彼女の話

彼女が死ぬとき

投稿日:

彼女は願っている。

自分が死ぬとき

それは誰かが生き延びるとき。


彼女は死をとても恐れている。
死ぬときのことを思うと怖くて怖くてたまらない。
死ななければならないのに、どうして生まれてきてしまったのだろうとよく考えている。

しかし生まれたからには死ななければならないのだ。
だれも逃れることはできない。
彼女は死ななければならない。


ただし彼女には不確実な確信がある。
自分は誰かの身代わりになって死ぬだろう。



彼女は想像する。

彼女はバスを待っている。
幼児が向こうから家族と笑いながら近づいてくる。
大きな通りだ。
縁石にたまった、たくさんのきれいな落ち葉に惹かれて幼児は車道へ近づいていく。
母親も父親も幼児の兄妹も、まだ木にひっついて離れない紅葉に見とれて気づかない。

彼女は幼児を眺めながら自分のようだと口角をあげる。
みんなが見ていないものを追ってしまう。
気になる。惹かれる。欲する。触れたい。
周りが見えない。

彼女は心の中で幼児に話しかける。
上を向いてもきれいだけど、下に落ちてるものもすごくきれいだよね。

ふいにバスが角を曲がってくる。
幼児の背後に巨大な鉄の塊が現れる。


「あ」


幼児にかけよる。
時間が止まる。
彼女は赤や黄色に染まった落ち葉と一緒に、すくい上げるように幼児を抱く。


離さない。


バスを背で受け止める。


ぜったいに、離さない。


赤い落ち葉が目の前に広がる。
やがて静かにそして徐々に日が暮れる。


これでいい。
これがいい。
こうやって死にたい。
こわくない。


彼女は願っている。

自分が死ぬとき

それは誰かが生き延びるとき。



彼女が死ぬとき

-彼女の話

執筆者:

関連記事

noimage

トリガー

”やりたいことがない”という人は意外なほどたくさんいる。 彼女は知っている。 昔は自分もそうだった。 「本当はアレもコレもやりたい。でも現実的ではない。だからできない」 結果”できることがない”と”し …

noimage

彼女の最大の矛盾1

彼女は、たとえば誰かがしあわせになれることで、 それと引き換えに自分が生まれて来ないことになったとしてもそれでよかったのに、と思っている。 彼女は、どんなに悪いことが起こったとしても最後は必ず良いほう …

彼の生まれた意味

彼の生まれてきた意味

彼の話には続きがある。 いや、続きというよりもプロローグというべきか。 別にHSPじゃなくたって、 僕らもふと「一体自分は何のために生まれてきたのか」と漠然と思う時はある。 ぜんそくで死んだ彼は生きて …

noimage

偏愛

彼女は好き嫌いが激しい。 嫌いなものは我慢ができないくらい嫌いだし、 好きなものはなんだかもうどうしようもないくらいに好きになってしまう。 とてもいい音楽を見つけてしまったときはそれから数か月は同じア …

それ以来の戸惑いと逡巡と躊躇の葛藤のゆらゆら

それ以来の戸惑いと逡巡と躊躇の葛藤のゆらゆら

それ以来、彼女は自分の中に葛藤が生まれたことに気付いた。 そもそもトラブルが起こりうるような人間関係(親密になるなど)を作らないのが彼女だ。 これまでの彼女は万が一誰か何かとトラブルが起これば、 その …

記事内の彼女の絵や写真。
2019年8月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ