彼女の話

人にやさしくするということ

投稿日:2016年12月6日 更新日:

彼女は人にやさしくするとはどういうことだろうとこれもまた長年考えている。

彼女は別にやさしくないわけではない。

でもそれが果たして本当に自分の内面からくるやさしさなのか、それはわからないという。

 

たとえば彼女は、

混雑したバスの中に高齢者が乗ったことに気付けばおそらく真っ先に席を立つ。

たとえば彼女は、

左腕に赤ちゃんを抱え、右手に荷物を持ったお母さんがドアの前に立っていたら駆け寄っていってドアを開ける。

 

しかしこれらは彼女が

「いいことをするのに恥ずかしさを感じない」「こうすることが当然の」他の国

で数年間暮らしたことによる習慣であり、

彼女自身のやさしさ、とは感じない、らしい。

事実彼女は帰国してからの時間が長くなってくるにつれて時折こうできないような自分を感じることがあり、

やはりこれは自分のやさしさではなく、あの土地のあの人たちが自分に感染したあの人たちのやさしさなのだと確信しつつある。

 

その他にも「この人はきっとこうしてほしいだろうから、しておくか」、といった仕事での気遣い的なやさしさも

これはこれで大切なことだが言ってみれば「こうしておいてあげる」の意味であり、

「結局は傲慢で私のやさしさではない」、というありきたりな結論が出てくる。

そんなことがつづくと、自分はまあ人並みに親切で「やさしい」のではないか、と勘違いしそうになる。

 

そんな彼女が今日ある人を食事に誘った。

しかも仕事の人だ。

いつでも早く城に帰りたい彼女が、できるだけプライベートで仕事関係の人と会いたくない彼女が、

そんな時間が長くなってしまえばきっと最後にはひとり涙することになるだろう、その彼女

自ら誰かを食事に誘ったのである。

 

その人は同僚Aで今日はかなりのバッドデイを経験した。

彼女はAの間近にいてAが何を思い、感じ、どうしたいのか、すべてがわかるようだった。

 

彼女であれば悪いことがあったとしたらその回復はまずはひとりになることから始まる。

しかし彼女はAがさみしがり屋であることを知っている。

誰かと飲んだり食べたり話したりするのが大好きだということを知っている。

そんなAがこれから誰が待つこともない暗い1Kの部屋に帰ることを知っている。

 

彼女は何気なしに

「ごはん行く?」

とAを誘った。

 

Aは一瞬驚いたような顔を見せた。

彼女は今まで誘っても誘われたことはなかった人だった。

そして涙目になって笑って「えーいくいくー」といつもの軽い明るい調子で返事をした。

 

彼女は一瞬仮面が剥がれかけるのを感じた。

涙目でその日いちばん嬉しそうに笑ったAに動揺した。

いや「何気なしに」誘ったあの瞬間彼女のペルソナはおそらく剥がれたのだ。

 

ただ暗い部屋の鍵をひとり開けるAの後ろ姿が浮かんだ。

彼女はAが笑ってくれてよかったと思った。

 

人にやさしくするということ

-彼女の話

執筆者:

関連記事

noimage

紙と食器と重力と

自分は疲れてばかりだな、とある時彼女は思った。 真夜中にふと目を覚ました時、うっすらと瞳を開けてゆらゆらと瞳を浮遊させながら思った。 「やることは山ほどあるのに、ただの一つも済んでいかない」 部屋の中 …

noimage

彼女と夏

夏は子供のころから彼女に懐かしい何かを感じさせる。 自分に何か大きな転機が訪れるとするなら 冬でも春でもなくそれは夏だろうと今でもなぜか確信している。 このまとわりつくような暑さと、生の匂いのような緑 …

彼女のおでかけーお化粧編

彼女のおでかけーお化粧編

彼女は街へ出かけるとき割ときちんと化粧をする。 普段仕事に行くときはほとんど頓着しないが、 それは職場でそんなことしたって意味がない、と思っているからだ。 彼女は化粧をするとき、顔がキャンパスだとよく …

彼女の隣人

彼女の隣人

彼女の城の隣では最近何か変化が起きたようだ。 時々宅配のおにいさんがピンポンを鳴らしたりしていたから 誰か住んでいるのは確かなようだった。 2,3ヶ月前まで隣人はおそらくほとんど帰っていないか、 もし …

noimage

彼女はまだ

彼女はまだ自分の気質についてよく知らない。 彼女はまだ自分の気質についてはじめて書かれた本を一度も読み終えていない。   これまでに3回読もうとしたが、果たさなかった。   1回目 …

記事内の彼女の絵や写真。
2019年5月
« 1月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ