彼女の話

彼女の味覚

投稿日:

彼女は薄口を好む。
なんにしても濃い味付けはあまり受け付けない。

自分で食べるだけの時はほとんど味付けは塩だけで済ませる。
あとの調味料は酢と酒、ごま油が好きだというくらいだろうか。
塩だけで済めばそれでもいいらしい。
しょうゆもあまり使わない。
素材の味で十分なのだそうだ。

グラタンやシチューを作るときは、ホワイトソースから自分で作る。
市販のルーなんかは味も濃くて油がハンパないから避ける。
ちなみに彼女は子供のころからカレーライスが嫌いだ。
今はタイカレーやバターチキンなんかは食べるから、
日本のカレーライスに関してはやはりあのルーが問題なのだと思われる。

ポテトチップスなんかのジャンクフードは3枚くらい食べたらもう手が止まる。
そのままいつの間にかしけってしまっていることも多い。


果汁100%のジュースをよく買ってくるが、いつも水を足して飲んでいる。
特にオレンジジュースは100%だと濃ゆくて飲めない。

例外的なのはワインで、これだけはキリッとした重い重い辛口好む。
彼女も大して詳しいわけではないのだが、
赤ならシラーズ、白ならピノ・グリをいつもおいしいというので
きっとこれらが好きなのだろう。
土の香りや味がするものにすぐ気づき、飲まない。


彼女は休日の朝必ずサイフォンでコーヒーを沸かして飲む。
酢の物など酸っぱいものは大好きだが、
コーヒーに関しては酸味の強いものは避ける。

外食は好きだが、できるだけさっぱりしたものを選ぶ。
揚げ物はほとんど食べない。
唐揚げを一つつまめば十分だろう。


同じ味をずっと食べ続けるということもできない。
舌が疲れた、と言ってピザなんかは2切れくらい食べて終わってしまう。
昔はラーメン一杯も終えられなかった。


とにかく彼女の味覚はかなり繊細で、
彼女があまり食事をしない理由のひとつともなっている。
懐石料理などの薄味で何品目かある食事ならば比較的よく食べるのだが、
毎食毎食そんな食事ができるわけではない。

疲れているときほどしっかり食べるものだが、
彼女は舌も疲れてると言って食べないことがあるのだ。
以前にもこの問題については書いたが、彼女の食事嫌いをどうやって治すか、
彼女の繊細な舌と味覚を生かす手軽な食事法がないだろうかと頭が痛い。

-彼女の話

執筆者:

関連記事

noimage

彼女は昼寝をする。 あまり長くはしない。   誰でも昼間いくらぎゅっと目をつむっても光を感じるものだ。 彼女は少しの刺激にも反応してしまうので光にも敏感であり、 視界が明るく感じると眠ること …

noimage

終わりどころ

彼女は点を描いているとき、一体どこで終わればいいのか毎回分からなくなる。 これでこの紙に打つ点は終わり、、、かなぁ?と。 ここにもそこにもまだ打とうと思えば打てるのだけど、あと一点だけ打ってもう手をつ …

そのおびただしい全存在

そのおびただしい全存在

彼女はそれを見たとき自分のそれが本当に白糸であると思った。 彼女はナイアガラの滝をみたのだ。 その腕はもう入れるところがない、と言うほどに白い切り傷でいっぱいだった。 上腕にも太く白いあとがいくつか残 …

noimage

彼女はまた少し小さくなった

彼女はあまり大きくない。 考えることを止めることができないので、そのために四六時中神経をすり減らし、 結果食べても食べてもほとんど太ることができない。   最近彼女はまた少し痩せた。 手首を …

彼女と大きな存在

彼女と大きな存在

彼女は大きいものをこわがる。 おそらく巨大物恐怖症というやつだと思われるが、一番最初に怖がったものは壁画だった。 小学生の時に学校行事で訪れた公民館に大きなモザイク壁画があり、 振り返った目先に突然現 …

記事内の彼女の絵や写真。
2019年9月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ