彼女の話

『鑑定士と顔のない依頼人』

投稿日:2017年3月4日 更新日:

『鑑定士と顔のない依頼人』(The Best Offer、2013) ネタバレ注意





この間彼女は放心したような興奮したような様子で観た映画のエンディングについて話し出した。
とてもとても美しいラストシーンだったのだと。


『鑑定士と顔のない依頼人』など彼女は聞くからに憂鬱になりそうだと思ったが、
たくさんの絵が出てくると知ってDVDを借りてきた。

観ている途中、ところどころにたくさんの謎や伏線が張られているようだったが、
彼女は根が単純というか素直すぎるというか、
そういったところに気付いてもなんとなく気づかぬ振りをして、
そのままをそのままで観ていく。
だから最後の最後で主人公と同じショックを受けることになる。

(彼女は観ながら、自分は現実も映画も同じようにみているのだなとふと思う。
小さな違和感に気付いていても、それをいつも置き去りにして信じ込み、
そこから踏み込んでいこうとしない。)


とにかくこの映画の主人公である年老いた鑑定士は
最後は初めて信用し愛した人たちに『裏切られる』ことになるのだが、
「それだのに、それだけとは思得ない感情の静謐と穏やさがそこにあって、
これで良かったはずはないのに、
歯車の噛み合う音でいっぱいの奇妙なレストランにひとり座る老年の男の姿が
果てしなく美しくみえる」。
ハッピーエンドではなかったか、となぜか思ってしまうような。


この映画を観てからしばらく経つようだが
彼女は未だにぼんやりとこの映画について考えている。

-彼女の話

執筆者:

関連記事

noimage

好きなことを憂違う

彼女は絵を描くのが好きだ。 本を読むのも好きだ。 音楽を聴くのも好きだし、興味のあることを勉強するのも好きだ。 でもそれらのひとつも出来ない時がある。 彼女は人より少し疲れやすい。 一日中あらゆる刺激 …

noimage

朝目覚めたときの彼女

彼女の状態は朝目が覚めたときに分かる。 意識が覚醒した時、最初に感じたのが今現在の彼女の健康状態に一番近い。 最近の彼女のスケジュールは毎日毎時間ギチギチに詰まっている。 今何事かを成しながら常に数時 …

noimage

ミルクと牛乳

余談だが、ここで彼女になぜミルクなのかと尋ねられた。 牛乳ではいけないのか、というのだ。 僕はそこはそんなに重要ではないと話した。 彼女は眉をひそめた。 言葉を使うのにシャレづくなというのである。 ハ …

noimage

彼女のじんましん2

その後も彼女は突拍子もない痒みと肌のツッパリと腫れに襲われた。 時には顔だけでなく、首や鎖骨辺りまで赤くなることがあった。 ほとんどは夜だったが、出勤まえに起こるとすごく焦った。 彼女はキノコが大好き …

noimage

彼女の最大の矛盾1

彼女は、たとえば誰かがしあわせになれることで、 それと引き換えに自分が生まれて来ないことになったとしてもそれでよかったのに、と思っている。 彼女は、どんなに悪いことが起こったとしても最後は必ず良いほう …

表面下の世界

2019/01/16

表面下の世界

渇き

2019/01/07

渇き

秋晴れ

2018/11/24

秋晴れ

記事内の彼女の絵や写真。
2019年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ