彼女の話

『鑑定士と顔のない依頼人』

投稿日:2017年3月4日 更新日:

『鑑定士と顔のない依頼人』(The Best Offer、2013) ネタバレ注意





この間彼女は放心したような興奮したような様子で観た映画のエンディングについて話し出した。
とてもとても美しいラストシーンだったのだと。


『鑑定士と顔のない依頼人』など彼女は聞くからに憂鬱になりそうだと思ったが、
たくさんの絵が出てくると知ってDVDを借りてきた。

観ている途中、ところどころにたくさんの謎や伏線が張られているようだったが、
彼女は根が単純というか素直すぎるというか、
そういったところに気付いてもなんとなく気づかぬ振りをして、
そのままをそのままで観ていく。
だから最後の最後で主人公と同じショックを受けることになる。

(彼女は観ながら、自分は現実も映画も同じようにみているのだなとふと思う。
小さな違和感に気付いていても、それをいつも置き去りにして信じ込み、
そこから踏み込んでいこうとしない。)


とにかくこの映画の主人公である年老いた鑑定士は
最後は初めて信用し愛した人たちに『裏切られる』ことになるのだが、
「それだのに、それだけとは思得ない感情の静謐と穏やさがそこにあって、
これで良かったはずはないのに、
歯車の噛み合う音でいっぱいの奇妙なレストランにひとり座る老年の男の姿が
果てしなく美しくみえる」。
ハッピーエンドではなかったか、となぜか思ってしまうような。


この映画を観てからしばらく経つようだが
彼女は未だにぼんやりとこの映画について考えている。

-彼女の話

執筆者:

関連記事

優しい時間

優しい時間

彼女はここひと月ほどとっても長い夢を毎晩みている。 朝意識が起きると、何か6時間ほどの長い長い映画をみたような それでいて自分が異世界にいたかのような見事な浮遊感をもって目を覚ます。 目覚めたときの気 …

彼女の恥

彼女の恥

彼女はどうやら「ものすごく恥ずかしいこと」をしてしまったようだ。 ある人と話しているうちに頭にきて派手に口喧嘩をかましたらしい。 そんなことはなんの恥でもない、生きていればそんな経験の一度や二度はある …

noimage

彼女と箱の世界のフラクタル

彼女がはじめて自分の気質について知ったとき、 結果的にそうか、そういうところに入るんですね、ということで落ち着いた。 人は誰でも何かしら生きづらくなる何かをもっている。 それは自分の変えようのない体に …

noimage

人が好き至上主義者と彼女

彼女には劣等感がある。 幼いころは大きくなれば他の人と同じように周りとうまく付き合っていけるだろうと思っていた。 今自分がそうできないのは、まだ小さいからだと。 今は算数ができないけれど、大人になれば …

noimage

彼女とLINE

彼女はLINEをやっていない。 できるだけ多くの人とつながらないようにしているのだから当然といえば当然だが、 まあ大体人はそれを聞いただけで彼女を少し変わった人だ、と思うだろう。   LIN …

秋晴れ

2018/11/24

秋晴れ

優しい時間

2018/10/19

優しい時間

noimage

2018/09/18

アンビバレンス3

記事内の彼女の絵や写真。
2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ