彼女の話

彼女の味覚

投稿日:

彼女は薄口を好む。
なんにしても濃い味付けはあまり受け付けない。

自分で食べるだけの時はほとんど味付けは塩だけで済ませる。
あとの調味料は酢と酒、ごま油が好きだというくらいだろうか。
塩だけで済めばそれでもいいらしい。
しょうゆもあまり使わない。
素材の味で十分なのだそうだ。

グラタンやシチューを作るときは、ホワイトソースから自分で作る。
市販のルーなんかは味も濃くて油がハンパないから避ける。
ちなみに彼女は子供のころからカレーライスが嫌いだ。
今はタイカレーやバターチキンなんかは食べるから、
日本のカレーライスに関してはやはりあのルーが問題なのだと思われる。

ポテトチップスなんかのジャンクフードは3枚くらい食べたらもう手が止まる。
そのままいつの間にかしけってしまっていることも多い。


果汁100%のジュースをよく買ってくるが、いつも水を足して飲んでいる。
特にオレンジジュースは100%だと濃ゆくて飲めない。

例外的なのはワインで、これだけはキリッとした重い重い辛口好む。
彼女も大して詳しいわけではないのだが、
赤ならシラーズ、白ならピノ・グリをいつもおいしいというので
きっとこれらが好きなのだろう。
土の香りや味がするものにすぐ気づき、飲まない。


彼女は休日の朝必ずサイフォンでコーヒーを沸かして飲む。
酢の物など酸っぱいものは大好きだが、
コーヒーに関しては酸味の強いものは避ける。

外食は好きだが、できるだけさっぱりしたものを選ぶ。
揚げ物はほとんど食べない。
唐揚げを一つつまめば十分だろう。


同じ味をずっと食べ続けるということもできない。
舌が疲れた、と言ってピザなんかは2切れくらい食べて終わってしまう。
昔はラーメン一杯も終えられなかった。


とにかく彼女の味覚はかなり繊細で、
彼女があまり食事をしない理由のひとつともなっている。
懐石料理などの薄味で何品目かある食事ならば比較的よく食べるのだが、
毎食毎食そんな食事ができるわけではない。

疲れているときほどしっかり食べるものだが、
彼女は舌も疲れてると言って食べないことがあるのだ。
以前にもこの問題については書いたが、彼女の食事嫌いをどうやって治すか、
彼女の繊細な舌と味覚を生かす手軽な食事法がないだろうかと頭が痛い。

-彼女の話

執筆者:

関連記事

鍋と肺

彼女は鍋の中を見つめていた。 鍋の中には木綿の布きんが3枚とセルソースのスポンジが一つ入っていた。 鍋の中には他に重曹とかお酢か何か酸性のものが入れられて煮洗いされていた。 布きんと一緒にぐつぐつ。 …

noimage

沿線生活

彼女は昔お金がとてもなかったとき、 線路沿いの安いアパートに住んでいた。 すごく安かったけど、すごくうるさかった。 騒音や刺激に打たれ強い人だって線路沿いの部屋は安くても避ける。 だれだって静かな生活 …

noimage

彼女と絵: パウル・クレー

パウル・クレーは彼女が今のところ「いちばん好きだ」という画家だ。 (今のところ、というのは自分はまだ世界中のすべての絵を見たわけではないから、ということだ。)   彼の作品にはたくさんの色を …

noimage

退行する彼女

彼女は自分は成長どころか退行していると感じている。 彼女はNと相変わらず連絡をとっていない。 Nからは、週末を使った小旅行に行かないかと誘いがあったのだが答えていない。 読んだときは何も思わなかった。 …

恣意的彼女

恣意的彼女

あなたは誰かのことをとても知りたい、と思ったことはあるだろうか。 彼女はあまり自分のことを話さない。 話すが好きじゃないのだ。 でも話さないからこそ余計に人は彼女に関心をもってどんな人なのか知ろうとし …

記事内の彼女の絵や写真。
2019年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
This error message is only visible to WordPress admins

Error: No connected account.

Please go to the Instagram Feed settings page to connect an account.

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ