彼女の話

彼女を包む音

投稿日:

引越しをして彼女は色んな音に耳を傾けるようになった。

近くに川や木々が多くあることで、鳥が多い。
色んなさえずりが聞こえてくる。
時々は雨どいをトントン跳ねながらぴーちく言っている。
その足音はなんともたどたどしくて愛おしい。
彼女はその間気を遣って窓に近づかない。

午前中は決まってトランペットの音が聞こえてくる。
実際にはトランペットかは分からないし、
音がするときに川沿いを歩いた時も姿を探してみれどどこにいるのか分からない。
なんの曲か知らないが、2時間くらいはいつも聴こえてくる。
その安定した響きは立派なBGMの役割を果たしており、
彼女は毎朝なんだか得をした気分になる。


昼間は比較的静かだ。
彼女はよく眠たくなる。
静かの音に浸る。


夕方になるとまたトランペットの音が聞こえてくる。
しかし奏者が朝とは明らかに違う。
彼女が越してきて少し経つが、相変わらず最初に聴いた音の羅列と全く同じものが今も聞こえてくる。
ほぼ毎日。
トランペットの基礎であるフレーズなのかもしれない。
誰だか知らないが、音が聞こえてこない夕方は彼女は勝手に心配している。



夜7時ごろになると、これも決まって近所の子供たちの声が聞こえ始める。
どうも姉妹のようだが、祖母が付き添って外で遊ぶ。
よく「ごはんはたべましたか」の問いかけではじまり、
「おふろにはいろう」で静かになるので、
夕飯と入浴の間の時間に外に出てくるようだ。
かなりおてんばな二人であるようで、めちゃくちゃ騒がしい。
以前たまたま見かけたが下の子はまだ2歳くらいだ。
憶えたばかりの言葉を鼻にかかった声で一生懸命にずっとしゃべっている。

これは夜にかぎったことではないのだが、この下の子がすぐ泣く。
ほんとにすぐ泣く。ことあるごとに泣く。
毎晩この時間もあまりにすぐ泣くので彼女はおかしくてたまらないのである。
すぐ泣くがすぐ泣き止む。
この自己主張が微笑ましい。
小さい子は自分を表現する手立てがまだ少ないだけなのだ。



彼女はここでよく窓を開けるようになったために、
騒音を耳にすることも増えた。
近くに駅があるのでかすかな電車の音や踏切にアナウンス。
前を通る車の音や日曜大工の機械音。

あまりに大きな音でない限り、彼女はなんとなくそれらを生活の音と捉えることができるような、そんな可能性を感じている。
そこに恐ろしさを感じなくなるかもしれないということ。



雨の日は彼女にとってはちょうどいい小休止となる。
いつも聴こえる音も声も聞こえない。
窓を閉めきればいよいよ静寂があるのみ。
夜自分だけの世界で彼女は少しあの泣き声が恋しくなる。

-彼女の話

執筆者:

関連記事

noimage

夢の話3

彼女はドラえもんやのび太たちが住んでるような 平たい街にすんでいるようだった。 高い建物がなく、一軒家がただ立ち並ぶ住宅街。 あの塀に囲まれた、車一台と人がやっと通れるような 薄いグレイの道を彼女は誰 …

noimage

彼女の影

最近ある人が鼻について小さなイライラになっている。 でもイライラしているのはその人にではなく自分自身にだと彼女は毎晩気づく。 職場で会うMはどうも要領が悪い。 その上機敏にも動けず、気が利かない。 声 …

noimage

ベストアルバム for her

「ベタか笑」 Ben Folds Rockin’ the suburbs 関連

スペクトルの中の零れる虚しさ

スペクトルの中に零れる虚しさ

どうしてこうなってしまったんだろう。 彼女は後ろを振り返ると、 嬉しかったことや楽しかったことをよく思い出す。 それなのになぜだか彼女は生まれて来なくてもよかった、と思っているのだ。 正確には彼女がハ …

彼女のカメラ

彼女のカメラ

彼女はときどき写真を撮るが、そのカメラがハッキリ言ってくそだ。 学生時代彼女はコニカミノルタのものすごく古い一眼レフカメラを使って撮っていた。 その頃はもうデジカメもあったが、彼女はわざわざ白黒フィル …

noimage

2019/06/23

6月

noimage

2019/05/18

3月11日-ある春の日

表面下の世界

2019/01/16

表面下の世界

記事内の彼女の絵や写真。
2019年6月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ