彼女の話

ある朝

投稿日:

彼女はもう何年も飲まない日の方が少ない毎日だった。
飲みすぎることも時にはあったが、ほとんどは彼女の日々のささやかな楽しみであった。



ある朝彼女はいつものように目を醒まし、
いつものように布団から抜け出してカーテンを開けた。
やわらかな明るい日差しの朝だった。

半分ぼんやりとした意識で半分ほど残った白ワインのボトルが目に入った。
前の晩に飲んで、冷蔵庫に入れ忘れたものだった。


しばらく(、と思ったが実際はそう大して長い時間ではなかったかもしれない)
置き去りになったボトルを眺めたあと、彼女はそれを手に取って
固くしめられていたスクリューキャップを回し外した。

ふ・・・っ。


ボトルの中にこもっていた何かが音をたてたような気がした。


それから彼女は何の気なしに中身を排水溝に流し入れた。
昏い昏いどこまでも続きそうな黒い管の中に
こぷこぷこぷこぷ、と小気味よい音を鳴らしながらその金色の液体は姿を消していった。

そしていつも通り水をいれて中をそそぎ、乾燥させるためにひっくり返し立てかけた。

空になり逆さまになって傾いているボトルをまたしばらく見ていた。
まだ眠たいような気がした。



この日から彼女は全く酒を飲まなくなった。



-彼女の話

執筆者:

関連記事

noimage

知覚過敏

彼女は再び知覚過敏に悩まされている。 知覚過敏というのは、何らかの原因で歯の表面のエナメル質が剥がれ落ち 象牙質がむき出しになることで、神経に刺激が伝わりやすくなり痛みとなってしまう症状だ。 予防歯科 …

noimage

彼女のペルソナ

彼女は「いつも100匹くらい猫かぶって生きてるから」と少し自虐的に笑う。 相手によっては「200匹になったり、10匹くらいになったりする」らしく 見ていても彼女はかなりうまく「猫をかぶって」いる。女優 …

彼女のカーテン

彼女のカーテン

彼女の部屋のカーテンは大体いつも閉じられている。   彼女の瞳の色は普通のひとより真っ黒だ。 髪の色も真っ黒だが、たぶん瞳はもっと黒い。 でも彼女は眩しく明るい場所が好きじゃない。 年を経て …

noimage

彼女と窮屈な箱

これも巨大物恐怖症と同じく彼女の弱点のひとつだが、 大きすぎるものと反対に彼女は狭い空間を嫌がる。 閉所恐怖症だ。 なぜこうなったかは分からないが、 とてもとても小さかったときの彼女はむしろそんな場所 …

彼女とテレビ

彼女とテレビ

彼女はほとんどテレビを観ない。 唯一続けて毎週観ているのはイッテQで、出演者はみんな好きだが、 特に「イモトとオカリナと出川(親しみ込めて敬称略)」がとても好きだ。   ときどき気になるドラ …

記事内の彼女の絵や写真。
2019年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
This error message is only visible to WordPress admins

Error: No connected account.

Please go to the Instagram Feed settings page to connect an account.

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ