彼女の話

彼女が死ぬとき

投稿日:

彼女は願っている。

自分が死ぬとき

それは誰かが生き延びるとき。


彼女は死をとても恐れている。
死ぬときのことを思うと怖くて怖くてたまらない。
死ななければならないのに、どうして生まれてきてしまったのだろうとよく考えている。

しかし生まれたからには死ななければならないのだ。
だれも逃れることはできない。
彼女は死ななければならない。


ただし彼女には不確実な確信がある。
自分は誰かの身代わりになって死ぬだろう。



彼女は想像する。

彼女はバスを待っている。
幼児が向こうから家族と笑いながら近づいてくる。
大きな通りだ。
縁石にたまった、たくさんのきれいな落ち葉に惹かれて幼児は車道へ近づいていく。
母親も父親も幼児の兄妹も、まだ木にひっついて離れない紅葉に見とれて気づかない。

彼女は幼児を眺めながら自分のようだと口角をあげる。
みんなが見ていないものを追ってしまう。
気になる。惹かれる。欲する。触れたい。
周りが見えない。

彼女は心の中で幼児に話しかける。
上を向いてもきれいだけど、下に落ちてるものもすごくきれいだよね。

ふいにバスが角を曲がってくる。
幼児の背後に巨大な鉄の塊が現れる。


「あ」


幼児にかけよる。
時間が止まる。
彼女は赤や黄色に染まった落ち葉と一緒に、すくい上げるように幼児を抱く。


離さない。


バスを背で受け止める。


ぜったいに、離さない。


赤い落ち葉が目の前に広がる。
やがて静かにそして徐々に日が暮れる。


これでいい。
これがいい。
こうやって死にたい。
こわくない。


彼女は願っている。

自分が死ぬとき

それは誰かが生き延びるとき。



彼女が死ぬとき

-彼女の話

執筆者:

関連記事

noimage

夢の話3

彼女はドラえもんやのび太たちが住んでるような 平たい街にすんでいるようだった。 高い建物がなく、一軒家がただ立ち並ぶ住宅街。 あの塀に囲まれた、車一台と人がやっと通れるような 薄いグレイの道を彼女は誰 …

noimage

彼女と誰か

彼女は唐突に気づいてぎょっとした。 ちょっと待て。 だれかいる。 一体自分は誰なのか、どれが自分なのか、という問いに彼女ははからずもがんじがらめになっている。 ただ、少なくともその”自分”たちをある程 …

noimage

スパティフィラムの幸せ自慢

夜中彼女はふと目を醒ましてそばの明かりをつけた。 スパティフィラムが葉先に露を溜めていた。 スパティフィラムは水をたっぷり与えられると根で吸収したのち、 水分コントロールのために余分な水分をそうやって …

noimage

彼女はまた少し小さくなった

彼女はあまり大きくない。 考えることを止めることができないので、そのために四六時中神経をすり減らし、 結果食べても食べてもほとんど太ることができない。   最近彼女はまた少し痩せた。 手首を …

noimage

彼女と窮屈な箱

これも巨大物恐怖症と同じく彼女の弱点のひとつだが、 大きすぎるものと反対に彼女は狭い空間を嫌がる。 閉所恐怖症だ。 なぜこうなったかは分からないが、 とてもとても小さかったときの彼女はむしろそんな場所 …

優しい時間

2018/10/19

優しい時間

noimage

2018/09/18

アンビバレンス3

棚

2018/08/29

記事内の彼女の絵や写真。
2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ