彼女の話

彼女が死ぬとき

投稿日:

彼女は願っている。

自分が死ぬとき

それは誰かが生き延びるとき。


彼女は死をとても恐れている。
死ぬときのことを思うと怖くて怖くてたまらない。
死ななければならないのに、どうして生まれてきてしまったのだろうとよく考えている。

しかし生まれたからには死ななければならないのだ。
だれも逃れることはできない。
彼女は死ななければならない。


ただし彼女には不確実な確信がある。
自分は誰かの身代わりになって死ぬだろう。



彼女は想像する。

彼女はバスを待っている。
幼児が向こうから家族と笑いながら近づいてくる。
大きな通りだ。
縁石にたまった、たくさんのきれいな落ち葉に惹かれて幼児は車道へ近づいていく。
母親も父親も幼児の兄妹も、まだ木にひっついて離れない紅葉に見とれて気づかない。

彼女は幼児を眺めながら自分のようだと口角をあげる。
みんなが見ていないものを追ってしまう。
気になる。惹かれる。欲する。触れたい。
周りが見えない。

彼女は心の中で幼児に話しかける。
上を向いてもきれいだけど、下に落ちてるものもすごくきれいだよね。

ふいにバスが角を曲がってくる。
幼児の背後に巨大な鉄の塊が現れる。


「あ」


幼児にかけよる。
時間が止まる。
彼女は赤や黄色に染まった落ち葉と一緒に、すくい上げるように幼児を抱く。


離さない。


バスを背で受け止める。


ぜったいに、離さない。


赤い落ち葉が目の前に広がる。
やがて静かにそして徐々に日が暮れる。


これでいい。
これがいい。
こうやって死にたい。
こわくない。


彼女は願っている。

自分が死ぬとき

それは誰かが生き延びるとき。



彼女が死ぬとき

-彼女の話

執筆者:

関連記事

ざわざわする

ざわざわする

彼女はざわざわすると言って落ち着かないことがある。 それは「心臓がいつもの場所から2cmほど重く浮かんだり沈んだりしている」感じだという。 動悸がする。 眉間にはずっと力が入ったままになる。 ときどき …

noimage

(確固)

彼女は自分がどうしてこんなにもゆらゆらしているのかずっと気になっていた。 最近『民衆の敵』というドラマをみてそれがなんなのか少し分かった気がした。 彼女には確固がないのである。 『民衆の敵』には様々な …

なんという赤!

なんという赤!

無理して笑ってるでしょ 男は目の前にいたのだが、彼女は こいつ後ろから私を見ている、と悟った。 私のななめ後ろにいて、仮面と顔の境目にできた影を見てる、と思った。 はっと気づいた時、男はさらに畳みかけ …

noimage

水面に浮かび上がる絵

田植えの時期だ。 彼女は少しずつワクワクし始める。 今年の梅雨は降水量が少ないようだ。 梅雨に入ったとは言いながら日が差している日の方が多い。 彼女は少し知っているだけの農家のおじさんと顔を合わせるた …

惜しい音

惜しい音

彼女にしか聴こえない音がある。 ごく小さいころから聴こえていたので、それがどうも他の人には聴こえていないようだ、と気付いた時はかなり仰天した。 一番最初に気付いた音は太鼓の音だった。 夏だったので近所 …

記事内の彼女の絵や写真。
2019年12月
« 10月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
This error message is only visible to WordPress admins

Error: No connected account.

Please go to the Instagram Feed settings page to connect an account.

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ