彼女の話

涙の世界

投稿日:

彼女は目に涙をいっぱいに溜めていた。
僕は彼女が一体どこに視線を定めているのか分からなかった。
それはおそらく彼女から見えた世界も同じだったに違いない。
ちょうどプールで水面があなたの網膜を横切った時、
その揺れる波が誘ったあの不安をあなたは覚えているだろうか。
彼女はずっとその中にいる。


彼女は許すことができない。
何か怒りや悲しみを抱えてはすべて箱や壺なんかにいれてどこかに置いてくる。
でもそれはふとしたことをきっかけに蓋が開いてしまい、
そして彼女のリアクタンスが勃興する。
誰かが始めて、自分で仕掛けたその呪縛に突然また気づかされる。

思い出した途端に、彼女の心の中は
「まるで運動場に引かれた石灰の線たちが雨に打たれて汚く消えて行くように」
まだらになっていく。



彼女は分かっている。
許してしまえばいい。
しょうがなかったのだ。
あの中に入っているすべてはどうしようもなかったことだ。
自由に楽に生きている人たちはきっと多くが許すことのできる人たちだ。
自分もそうなれるはずだ。
許してしまえばいい。

一体何度そう思ったことだろう。
その度に彼女は目に涙が溜っているんだか、自分がプールに漂っているのだか
それが分からないくらいに視線を泳がせ、でも絶対に零さないように気をつけながら
許すことができない自分を悔いている。
それこそが自分の首を絞め続けているのが余計につらい。


彼女はまた涙の世界を浮遊しながら思った。
自分はどれだけ許されなかったのだろう。
そして自分は一体どれだけの人からどれだけの許しを得てきたのだろう。
許しが可算名詞だとしたらどっちがどのくらい多いだろう。

彼女は考えたくもない、というように顔をしかめた。
そしてまた気づく。
こうやってまた首が締まっていく。
濡らされて乾かされた革ひものようにどんどん強固に。


彼女は紙にかきだしてみようとしている。
それは文字かもしれないし、絵かもしれない。
吐き気がしても、許された事実を可視化しようと。
せめて水面上へ上がってこようと。
少しそう考えている。

-彼女の話

執筆者:

関連記事

noimage

彼女とtwitter

彼女は僕が作ったこのブログ用のtwitterアカウントで少し向こうの大きな存在に近づいた。 大げさに思うかもしれないが、彼女にとってはあなたが初めて人前で歌うということと同じくらい緊張することなのだ。 …

noimage

破れ仮面

彼女はそんなに簡単に仮面をつけることはできない。 自分の城、という自分だけの個室の空間にいていきなり”自分”以外にはなれないのである。 彼女がLINEを使わず、電話番号もごく一部の人にしか知らせないの …

失い

失い

彼女はテレビをみない。 ニュースを見ていても、次々と流れてくる憂鬱な事件の連続に だんだん生気を奪われていくような心持がしてくる。 汚職、強盗、放火、飲酒運転、詐欺、暴行・・・ もしかしたらニュースは …

たくさんの小さなうれしいこと

たくさんの小さなうれしいこと

朝、静かに降る雨のおかげで 彼女はとても落ち着いた気持ちで目を覚ますことができた。 外出先のお店で、この間まで体調不良を訴えていた店員さんが 病院で薬をもらってすっかり元気になっていた。 家に帰ったと …

noimage

彼女と声

誰にでも何人かはいると思うが、 彼女にも別に悪い人ではないのだろうができれば避けたい人たちがいる。 彼女にとっては特異な声や話し方の持ち主たちだ。 ひとつはとても声が大きい人。 それから声が高い人。 …

記事内の彼女の絵や写真。
2019年8月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ