彼女の話

『鑑定士と顔のない依頼人』

投稿日:2017年3月4日 更新日:

『鑑定士と顔のない依頼人』(The Best Offer、2013) ネタバレ注意





この間彼女は放心したような興奮したような様子で観た映画のエンディングについて話し出した。
とてもとても美しいラストシーンだったのだと。


『鑑定士と顔のない依頼人』など彼女は聞くからに憂鬱になりそうだと思ったが、
たくさんの絵が出てくると知ってDVDを借りてきた。

観ている途中、ところどころにたくさんの謎や伏線が張られているようだったが、
彼女は根が単純というか素直すぎるというか、
そういったところに気付いてもなんとなく気づかぬ振りをして、
そのままをそのままで観ていく。
だから最後の最後で主人公と同じショックを受けることになる。

(彼女は観ながら、自分は現実も映画も同じようにみているのだなとふと思う。
小さな違和感に気付いていても、それをいつも置き去りにして信じ込み、
そこから踏み込んでいこうとしない。)


とにかくこの映画の主人公である年老いた鑑定士は
最後は初めて信用し愛した人たちに『裏切られる』ことになるのだが、
「それだのに、それだけとは思得ない感情の静謐と穏やさがそこにあって、
これで良かったはずはないのに、
歯車の噛み合う音でいっぱいの奇妙なレストランにひとり座る老年の男の姿が
果てしなく美しくみえる」。
ハッピーエンドではなかったか、となぜか思ってしまうような。


この映画を観てからしばらく経つようだが
彼女は未だにぼんやりとこの映画について考えている。

-彼女の話

執筆者:

関連記事

noimage

彼女と鉛筆

彼女は鉛筆がめちゃくちゃ好きだ。 それから鉛筆をカッターで削るのが更に好きだ。 彼女は鉛筆のあの柔らかさが好きだ。 いわゆるシャーペンは紙を傷つけながらかいている感があるのだという。 かいたあとに紙を …

noimage

静けさと感情でいっぱいの場所

彼女はときどき美術館に行く。 行ったことのない遠くの美術館へも気になる展示があれば出かけていく。 美術館は大抵街の真ん中にあったりして、 駅の改札を抜け、雑踏を抜け、美術館の入り口を抜けると突然ロビー …

noimage

共鳴する彼女

彼女は知らない人と話すが苦手だ。 それにも関わらず見知らぬ人に話しかけられやすい。 たとえば職場に新しい人が入ってきたとき、 彼女はできるだけ自分の存在を薄く薄く振る舞い、必要に応じて あの「どうか話 …

noimage

彼女は昼寝をする。 あまり長くはしない。   誰でも昼間いくらぎゅっと目をつむっても光を感じるものだ。 彼女は少しの刺激にも反応してしまうので光にも敏感であり、 視界が明るく感じると眠ること …

ワガママ

”この人は結局ワガママなんだよ、自分が一番かわいくて一番大事なんだ”

彼女は人に好かれるのも苦手だ。 以前”この人は結局ワガママなんだよ、自分が一番かわいくて一番大事なんだ”と言われ、 彼女は全くもってその通りだと笑ってしまった。 なので彼女はあまり人に予定を合わせたり …

表面下の世界

2019/01/16

表面下の世界

渇き

2019/01/07

渇き

秋晴れ

2018/11/24

秋晴れ

記事内の彼女の絵や写真。
2019年4月
« 1月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ