくないと思っている。 それにも関わらず、昨年末の大掃除で彼女は自分の持っているものの多さに仰天した。 「いつの間にこんなに増殖したのか」 彼女は数年の外国での暮らしから帰国し …

PREV
モフモフ
NEXT
繊細
記事内の彼女の絵や写真。
2019年8月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ